« 1285 中国の三面記事を読む(550) 小林多喜二の「蟹工船」 日本でまたベストセラーに | Main | 1287 中国の三面記事を読む(552) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(3) 落札したのに金を払わなかったらどうなる? (下) »

1286 中国の三面記事を読む(551) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(2) 落札したのに金を払わなかったらどうなる? (上)

ネズミとウサギの落札者・蔡銘超:落札品が入国できないなら 当然金は払わない

家蔡:拍品无法入境 自然不能付款

2009-03-03 03:30:05 来源: 解放网(上海) 跟帖 6788  

新聞3月3日報道:2月25日、電話委託方式で円明園のウサギとネズミを落札した“謎の落札者”が昨日判明した。 「中華海外流出文物救援基金」の収集顧問で、アモイ心和芸術公司の社長・蔡銘超氏である。

「中華海外流出文物救援基金」は昨日、北京で記者会見を開いた。 “その時私が考えたのは、中国人なら誰であろうと、その時、立ち上がったはずだ。私がたまたまその機会を得ただけで、私は自分の責任を果たしたに過ぎない。 ただ強調しますが、この金は払うつもりはありません” 蔡銘超氏は、会見の席上こう述べた。

蔡銘超氏が、“金は払わない”といったことについて、円明園のウサギとネズミのオークションを開いたクリスティーズの関係部門は声明を発表し、“依頼人、購入者の身分についてコメントはしない。 また、この事件についてどうするか、コメント、推測は差し控えたい”と述べた。

専門家は、蔡銘超氏のこの行動は事実上、円明園の2匹の像の落札の流札を宣告したものだと語った。

どうしてオークションに参加?

緊急な情況の下での緊急な措置 チャンスと能力があり、立ち上がらなければならなかった。 

円明園のウサギとネズミが2800万ユーロ(約34億8000万円)で落札された後、“謎の落札者”の身分は謎に包まれていた。 これ以前にメディアの中には、クリスティーズの国際印象派と現代芸術の連合主管のトーマス・セドックス氏が電話で落札したと報じた。 しかしその後、クリスティーズは、二つの銅像は匿名の買い手からクリスティーズに電話があったことを明らかにした。

“謎の落札者”の身分は昨日ついに明らかとなった。 「中華海外流出文物救援基金」の牛憲峰副総裁が記者会見で、蔡銘超氏が円明園のウサギとネズミを“大きな圧力とリスクを冒し落札した。 これは緊急の情況の中で、緊急措置をとったものだ”と説明した。 関係者の話によると、オークション当日、蔡銘超氏はオークションに委託を頼んだ。 “その時の気持ちは、オークションの現場の情況を見てみたかったです。 もしオークション辞退や流札したら参加するつもりはありませんでした。 でもオークションが正常に始ったのでそれに引き付けられました”

現場のオークション価格が、900万、1000万、1100万ユーロから1350万ユーロに上がった時、蔡銘超氏はとうとう乗り出し、1400万ユーロの価

格でウサギとネズミを落札した。 “その場で、オークション価格がどんどん上がっていく情況の下で、蔡銘超氏はやむを得ない情況の中、オークションに加わったのです”と牛憲鋒副総裁は語った。

“私は中国の収集家であり、国宝団体組織の顧問でもあります。 個人的に海外流出の文化財救出に力を尽くしたいと考えています。 円明園のネズミとウサギがオークションにかけられると知り、私は立ち上がらなければならないと思いました。 私にはチャンスと能力がありました” 蔡銘超氏は、昨日の記者会見に出席し、簡単になぜオークションに参加したのか語った後、早々に記者会見から退席した。

なぜ“落札して払わないのか?”

ネズミとウサギは円明園から違法に流出した。 入国できないなら、金は支払わない

聞くところによると、蔡銘超氏は、2006年10月7日、香港のサザビーズ(蘇富比)が行った“仏教秘宝――明初の重要な黄金の銅の仏像”特別オークションで、1.166億香港ドルで最高級の銅の仏像――明の永楽釈迦牟尼座像――を落札し、銅の仏像が長い間海外をさすらっていた歴史に幕を下ろした。 

今回の“落札して金を払わず”について、昨日の深夜、蔡銘超氏は「中華海外流出文物救援基金」を通じて報記者に次のとおり説明した。 “私は2月26日付の国家文物局が出した《クリスティーズのオークションに関連する文化財の国外持ち出し・国内持込み審査についての通知》を注意して読んだ。 通知ははっきりこう指摘している。 “クリスティーズがフランスのパリでオークションするネズミとウサギの銅像は円明園から違法に流出したものである。 クリスティーズは中国国内に持ち込み申告の際、合法的に取得したことを証明する各種証明を提出しなければならない。 もしこの証明もしくは証明書類が不備であれば、この文化財の入国審査を取り扱うことができない”

蔡銘超氏は、“私は更に《通知》規定をよく読んだ。 文物部門は、もしクリスティーズの申告した入国文化財が、盗品だったり、密輸されたことなどが発見されたら、直ちに国家文物局、公安、税関に報告するとあります。 中国人として、私は中国政府の規定を守らなければならない。 私は中国のほかの収集家も今後こうするはずだと思います。 このオークション品が、もし入国できないなら、私はもちろんお金は支払いません”

二つの像の今後の行方

事実上、流札が宣告された。 クリスティーズは再びオークションするか、それとも第二位の落札者に転売するのか?

蔡銘超氏は円明園のウサギとネズミを落札した。 しかしお金を支払わないと語った。 これは肝心な問題を提起することとなった。 円明園のウサギとネズミは、またオークションにかけられるのだろうか?

これについて、牛憲峰副総裁は、まだお金を支払っておらず、現在支払い期限内にある。 従って、オークションが最終的に取引が成立するかどうかはまだわからない。

牛憲鋒副総裁はまた次のように語った。 今後更に、積極的で効果的な手段を使って、流出文化財のオークションを阻止し、流出文化財のオークションが“訴訟の前例事案”の商業慣習とならないようにする。 そして似たような流出文化財の原所有国民の感情、自尊心に大きな傷を与えることなく、国際公約の法律原則と道徳的道義が、全人類の文化遺産の保護に大きな傷とならないよう強力に進めていく。

蔡銘超の今回の行動について、中国新聞社の報道によると、匿名希望の中国の青銅器専門家は、事実上これはウサギとネズミが流札したことに等しいと述べている。 “蔡銘超のこの行為は、円明園の2つの像のオークションの延期作用をしただけで、事実上この文物の流札を宣告したものだ。 もちろん、もしこの像の所有者があくまでもオークションにかけたいというなら、クリスティーズはまた時期を選んでオークションすることになろう”

ヨーロッパ・オークションの規定によれば、オークション落札後七日以内、あるいは常連さんなら1ヶ月以内に代金を支払い品物を引き取り、それですべての手続気が終了となる。 もし、買い手が各種の理由で支払いができなくなったりあるいは支払を拒否する場合は、実際上流札となります。 あるいはオークション会社と買い手との間で協議を行い、他の支払方式を探すこともあります。 あるいはオークション品を第2の落札者に転売することもある。第1の買い手に対しては、罰金か保証金没収などの懲罰措置がとられます。

33 225日以电话委托方式拍下明园兔、鼠首的神秘昨日亮相:中华抢救流失海外文物专项基金收藏顾问、厦心和艺术公司总经理蔡超。

华抢救流失海外文物专项基金昨日在北京召闻发布会。我想,一位中国人在那个刻都会站出来的,只不了我个机会,我也只是尽了自己的任。但我要强调的是,个款不能付。超在会上表示。

在蔡超宣布不会付款后,拍卖圆明园兔、鼠首的佳士得相就此表声明称,不会委托人或者购买者的身份做任何评论,也不会对该事件将要采取的下一措施,做任何评论或推

关专家称,蔡超此上已宣告明园两首流拍。

何参与 

非常情况下的非常措,必站出来,有机会也有能力 

明园兔、鼠首以2800万欧元拍出后,神秘的身份一直是个谜团。此前有媒体道称,兔、鼠首被佳士得国印象派和艺术合主管托·多克斯通过电话拍得。随后,佳士得表声明予以澄清称,首是由匿名家委托佳士得电话竞投。

神秘的身份昨日揭晓。中华抢救流失海外文物专项基金副干事牛峰在新闻发布会上表示,蔡超拍明园兔首、鼠首无疑冒着极大的力和风险,是非常情况下的非常措。

人士透露,拍会当天,蔡超与拍行了委托,的本意是看一下拍卖现场的情况。如果撤拍或流拍,我就不参与了;如果是入了正常的拍程序,我就会步关注。

随着现场卖师报价从900万、1000万、1100万欧元一直身至1350万欧元,蔡超最出手,并分1400万欧元的价格拍下兔首、鼠首。现场卖师报价不断攀升的情况下,蔡超是在不得已的情况下参与了拍。宪锋说

我是一个中国收藏家,也是国宝工程收藏顾问,愿意尽个人的力量救流失海外文物。在得知明园鼠首和兔首要被拍后,我得我必站出来。我有个机会,我也有个能力。超也出席了昨日的新闻发布会,但在简单表达何参与拍后,就匆匆离了新闻发布会。

拍而不

鼠首和兔首是从明园非法流失的,不能入境自然不能付款 

据悉,蔡超曾在2006107日的香港富比普照——重要明初鎏金专场会上,以1.166亿港元的价格拍下——明永乐释迦牟尼坐像,束了佛在海外零多年的

此次拍而不,昨日深夜,蔡超通华抢救流失海外文物专项基金,向晨报记者表示,自己注意到226日国家文物局出的《核佳士得拍行申报进出境的文物相事宜的通知》,通知明确指出,佳士得拍行在法国巴黎拍的鼠首和兔首像是从明园非法流失的。佳士得在我国申报进出境的文物,均提供合法来源明,如果不能提供明或明文件不全,将无法理文物出境核手

超表示,自己注意到《通知》定,文物部发现佳士得申出境文物可能是被盗、走私文物的,立即向国家文物局和公安、海门报告。一个中国人,我必遵守中国政府的定,相信我和中国其他收藏家今后都会这样办。如果两件拍品无法入境,我自然不能付款。

首未来走向 

宣告流拍,佳士得要重新拍,要么转卖第二拍人 

超最拍得明园兔、鼠首,但表示不会付款,此引出一个关键问题明园兔、鼠首会不会再次被拍

此,牛峰表示,由于尚未付款,且目前仍在付款期限内,因此拍能否最成交尚属未知。

宪锋表示,今后将采取更加有力的、极有效的手段,阻断流失文物的拍,不能流失文物的拍案例依据的商业惯例,以避免似的拍卖对流失文物原属国人民的情感和自尊造成更大的害,避免的法理原和道德公理、全人文化遗产的保造成更大的害。

超此,据中新社道,一不愿透露姓名的中国青家表示,事等于宣告了兔、鼠首流拍,超行动对圆明园两首的拍起到了拖延作用,事上宣告了文物的流拍。当然,倘若文物持有人仍旧意拍首的,那佳士得将择时进行重新拍

按照欧洲拍行的行拍落的七天之内,或者老客一个月之内就付款提,之后才算整个拍程序最完成。但如果主由于各原因无法或者拒付款,就会造成实际上的流拍。或者拍行与主再次友好商,找其他的付款方式;或者将拍转卖给第二拍人,第一款或者扣除保金等惩罚措施。

|

« 1285 中国の三面記事を読む(550) 小林多喜二の「蟹工船」 日本でまたベストセラーに | Main | 1287 中国の三面記事を読む(552) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(3) 落札したのに金を払わなかったらどうなる? (下) »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1285 中国の三面記事を読む(550) 小林多喜二の「蟹工船」 日本でまたベストセラーに | Main | 1287 中国の三面記事を読む(552) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(3) 落札したのに金を払わなかったらどうなる? (下) »