« 1302 中国の三面記事を読む(565) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (5)完 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ④完 | Main | 1304 中国の三面記事を読む(567) 和服を着た母と娘が武漢大学の桜の園で記念写真 怒った人々に追い払われる (上) »

1303 中国の三面記事を読む(566) 戴笠《番外編》 戴笠と胡蝶の物語

戴笠と蝴蝶

戴笠与蝴蝶

楼主表于:2008080119:39

2_2 胡蝶というと、1930年代の上海グランドを一時期にぎわした。 彼女の看板となったえくぼは、美人の重要なシンボルとなり、身にまとったチーパオ、身につけたアクセサリーは、どれも女性のあこがれの対象となった。

その当時の胡蝶は、映画だけでなく、宣伝ポスターのモデル、石鹸、タバコの広告の中で、美しさを見Photo_3 せていた。 彼女と阮玲玉は、当時、上海グランドのスターで、阮玲玉は感性の人、それに対し胡蝶は理性の人だった。 阮玲玉は仕事に対して苦労したが、胡蝶のように積極的に追求することはなかった。 胡蝶はよい映画を作るため、北京に行って梅蘭芳に京劇を習ったり、北京語を勉強した。 セリフのアフレコ(吹き替え)の時など、彼女は録音室の3_2 中で7時間もじっと待っていたことがあった。

性格があけっぴろげな胡蝶は、つねに目標が明確で、自分の道を進んでいた。 最初の結婚が終わった時、彼女はすぐ貿易商の潘有声と再婚した。 抗日戦争の時で、潘有声は香港で商売をしていた。 胡蝶の一家も一緒に行った。 上海が占領され、彼らは香港で平和な暮らしを送っていた。 潘有声の仕事も安定し、仕事の余暇には馬を買ったりして、充実した日を送っていた。 運命が変ったのは、胡蝶の30箱の真珠・宝石などの紛失から始まった。

日本人との協力を避けるため、胡蝶は前半生に蓄えたものを30箱に詰め、人に頼んで中国国内へ送った。 ところが真珠や宝石などが途中で紛失してしまった。 この知らせを聞いた胡Photo_4蝶は病気になってしまった。これらの品物を探すため、何人かの友達に頼んだ。 その中の一人が、彼女を特務のボスの戴笠 に紹介した。 戴笠なら真珠や宝石を取り戻せると聞き、胡蝶は仕方なく会うことにした。 戴笠は、胡蝶に以前からあこがれており、美人の関心を引くため、自分の金を惜しげもなく使い、同じようないくつかの真珠や宝石を買い戻して胡蝶に渡し、とりあえず胡蝶の好感を得ることが出来た。

その頃、胡蝶と夫・潘有声の仲はとてもうまくいっており、胡蝶が真珠や宝石をすべて失くした時も、潘有声は彼女を慰めていた。 “大丈夫、この家を守るから” それから自分の商売上の計画を胡蝶に話したりしたので、胡蝶はとても慰められていた。

一方、戴笠の胡蝶に対する愛はまったく違うものだった。 彼がやったことはすべて胡蝶を手に入れるためだった。 自分の目的を達成するため、戴笠は一策を講じ、潘有声を昆明に仕事で行かせることにした。 その上、潘有声には、商人がなんとしても手に入れたい専員委任状と雲南・ビルマの通行許可証を発給した。 潘有声が出発すると、戴笠は胡蝶を自分のものにしたいという気持ちを抑えられなかった。 戴笠のこうした力の前に、胡蝶は抵抗することもできず、苦痛に耐え従うしかなかった。 この時から、胡蝶は重慶で3年間、監禁生活の日を送ることになった。 

潘有声は商売から戻ってきた。 胡蝶の監禁生活はどうやらいい生活を送っているようだった。 戴笠は、潘有声が出発するとすぐ胡蝶を楊家山の邸宅に住まわせた。 胡蝶が邸宅の窓が狭いことや、建物がパッとしないというと、戴笠はすぐ邸宅の前に別荘を建てたりした。 また胡蝶の好きな果物をインドから空輸したり、沢山の靴を買ってきて胡蝶に選ばせたりした。 それから、何万銀貨もかけて大きな花園を作り、毎日胡蝶に付き添って花園の中を散歩したりした。 しかし、こんなぜいたくな監禁生活を送っていたが、胡蝶にとっては夫と会えない苦しいものだった。

胡蝶は毎日洋館の窓を通して、隔てられた別天地を見ながら、涙を流さずにいられなかった。 彼女はもう自分が死んだも同然と感じていた。あの清らかだった胡蝶はもういないし、映画で華やかだった胡蝶もいない。 貿易商の夫と普通の生活を送っていた胡蝶ももういないのだ。 彼女に今残っているのは、美しい肉体だけ。 愛も仕事も、何もなかった。

戴笠は胡蝶を愛していた。 しかし、この愛が他人の苦痛の上に成り立っていたとしたら、とても厄介な愛である。 だが、戴笠はこれらに一切構わず胡蝶との結婚を望み、彼は潘有声に胡蝶との離婚を迫っていた。

胡蝶は戴笠を愛していなかったが、彼との同居生活をせざるを得なかった。 これも胡蝶と阮玲玉の違いである。 阮玲玉はどの男性ともすべて愛のためだった。 愛がなければ自滅を望んだ。 胡蝶は違った。 彼女は監禁生活で、彼にムリヤリ身体を奪われても涙を流さず、この屈辱がなくなる日を待っていた。

戴笠は胡蝶に対してこう言った。 “私の今生最大の願いは、あなたと正式に夫婦になることだ。 あなたのためなら、私は何もいらない”

戴笠は1946年3月下旬に、胡蝶と結婚する準備をしていた。 この時、彼の乗った飛行機が遭難事故を起こし、戴笠は死んだ。 胡蝶はついに監禁生活を終え、再び自由の身となった。

この後、胡蝶は回想録を書いたが、彼女はこの歴史的話題については触れず、ただ、どうでもよいような小さい事・大半は仕事のことだけを書いていた。 このことからも胡蝶の処世術のしたたかさが見て取れる。阮玲玉とはまるで違う。 彼女はもう死んでしまった。 遺書の中でいろいろなことを説明し述べている。 彼女は苦しみもがいた生活を送った。 阮玲玉が胡蝶に負けたのはここである。 30年代、上海グランドを沸かせた映画女優達の中には、自殺した者も多かったし、精神病になったのも多かった。 しかし、あんなに大変な目にあった胡蝶が、ずっと生き続けることができたのは、容易なことではない。

胡蝶は経験豊かな女性であり、自分をよくわきまえた女性である。 彼女は永遠に他の人のために生きることはしなかったし、ましてや他の人のために自分を傷つけることはしなかった。

戴笠与蝴蝶

楼主表于:2008080119:39

到蝴蝶,在上世三十年代的上海谓红极一,她上那招牌式的酒,成了美女的重要志,而身上穿的旗袍,戴的首,都成大众模仿的象。
的胡蝶除了拍影,是宣的模特儿,做肥皂香烟的广告,画里的子非常美。她与阮玲玉当年都是上海星,阮玲玉感性,胡蝶理性。阮玲玉也肯吃苦,却没有像胡蝶那刻意去追求。胡蝶了拍好去北京拜梅芳学京普通。演配音的候,她在音室里一待就是七个小
性格朗的胡蝶一直是个目非常明确的女子,她知道自己想要什。于是在第一次婚姻之后,她很快再嫁洋行工作的潘有声。抗日争,潘有声在香港做生意,胡蝶一家人随往,上海失守而他却在香港着太平的日子,潘有声工作定,买马,日子得有滋有味。命运的改是从胡蝶的30箱珠宝始的吧。

为了逃避与日本人合作,胡蝶将前半生的所有蓄打理成30个箱子托人运往内地,知珠宝在半路失,得知消息的胡蝶大病一为寻得原物,又托了几个朋友,其中有一个就把她介绍给务头子戴笠。听戴笠有法找回珠宝,胡蝶便硬着皮与其交往。戴笠慕名胡蝶已久,博美人心,不惜自己掏回一些相同的珠宝蝶交差,也就初博得胡蝶的好感。
那年,胡蝶与丈夫潘有声的感情是非常好的,就是在胡蝶把珠宝都,潘有声安慰她,没系的,他会想个家。把自己生意上的讲给胡蝶听,这让胡蝶很得安慰。
而戴笠胡蝶的是完全不同的。他所作的一切都是了得到胡蝶。
了达到自己目的,戴笠又使出一招,派人打走潘有声,他去昆明做生意,还给潘有声了商人梦寐以求的专员委任状和滇公路通行。潘有声一走,戴笠再也按奈不住行占有了胡蝶。面戴笠大的力,胡蝶无以反抗,痛苦耐,也只好。自此,胡蝶始了在重被幽禁三年的日子。
潘有声做生意回来,胡蝶被幽禁的日子看起来是很富的。戴笠了不胡蝶潘有声有疚感,潘有声一走他就胡蝶住进杨家山公。胡蝶嫌公的窗狭小,楼前景物不好看,戴笠上派人在公前重建墅。从印度空运来胡蝶喜吃的水果,来一大堆鞋子胡蝶。甚至花上万的元弄了个大花园,天陪胡蝶在花园里散。而这样的幽禁得的是胡蝶不能与丈夫相的痛楚。

胡蝶天透洋房的窗子,看着隔世的桃源,都会情不自禁地掉泪。她得自己已死了,那个纯洁的胡蝶没有了,那个影上光的胡蝶没有了,那个能与洋行丈夫普通生活的胡蝶也没有了。她在只剩下一具美的躯壳。没有没有事,什都没有。
戴笠是胡蝶的,但是这样如果建立在人的痛苦之上,也就成了很委的一种爱了。戴笠可不管些,他要与胡蝶婚,他逼迫着潘有声与胡蝶离婚。
戴笠是胡蝶的,但是这样如果建立在人的痛苦之上,也就成了很委的一种爱了。戴笠可不管些,他要与胡蝶婚,他逼迫着潘有声与胡蝶离婚。
胡蝶不戴笠,却被迫与他起同居生活。也是胡蝶与阮玲玉的不同,阮玲玉无与哪个男子在一起都是,如果没有便宁愿自自己。胡蝶不,她在被幽禁的日子,在被他占身体的日子,可以一滴泪也不掉地等待时间来化解这场屈辱。
戴笠胡蝶:我今生最大的心愿是与你正式结为夫妻,了你,我什都可以不要。
戴笠准1946年下旬迎娶胡蝶,这时,他搭乘的机遇,戴笠生于此,胡蝶束了被幽禁的日子,重新得自由。
后来在胡蝶的回忆录中,她没有提及史,只是写了些无关紧要的小事情,大多来自于工作,从点上也可看出胡蝶世的圆润,哪像阮玲玉,死都死了,要写封遗书,把所有的事情的清清楚楚,交待的清清楚楚。一个努力住痛苦的人,她必然在痛苦中生活。阮玲玉比胡蝶里。想三十年代遍上海的那些影女明星,自的不少,精神分裂的也不少,而受了那多磨的胡蝶能一直活到那老真是不易。
胡蝶是一个有经历的女人,也是一个懂得善待自己的女人,她永不会为别人而活着,更不会害自己。

|

« 1302 中国の三面記事を読む(565) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (5)完 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ④完 | Main | 1304 中国の三面記事を読む(567) 和服を着た母と娘が武漢大学の桜の園で記念写真 怒った人々に追い払われる (上) »

歴史」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1302 中国の三面記事を読む(565) 戴笠:中国特務トップの謎の死 (5)完 戴笠の死の謎を追う:飛行機事故か? 暗殺か? ④完 | Main | 1304 中国の三面記事を読む(567) 和服を着た母と娘が武漢大学の桜の園で記念写真 怒った人々に追い払われる (上) »