« 1301 中国の三面記事を読む(564) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (4) 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ③ | Main | 1303 中国の三面記事を読む(566) 戴笠《番外編》 戴笠と胡蝶の物語 »

1302 中国の三面記事を読む(565) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (5)完 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ④完

戴笠之死探秘:是飞机失事还是暗杀?

2008-09-25 09:23:20 来源: 中国网 网友评论 110  击查

8 戴笠は川島芳子の口からこの意外な話を聞いた後、すぐ馬漢三について秘密裏に調査を行い、彼が重用していた部下が、決して忠誠心などなく更に汚職行為を行っている悪業も明らかとなった。 その時の戴笠は、馬漢三を許せなかったが、自分が蒋介石に対抗し、また自分を死地に追い込もうとする政敵に対抗するため、同時に更になんとかアメリカ人を取り込むため、自分の将来の道を開くためにも、手を離すわけにいかず、彼は馬漢三を片付けることができなかった。

馬漢三は事が露見したことを知ると、素早く事情を悟り、自分から宝剣を差し出し、戴笠を取り込み、自分の逃げ道を作るため、戴笠に沢山の金銀財宝、骨董、書画を贈った。

馬漢三をじたばた動かないよう落ち着かせるため、戴笠は相手の計略の裏をかいて、わざと馬漢三の上司宛の手紙を馬漢三に手渡した。 戴笠は馬漢三がきっと手紙の内容を盗み見ると予想し、手紙の中には、馬漢三を重用するような口ぶりで書き、馬漢三を落ち着かせようとした。

案の定、馬漢三は戴笠が彼の上司に宛てた手紙を盗み見た。 しかし、馬漢三は特務機関で長年暮らしてきたから、非常にずる賢く、彼は戴笠が目的達成のためわざと手綱を緩め、時間稼ぎをする策で、戴笠がいずれ彼を片付けようと思っていることを見抜いていた。 殺されないため、馬漢三は、先手必勝と戴笠を殺すことを決めた。

戴笠は、これまで自分の行動ルートを絶対秘密、神出鬼没にしていたが、馬漢三を落ち着かせるため、わざと自分が青島に行くという情報を漏らした。そのことが最終的に戴笠の墜落事故という災難を引き起こしてしまった。

1946年3月16日午前、戴笠は北京から出発し、青島へ向った。 その際、あの高価な「九龍宝剣」も携えていた。 これまで幾度も暗殺行動を行ってきた戴笠は、この時、死の影が刻々と近付いていることを知る由もなかった。

馬漢三と戴笠は、長年いっしょに仕事をしており、戴笠の女好きをよく知っていた。 そこで自分の機密秘書で、若くて美人の軍統特務・劉玉珠を戴笠にプレゼントした。 聞こえのいいように戴笠の身の回りの世話をすという名目だった。 戴笠は劉玉珠の美貌に一目で気に入り、馬漢三が罪滅ぼしにこうしたのだと思った。 また劉玉珠が特務の人間であることに戴笠は安心し、彼女を北京から天津そして青島まで連れていった。

あいにくなことに、戴笠は青島で約束した米国人に会えなかった。 そこで青島で一泊し、翌日上海へ急ぐことにした。 ある人は戴笠が上海へ急いだのは、愛人・胡蝶の離婚届が裁判所に提出され、この映画スターと結婚できるかどうか見るためだったという。 事件後、青島で飛行機に搭乗の際、劉玉珠が乗ってなかったことがわかった。 そのため劉玉珠が青島空港で、戴笠の飛行機に細工をしたのではないかと疑っている人がいる。

その人達の推測では、戴笠の出発当日、劉玉珠が朝早くこっそり空港へ行き、軍統特務・華北の監督官の肩書きで、“安全検査”を口実にして、戴笠の専用機に易々と乗り込んだ。 そして回りに誰もいない隙に、劉玉珠は素早く爆発力の高い時限爆弾をこっそり戴笠の専用機に仕掛け、その後、そっと広大な朝日の中、消え去ったという。

3月17日、222号機が飛行中、レーダーはなかったが、パイロットは上海空港が暴風雨に襲われていることを知った。 そこで南京へ向ったが、南京もどしゃ降りの雨に雷鳴と稲妻が激しかった。 空軍が誘導のため、4機を出動させたが、雲が低く立ち込め、222号機と連絡が取れなかった。 パイロットが地上に信号を2回送信した。 一回目は「222号機は引き返します」、二回目は「やはり南京へ着陸予定」というものだった。 13時13分、同機から信号が発信された。 「現在降下中」 それに続いて大きな爆発音がし、連絡は途絶えた。

3月17日午後、毛人鳳が“戴笠と専用機が行方不明”の調査電報を発信した後、馬漢三はホッとしたように長いため息をついた。 この上なく強力な相手をとうとう自分の一撃で、やっつけた。

戴笠の死後、蒋介石は国民党特務組織を廃止しなかった。 ただ、国民党軍事委員会統計局を保秘局(機密局)に改名した。

1948年9月、馬漢三、劉玉珠は南京で隠密裏に処刑された。 興味深いのは、処刑の罪名が暗殺ではなく、汚職だったことである。

米国のスパイ? 戴笠の死因に関し、ほかにこういう説もある。 戴笠は米国のスパイに殺された。 米国の戦略情報局が飛行機に爆弾を仕掛けたという。 1945年、日本が投降した後、米国戦略情報局は、戴笠が過去に日本人と協力した中国人について大粛清を行うという情報を掴んだ。 情報局のすべての人は、これはまったく理由のない大虐殺だ。 こんな愚かな殺戮行動は阻止しなくてはいけない。

米国戦略情報局は戴笠が青島で一泊し、翌日上海に飛ぶという情報を掴み、すぐに青島の米国のスパイに指示し、秘密裏に戴笠が乗っている専用機の気圧計のヒューズに仕掛けをさせた。 この説によると、仕掛けられたヒューズは高度5000フィートに達すると爆発するという。 戴笠の飛行機が墜落後、米国のスパイ用品専門家・スタンレー・ラヴィエル氏は、戴笠の乗った飛行機は、気圧計のヒューズに仕掛けされ、戴笠はこうして殺されたと、この米国専門家はかたく信じている。 彼が言うには、“蒋介石政府の中で一番憎まれたのは戴笠将軍です。 この残酷な秘密警官のボスは、中国人でさえ彼を「中国のヒムラー」と呼ぶほどです。 暗殺と死刑は日常茶飯事で、そのため人々は彼の名前をひそひそ話するしかできません。 日本人が投降した後、戴笠と部下は重慶から彼の飛行機で北京に飛びました。 聞くところによると、日本人と協力した中国人の大粛清を行う手筈を整えたということです。 あらゆる人が、これは人道に反する大虐殺だと感じていました。ある人が私に、戴笠の飛行機は高度5000フィートのところで尾翼が爆発したと教えてくれました”

レスター・ウォーカー氏は、雑誌《ハーパース》に、戴笠を“中国のスパイ王”とした記事を書いて米国の大衆に紹介した。 戴笠の死亡について、彼はこう書いている。 “この話はあまりに出来すぎで、誰も信じていない。 ニュース・ダイジェストが4月1日に出た。 ということはエイプリルフールである。 その日、中国人の誰であろうと、戴笠が死んだというと、その中国人はきっと笑って、”まさか”というに違いない。 つまり、中国人は“こんなことあり得ない”と思っており、逆に彼らは、この世界で一番の“スパイ王”は、今なおすばらしい生活を楽しんでおり、殺されるなんてあり得ない“ と思っている。

しかし大量の証拠が物語っているように、残骸から発見された全身黒焦げで右手と右足を失った遺体は、戴笠の死体である。 国民党特務組織の調査スタッフが、特別な歯、羊毛の下着の残片と梅楽斯が4年前に重慶で彼にプレゼントした38口径の拳銃から、彼らの上司の身分を確定した。 

だが今に至るも、60年前に南京上空で起こったあの謎の飛行機墜落事件は、依然として未解決のままで、一代の殺人王・戴笠の死因の謎については、今なおはっきりした答は見つかっていない。

戴笠从川芳子口中个意外消息以后,步对马汉行了秘密调查,他发现这位一直受自己重用的下属,自己并不忠心,竟然贪污的劣迹。此刻的戴笠对马汉三已心存不,但是自己既要付蒋介石,又要和一心要置自己于死地的政敌对抗,同时还积虑地与美国人拉上系,自己的前途路,他在无法分身来收拾马汉三。

马汉发现事情露以后,也很明,他主把宝交出,并且了迷惑戴笠,也自己留有退路,他还给戴笠送了好多金银财宝、古董、字画。

马汉三,戴笠将,故意把自己留给马汉三上司的一封信,托马汉交。戴笠估计马汉三将会看信的内容,因而在信中露出将重用马汉三的口,以马汉三。

不出戴笠所料,马汉三果然看了戴笠留顶头上司的信。但是,马汉三在特混迹多年,十分狡猾,他已看出戴笠在演出一擒故兵之,回过头来,戴笠早要收拾他。了不被死,马汉三决定先下手为强死戴笠。

向来秘、神出鬼没,自己行线十分保密的戴笠,了安抚马汉三,故意把自己将去青的消息透露他。没有想到,正是因为这个信息,却最终为戴笠引来了机人亡的灭顶之灾。

1946316日上午,戴笠从北平出,登机赶往青,随行特意上了那把价值连城的九。曾经实无数次暗的戴笠,此竟然毫无察,死亡的影正一步步向他走来。

马汉三和戴笠共事多年,知道戴笠流成性,于是将自己的机要秘、年漂亮军统刘玉珠送戴笠,美其名曰照料戴笠的生活。戴笠一看刘玉珠漂亮的上就非常喜认为马汉三想戴罪立功才这么做的。再加上刘玉珠也是军统的人,戴笠得比可靠,就着她从北平到天津到青

不巧的是,戴笠在青没有遇到他约见的美国客人,于是决定在青岛过夜,次日赶往上海。有人认为戴笠急于回上海,是想看看情人胡蝶的离婚证书是否已经报到法院,好跟位影星婚。但是,事后有人发现,在青乘机的候,刘玉珠并没上机,因此,就有人怀疑,很有可能刘玉珠在青上,戴笠的了手脚。

,戴笠启程当天,刘玉珠一大早就悄悄来到机,以她军统华北督导员的身份作掩,以检查安全借口,很容易地登上了戴笠的机。乘周无人之,刘玉珠迅速将一高爆力定弹隐秘地安置在戴笠的机上,随后,便悄无声息地消失在茫茫的晨曦里。

317日,222机在空中有雷达的员获悉上海机暴雨如注。于是他转飞南京,但是那里也是滂沱大雨,雷交加。空派出了4航,但云太低,他无法与222机取得系。向地面出了两次信号:第一次,222机准返回;第二次,仍在南京降落。1313分,出信号,他正在降落。接着一声爆炸的巨响,联络中断了。

317日下午,当毛人凤发戴笠和他的机神秘失踪查询电报后,马汉三才出一口气,放下心来,一个无比大的于被自己闪电般一,打翻在地。

戴笠死后,蒋介石并没有撤销军统务组织,只是把国民党事委调查统计局改名保密局。

19489月,马汉三、刘玉珠在南京被秘密死。耐人味的是,死的罪名不是谋杀,而是贪污

美国特工?于戴笠的死因,存在这样种说法,认为戴笠是被美国特工谋杀的,是美国略情局在机上安置了炸1945年,日本投降后,美国略情局探听到,戴笠要对过去所有与日本人合作的中国人行一大清洗屠,情局所有的人都认为将是一毫无意的大流血,必制止这场愚蠢的屠

美国略情局得到戴笠将在青岛过夜、次日往上海的情后,迅速指示在青的美国特工,秘密在戴笠乘坐的机气压计的保险丝上做了手脚。这种看法认为机里一压计的保险丝被做了手脚,它被成在5000英尺的高度上爆炸。戴笠机摔死后,一位美国间谍用品家斯坦利·维尔(Stanley Lovell)认为,戴笠乘坐的机里有一压计的保险丝被做了手脚,位美国信,戴笠是这么谋杀的。他在蒋介石政府中最招人恨的是戴笠将位残酷的秘密警察子,中国人都管他叫中国的希姆莱。暗决是家常便,以至于人只能耳他的名字。日本人投降后,戴笠及其部下在重上了他的往北平,去组织场对所有据与日本人合作的中国人行的大清洗。所有的人都感到将是一没有正的大流血。有人告我,戴笠的机在5000英尺高度尾部爆炸了。

莱司特·沃克(Lester Walker)在《哈珀斯》(Harper's)撰文,把戴笠作中国的间谍绍给美国公众。于戴笠的死亡,他写道:

个故事天衣无,但没人相信。新闻简报41出的,也就是愚人。那天你只要任何一个中国人他今天的看法,他只会笑,不可能,也就是,中国人认为这不可能,相反,他相信,位世界上最大的间谍仍在享受着迷人的生活,而不可能被死。

但大量的据表明,在机残骸中发现的那个焦、失去右手和右腿的体,就是军统头子戴笠的尸体。军统自己的调查根据特的牙板、羊毛内衣残片以及梅4年前在重他的38口径的短管自,已确定了他上司的身份。不至今日,60年前生在南京上空的那次神秘的机事件,仍然是个未解的案,于一代人魔王戴笠的死因之,至今仍然没有准确的答案。 (本文来源:中国网 )

|

« 1301 中国の三面記事を読む(564) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (4) 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ③ | Main | 1303 中国の三面記事を読む(566) 戴笠《番外編》 戴笠と胡蝶の物語 »

歴史」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1301 中国の三面記事を読む(564) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (4) 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ③ | Main | 1303 中国の三面記事を読む(566) 戴笠《番外編》 戴笠と胡蝶の物語 »