« 1295 中国は見る(606) 日本 “女性”ロボットを開発 | Main | 1297 中国の三面記事を読む(560) ブルース・リーのカンフーの先生 葉問 (下) »

1296 中国の三面記事を読む(559) ブルース・リーのカンフーの先生 葉問 (上)

武芸大師 葉問 伝奇:本当に日本の名手と戦ったのか?

武学大问传奇:真与日本高手打?

2009-01-12 08:36:30 来源: 人民网-人民日海外版(北京) 网友评论 79  击查

資料図:ブルース・リーの恩師・葉問先生の中国武術に対する貢献を記念し、佛山市の文化局、仏山市博物館と香港の葉問堂建設計画準備委員会が建設した葉問堂が、119日、佛山御霊屋の中で開幕された。世界各地から2千もの詠春拳の門人達がこの盛大な会合に参加すると同時に詠春拳・葉問の世界各地のPhoto 門人達が、佛山のルーツを探る活動も行われた。 写真は、広東省武術運動管理センターの董徳強主任(左)と中国十大著名コーチ・陳昌綿が葉問の像を仰ぎ見ているところ。

2 スクリーンの上では、長い中国服を着、背丈はあまり高くなく、端正な顔つきをした男性が一人映っていた。 その周りには10人の日本人がいる。 男性は素早く激しい拳法を使い、一気呵成にその実力を見せ付けた。 映画館の観衆は思わず拍手喝采をPhoto_2 送った――この映画は2008年末に一大カンフーブームを巻き起こした《葉問》である。 映画の中で甄子丹が見せた詠春拳は、自然な呼吸法で、動きは自由自在だった。

詠春拳は本当にこんなにすごいのか? 本当の葉問は一体どのような人か?

弟子入りして学ぶ

葉問(1893-1972)、本名は葉継問。 広東佛山の金持ちの家に生まれた。 彼は長幼の順序は二番目。 葉家は代々佛山福賢路の“桑畑”にあり、その場所はとても広く、大きい家が連綿と続いて数本の大通りに跨るほどだった。

佛山は清代、嶺南一帯は武術の中心で、洪拳の名人・黄飛鴻、詠春拳王・梁贊、鉄血巡査・馮少清などはいずれも佛山出身である。

葉問は7歳の時から、詠春拳王・梁の高弟“銭華”(陳華順のこと。彼は入門する前、両替業でお金を渡していたので、“銭華”《つり銭の華》と呼ばれた)を師として詠春拳を学んだ。 当時、陳華順はもう高齢で、この幼い弟子をとても可愛がった。 葉問が13歳の時、陳華順は亡くなった。 臨終の時、一番弟子の呉仲素に葉問の面倒をよく見、彼に詠春拳をしっかり教えるよう言いつけた。 そこで、葉問は呉仲素の道場で稽古を引き続き行い、呉仲素のところで3年間懸命に頑張った。

詠春を深く究める

16歳の時、葉問は香港へ勉強に行った。 当時はちょうど清末で、中国人は“東亜の病人”と言われていた。 学校では、英米の学生から、中国の学生はしょっちゅういじめられた。 葉問は背が低く(約1.63m)、おとなしそうだったので、いじめの対象となった。 ところが葉問が反撃したため、外国人学生は頭を抱えてあたふたと逃げるはめになった。 その後、また他校からボクシングをやる外国学生が挑戦にやって来たが、葉問にコテンパンにやられてしまった。 次第に、葉問のカンフーの腕前は有名になっていった。

ある日、老人が葉問を尋ねてやってきて、“手合わせ”を要求した。 葉問はためらうことなく挑戦に応じた。 しかし今回は、葉問が身につけたあらゆる技を使っているにもかかわらず、老人に軽くあしらわれてしまい葉問は相手側の動作さえはっきり見ることができない。 葉問はがっくりして地面に座ってしまった。 この時、老人が声をかけた。“あなたは找钱華の弟子ですか?” 葉問はびっくりした。 老人は、“私は梁壁と言います” 葉問はこの時はっとわかった。 なんとこの老人は師匠・詠春拳王の梁の息子だった――“壁先生”と呼ばれる梁壁である。 これ以降、葉問は香港で梁壁師匠について詠春カンフーを学んだ。

1913年、20歳の葉問は梁壁に別れを告げ、佛山に戻り、祖先伝来の家業を継いだ。 彼はよく佛山一帯の武術愛好者と交流を行い、詠春拳の技は入神の境地に達していた。

葉問は詠春カンフーに造詣を深めただけでなく、現代科学知識も吸収し、力学の原理、幾何学の角度から拳法を究めようとした。

民族の気概

抗日戦争中、佛山地区の商工業の全てが日本人に支配され占拠された。葉家の生活も困窮に陥入り、三度の食事も事欠く有様だった。

Photo_3 葉問のカンフーの噂は日本の憲兵隊にも知られ、憲兵隊の武術教練の要請があったが、しかし葉問は断固として断った。 憲兵隊は今度は、何度も達人を派遣して葉問と武芸試合をさせた。 これらの試合は、いずれも日本軍の銃口の下で行われた。 多くの人が葉問に負けるよう勧めた。 しかし葉問は生死を度外視して、それら日本の達人達をコテンパンにやっつけた。 その後、日本軍が更に次の行動を準備していると聞き、葉問はほかの土地へ脱出し隠れた。 彼は、“民族の気概は何よりも大事。 この問題は、絶対にあいまいにするわけにはいかない!

日戦争勝利後、葉問はまた故郷の佛山に戻り、県の刑事課に勤め、市民の安全ための仕事をし、強盗を捕らえたこともあった。 その後、広州市南区のパトロール隊長の職についた。

武学大问传奇:真与日本高手打?

2009-01-12 08:36:30 来源: 人民网-人民日海外版(北京) 网友评论 79  击查

为纪念李小先生中国武献,佛山市文化局、佛山市博物与香港叶建委会修建的叶堂,119日在佛山祖幕,两千多来自世界各地的咏春拳人参加了一盛会同时举行的有咏春拳叶支系世界人佛山根之旅活图为广省武管理中心主任董德(左)与中国十大著名教练陈在瞻仰叶塑像。 中新社  

幕上,一个中国男子,个子不高,穿一袭长衫,面容清秀俊朗。面10个日本人,他施展急速凌的拳脚,气呵成,煞是威影院中的众忍不住拍手叫好——影就是在2008年底掀起了一股功夫潮的《叶》。影片中甄子丹演的咏春拳,沉大气,收放自如。

咏春拳真的这么厉?的叶又是个什么样的人?

(1893-1972),本名叶继问,是广佛山的富家子弟,在家族中排行第二。叶家祖居佛山福桑园,占地甚广,大屋连绵达数条街道。

佛山是清代南一的武学中心,洪拳名家黄飞鸿、咏春拳王梁血捕头冯少清等都出自佛山。

7起便拜咏春拳王梁的高足钱华”(陈华顺,因他入前以钱银换业为主,人称钱华”)为师咏春拳。当时陈华顺年事已高,对这个年幼的弟子极。叶13岁时陈华顺去世,临终前着意嘱咐大弟子吴仲素好好照,帮助他学成咏春拳。于是,叶问转到吴仲素拳馆继续,随吴仲素苦3年。

深造咏春

16那年,叶前往香港读书。当清末,中国人被称东亚病夫。在学校里,英美学生常欺中国学生。叶个子矮小(1.63),相貌清秀,更成了他象。知叶问奋起反,将外国学生打得抱。后来,又有外校一些学格斗的外国学生来挑,都被叶打得一涂地。渐渐地,叶的功夫便名声在外了。

一日,有位老者找到叶要求”()。叶毫不犹豫便应战了。但是次他使尽身解数,均被老者于描淡写一一化解,而叶竟然连对方的招式也无法看清。叶地坐在地上。这时,老者道:你是找钱华的徒弟?”吃惊。老者我叫梁壁。如梦方醒,原来他是公咏春拳王梁的儿子——人称壁先生的梁壁。从此,叶便在香港跟随叔梁壁继续咏春功夫。

1913年,20的叶梁壁,回佛山承祖。他常与佛山一的武同仁切磋交流,咏春拳技亦臻入化境。

咏春功夫有高深的造外,不断吸收代科学知,常用力学原理、几何角度去解拳法。

民族气

抗日争期,整个佛山地区的工商全部被日本人控制和侵占。叶家的生活陷入困,常常三餐不

的功夫被日本队闻悉,找他去担任的武,但叶断然拒遂多次指派高手与叶比武。些所的比武都是在日口下行的。很多人问认输算了,但叶将生死置之度外,把那些日本高手打得落花流水。后来听采取,叶便到外地居起来。他一个人的民族气比什都重要,在问题上是绝对不能含糊的!”

抗日利后,叶才再次回到故佛山,在府刑事位任,担除暴安良的工作,曾擒劫匪。后又在广州市担任南区巡逻队长 (本文来源:人民网-人民日海外版 )

|

« 1295 中国は見る(606) 日本 “女性”ロボットを開発 | Main | 1297 中国の三面記事を読む(560) ブルース・リーのカンフーの先生 葉問 (下) »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1295 中国は見る(606) 日本 “女性”ロボットを開発 | Main | 1297 中国の三面記事を読む(560) ブルース・リーのカンフーの先生 葉問 (下) »