« 1258 中国の三面記事を読む(537) 中国で臓器移植禁止施行以降も 日本人17人が手術を受ける | Main | 1260 中国は見る(594) 日本の中国研究 「新闻联播」とテレビドラマは必修 (下) »

1259 中国は見る(593) 日本の中国研究 「新闻联播」とテレビドラマは必修 (上)

日本公研究中国 闻联播和电视剧为必修

2009-02-09 10:39:21 来源: (北京) 网友评论 164 击查

Cctv

新闻联播は、日本の中国分析研究の基本

闻联播是日本研究分析中国的依据。

Photo

テレビドラマ「亮剣」は、日本の中国分析研究の基本

电视剧《亮》是日本研究分析中国的依据。

国際先駆導報2月9日報道:2008年末のある日、年配の記者が、日本の《産経新聞》の報道を転載していた中国国内メディアの記事を読み返していた時、昔、広く伝えられた話を思い出した。

それは1964年のこと、《人民日報》が発表した《大慶精神大慶人》と題する報道だった。 この文章はその当時の日本人の注目を集めたという。 というのは、日本は中国が自分の国土に大油田を発見したのではないかと推測していたからだ。 当時、大慶油田はまだ国家機密であり、日本は中国の公開資料の中から関連情報を探し求めていた。 そして最後に、“鉄人”王進喜の業績の宣伝の言葉の中から、王進喜が馬家というところでしゃべった、“とても大きな油の海、石油工業で立ち後れているなんてレッテルは太平洋へ捨ててしまえ”や、その他のかすかな手がかりを基に、大慶油田の地理・位置を分析した。 聞くところによれば、日本人は新聞紙上の石油精製工場の設備塔の写真から大慶石油精製工場の規模と能力を推測したという。

あれからだいぶ時が過ぎ去った。 この老記者の前に広げられた記事と昔の記憶が不思議なほどに通っているのに気が付いた。 2008年12月27日掲載の、“日本情報部門 中国は日本の「常任理事国入り」を容認と判断”の記事の中で、“日本の情報部門の関係者の話を基に、同部門が中国の公開資料と内部資料の研究から、中国は2005年1月開催した対日工作会議の中で、明確に日本の‘常任理事国入り’に反対していなかったことを掴んだとしている”

それでは、日本は主に中国のどの公開資料で、中国を研究し、またどのような結論を得ているのだろうか? 筆者はこれらの問題について、日本の中国研究専門家を取材したり、また国会図書館所蔵の日本政府が中国を研究した大量の報告書を読んでみた。 その中から、日本の情報システムは巨大な規模で、各部門が対中研究を重要視していることがよくわかった。 また、調査研究員が引用していた資料は、ほとんどすべての中国主流、非主流メディアと学術刊行物が網羅されていた。

新闻联播」は“必修科目”

一般的に言うと、普通の人々は、主に日本の外務省の“中国―モンゴル課”が中国研究の責任を負っていると考えるだろう。 しかし、実際は、外務省の外にも、防衛省、国土交通省、経済産業省、内閣府情報調査室(略称:“内調”)、警察庁警備局と公安調査庁などが、それぞれの分野で中国の“研究”を行い、独自に職責対応を行っている。

日本のベテラン記者の分析によると、先述のあの《産経新聞》に特ダネを提供したのは“内調”の職員だろうという。

 

これからもわかるとおり、日本国内の各行政部門には、中国研究の職員が配置されている。 しかし、それと同時に中国“研究”で最重要な主戦場は中国国内である。 しかも、その第一線のメンバーは駐中国大使館の職員達である。 某日本の新聞評論員の話によると、日本の大使館員は常に、中国政府とメディアの動向に関心を持ち、中央テレビ局(CCTV)の夜の「新闻联播」は、彼等の“必修科目”だということだ。

ニュース以外でも、大使館員は中国の党と政府の方針については“熟知”していた。 ある中国側の人によると、彼が日本大使館員と交流していた時、相手がいつも手帳を取り出して見るのに気付いた。 その中には、中国の方針と政策が書かれていた。 ある時その職員は、中国側の担当者の前で、滔々とよどみなく“八栄八恥”(胡錦涛・国家主席が06年3月4日に全国政治協商委員会第10期全国委員会第4回会議で提唱した道徳観)の具体的な内容について述べたということだ。 これによっても日本側の中国政策研究のきめの細かさがわかるというものだ。

大使館で働いている人は、職員のほか、外務省の専門調査員などがいる。筆者は昨年末、日本のある大学の情報案内板の中に、外務省の海外駐在公使館の調査員募集の広告を見たことがあった。 各海外駐在公使館、領事館の中で、駐中国領事館の募集人数は3人で、他の国より多かった。調査の内容は主に“中国の内政と経済政策”だった。

日本は毎年、情報研究の経費に大金を投じている。 たとえば去年、外務省は情報収集、分野の分析を強化するため、国に8億円の予算を要求、防衛省は370億を要求した。 これらのお金は大使館で調査に用いられる外、相当数は委託調査費用に当てられる。 防衛省と外務省は毎年、大量の資金を使って、民間の研究機構に中国の軍事、政治、経済などの特定分野の研究を委託しているからである。

日本公研究中国 闻联播和电视剧为必修

2009-02-09 10:39:21 来源: (北京) 网友评论 164 击查

闻联播是日本研究分析中国的依据。

电视剧《亮》是日本研究分析中国的依据。

驱导报29 2008年底的一天,一位老者翻看到国内媒体转载的一篇日本《产经》的,想起了一广泛流的故事。

那是1964年,《人民日表一篇《大精神大人》的道,据说这篇文章引起了当日本人的注意。因一直以来,日本都怀疑中国已在自己的土地上发现了大油田,但当油田属国家机密,所以日本始从中国的公开资料中搜信息,最后竟然根据喜事迹宣中的一句:王喜在一个叫家窑的地方好大的油海,把石油工落后的帽子到太平洋去,及其他的多蛛丝马迹,分析出了大油田的地理位置。据日本人甚至根据报纸上一张炼油厂反塔的照片推算出了大庆炼油厂的模和能力。

若干年去了,位老者面前的道和昔日的记忆有着某惊人的相似。在篇刊登于20081227日,题为日情研判中国或允日本入常’”道中写道:根据日本情人士的披露,中国公开资料和内部料的研究中发现,中国在20051月召日工作会上,并没有明确反日本入常

,日本主要是通中国的哪些公开资料来研究中国,又得出了怎结论?笔者问题,采访了日本的中国研究家,并调阅了日本国立国会图书馆馆藏的于日本政府研究中国的大量从中发现,日本情统规大,各部都重视对华研究。而所引用的料,几乎囊括了所有中国主流、非主流媒体和公刊物。

闻联播成了必修

一般而言,人认为,主要是由日本外省的中国蒙古负责对于中国的研究。但事上,除了外省外,防省、国土交通省、经济产业省、内府情报调查室()、警察局和公安调查厅等都从各自中国研究,各有各自的对应职责

而根据一位日本者的分析,上述那产经》消息提供爆料的极有可能是的官

 

可以看出,在日本国内,各行政部了研究中国的职员。但与此同研究中国更重要的主战场就在中国国内,而一线队员就是驻华大使的官员们。据某日本报纸评论员,日本使员时注中国政府和媒体向,央视每晚的新闻联播是他的必修

除了新闻报道外,使员对于中国的党政方也是了如指掌。一位中方人士介绍说,他在和日本大使一位官的交流中,发现对是拿着一个小本子在翻看,原来上面记满了中国的方政策。一次,那位官员还在中方官面前滔滔不地背起了八耻的具体内容,由此可日方中国政策研究的细腻程度。

在使工作的,除了公务员外,有外省的特聘调查员。笔者去年底在日本某大学的信息中看到省招聘外使馆调查员的广告。在各外使中,驻华领招聘人数3人,比一般国家都要多,调查方向主要中国内政和经济政策

日本年都出大笔信息情研究经费。比如去年,外省在化情收集、分析域要求国家8亿日元,防要求370亿除了用在使馆调查之外,有相当数量用于委托调查。因省和外省几乎年都会大量金委托民研究机构事、政治、经济域的对华专题研究。

|

« 1258 中国の三面記事を読む(537) 中国で臓器移植禁止施行以降も 日本人17人が手術を受ける | Main | 1260 中国は見る(594) 日本の中国研究 「新闻联播」とテレビドラマは必修 (下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1258 中国の三面記事を読む(537) 中国で臓器移植禁止施行以降も 日本人17人が手術を受ける | Main | 1260 中国は見る(594) 日本の中国研究 「新闻联播」とテレビドラマは必修 (下) »