« 1267 中国は見る(597) ヒラリー米国務長官 日本で「対話と協調」外交を説明 | Main | 1269 「有縁ネット」休載のお知らせ »

1268 中国は見る(598) 日本 尖閣諸島周辺を全面封鎖 中国の船舶近寄れず

日本全面封锁钓鱼岛海域 中国船只维权难靠近

2009-02-09 10:35:01 来源: (北京) 网友评论 1529

2_3 国際先駆導報2月9日報道:《産経新聞》2月4日報道によると、海上保安庁は、尖閣諸島周辺海域にヘリコプターPhoto_2 搭載の大型巡視船(PLH型)を常時配置することにした。 中国外交部の姜瑜報道官は、このことについて、“日本側がこの島の支配に対する実効支配をどんなに強めようと、中国領土の主権に対する侵犯で、違法であり無効である。 000_2 即刻、停止すべきだ” と述べた。

しかし、日本が尖閣諸島の監視を強めたため、中国船舶は近寄ることができなくなり、中国の将来の権利保護の行動が厳しい状況に直面している。

新型巡視船の常駐は初めて

00_2 日本のメディアによると、海上保安庁は2月1日から、尖閣諸島周辺海域にヘリコプター搭載のPLH型巡視船を常駐することにした。 目的は“中国海洋調査船の領海内への侵入監視”である。 今回の海上保安庁のPLH型巡視33_2 船が尖閣諸島周辺常駐したのは、魚釣島海域が巡視船の死角となるからだった。 魚釣島の南東海域とその周辺水域は海路が狭く、通常巡視船は入ることができなかった。

PLH型巡視船は、海上保安庁が特別に設計した大型の多5_2 目的巡視船で、船の全長は105メートル、幅15メートル、搭載ヘリコプター1機、満載排水量は3200トン、中国海軍の護衛艦のトン数と同じくらいで、同等の実力を持っている。 PLH型巡視船の装備は数門の30ミリ、20ミリ速射砲を備え付けており、その威力は周辺国のを同様海上警備船を遥かに上回るものである。

今まで、海上保安庁は普通は重大任務の時に、PLH型巡視船を出動させてきたが、尖閣諸島周辺海域に常時パトロールするのは初めてという。

中国の公船(軍艦・調査船等) 監視を強化

4_2 2008年12月8日、中国海洋調査船“海監46号”、海監51号”が魚釣島から12海里のところに侵入し航行した後、海上保安庁は同海域付近を毎日、巡視する船を2隻から3隻態勢に強化した。

同時に、海上保安庁は尖閣諸島周辺の“警備体制”の範囲と重点について調整を行った。 以前、海上保安庁は尖6 閣諸島周辺を3つのパトロール地域に分けていた。 尖閣諸島から12海里の範囲内は、“絶対禁止区域”、12海里から24海里は“厳重監視区域”、24海里以外は、“警戒監視区域”としている。 “警備体制”全般の重要点は、中国と台湾の民間の船舶が尖閣諸島への接近阻止である。 尖閣諸島12海里に侵入した中国漁船、“保釣”(釣魚防衛)船については、衝突、高圧放水などの荒っぽいやり方で追い払う。 一方、尖閣諸島周辺海域にきた中国軍艦や公船については、海上保安庁は通常は尾行などの監視で、目標を識別監視するだけにしている。

12月8日の中国の“海監”調査船の領海侵入後、海上保安庁は尖閣諸島の“警備体制”の“見直し”を行い、更に中国側の公船などに対する警戒を強める必要があると考えた。 具体的な措置として、PLH大型巡視船を尖閣諸島へ投入すると共に、海上自衛隊との連携、情報交換を密にし、平時でも東シナ海海域の中国の公船の監視を強めることにした。 海上保安庁は尖閣諸島海域で強制的行動が取れる関連対応マニュアルも準備中である。

中国の権利保護情勢は悪化

戦術面の調整のほか、日本は“尖閣諸島”問題の全体的戦略にも変化が現れた。 これまでずっと、日本は尖閣諸島に対し、“低姿勢”な処理、すなわち“実効支配はすれど占有せず”の方針を取ってきた。 しかし12月8日の中国“海監”侵入以降、日本は尖閣諸島占拠を公然化し、尖閣諸島に対する“主権主張”を強めることにした。 魚釣島本島には埠頭がないため、巡視船を常駐させるという問題はまったくありえない。 従って、日本のメディアが言っている、いわゆる尖閣諸島にPLH型巡視船を常駐させるというのは、多分に中国側に対する威嚇である。

一方、日本は積極的に尖閣問題と中日の東シナ海大陸棚境界線とガス田問題を“連動”させようとしだした。 これまでずっと、日本が主張していたいわゆる“中間線”とは、暗に“尖閣諸島”を日本の帰属と前提するもので、これは中国側が“中間線”を認めることができない重大理由の一つとなっている。

中国側の“魚釣島”巡航後、今年1月4日、《産経新聞》など多くのメディアは一面トップに大きく、“中国一方的に協議を破り、東シナ海のガス田を採掘”と報じた。 一時期、長い間、冷却期間にあった東シナ海のガス田問題がまた脚光を浴びるようにしたのは、日本が中国の尖閣諸島問題に対する注意力を逸らそうとする戦略的意図の表れである。 これから予測できることは、尖閣諸島問題と東シナ海境界問題の“連動性”を絶えず強めることにより、“南(尖閣諸島問題)、北(東シナ海ガス田問題)問題”は、今後の日本の対中東シナ海問題における基本的戦略の方向性となると思われる。

今後、海上保安庁は海上自衛隊と尖閣諸島をバックに射撃訓練や情報交換訓練、実習訓練を実施することにしている。 情報通によると、尖閣諸島の権利保護は一層厳しい情勢になるという。 “今後、中国の船舶は、尖閣諸島にはほとんど近付けない。 もし、主権を主張するなら、飛行機で島の上空を飛ぶしかない”

日本全面封锁钓鱼岛海域 中国船只维权难靠近

2009-02-09 10:35:01 来源: (北京) 网友评论 1529

钓鱼岛

可搭直升机的PLH型巡

钓鱼岛位置

驱导报29 据日本《产经24道,日本海上保安在中国钓鱼岛海域常了可搭直升机的PLH型巡船。中国外交部言人姜瑜此表示,日方任何加强对该岛实际控制的举动都是中国土主的侵犯,是非法和无效的,立即停止。

然而,日本加控制钓鱼岛,使得中国船只很再靠近,中国将来的维权临严峻挑

首次派新型巡船常

据日本媒体透露,海上保安21始,已在钓鱼岛海域常可搭直升机的PLH型巡船,目的是防范中国海洋调查船的入侵。此次将海上保安PLH型巡船常驻钓鱼岛海域,是因船无法钓鱼岛海域的一些死角。钓鱼诸岛南海域、钓鱼岛的周水面因通道狭窄,常船无法入。

PLH型巡日本海上保安厅专门设计的大型多用途巡视舰舰长105米、15米,搭直升机1架,满载排水量达到3200吨,与中国海军护卫舰吨位相当,并具有与之抗衡的力。PLH型巡视舰有数30毫米、20毫米速射炮,火力远远国家的似海上法船。

此前,日本海上保安一般在重大任务时PLH型巡视舰,使用钓鱼岛海域施常尚属首次。

加大中国公控力度

2008128日中国海监总队46”号、51”编队进钓鱼岛12海里施巡航后,日本海上保安日在钓鱼岛附近海域的巡船数量由2艘提高到3艘。

,日本海上保安厅对钓鱼岛体制的范和重点也行了整。此前,海上保安钓鱼岛划分三个巡区域,距钓鱼岛12海里范绝对禁止区12海里~24海里控区24海里以外警戒监视。整个体制的核心是阻止大及台湾民船只接近钓鱼岛对进钓鱼岛12海里的中国船和船只采用撞、高枪喷射等方式予以暴力离。而钓鱼岛海域的中国军舰及公船只,海上保安通常只是采取尾随监视等方式行目标识别控。

中国海“12·8”后,日本海上保安厅对钓鱼岛体制行了深刻检讨认为须进提升中方公船只的警惕。在具体措施上,除投入PLH大型巡视舰参与钓鱼岛海域巡航外,将加与海上自卫队的情系,加大平时对东海海域中国公船只的控力度。海上保安钓鱼岛海域制行的相关预案也行了整。

中国维权势恶

战术层面的外,日本在钓鱼岛问题上的整体略也生了一定化。一直以来,日本对钓鱼岛采取理的方,即实际控制但不公占有。中国海“12·8”后,日本求侵占钓鱼岛的公化,加强对钓鱼岛宣示。由于钓鱼岛本身没有码头港口,根本不存在常驻舰问题,因此日本媒体宣称的所钓鱼岛PLH型巡视舰,更多地是向中方示威。

另一方面,日本始主强钓鱼岛问题与中日海大架划界及油气问题联动。一直以来,日本提出的所间线本身就暗含着钓鱼岛属日本一前提,也是中方不可能承间线的重要原因之一。

在中方钓鱼岛巡航后,今年14日,日本《产经》等多家媒体即以条大号黑体字指中国撕毁协议开海油气。一时间,冷却多海油气问题又被刻意化,体出日本试图转移中方对钓鱼岛问题注意力的略意。可以预见,随着钓鱼岛问题海划界问题联动不断增南(钓鱼岛问题)北(海油气问题)互保,将成未来一段期日本在整个对华东问题上的基本略走向。

未来,日本海上保安厅还将与海上自卫队实施以钓鱼岛为背景的合射击训练、情换训练兵演。据知情人士介钓鱼岛维权为严峻的形今后,中国船只几乎不太太可能再靠近钓鱼岛,如要宣示主,只能采取机掠过岛屿上空的方式了。

(本文来源:驱导报 作者:海)

|

« 1267 中国は見る(597) ヒラリー米国務長官 日本で「対話と協調」外交を説明 | Main | 1269 「有縁ネット」休載のお知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1267 中国は見る(597) ヒラリー米国務長官 日本で「対話と協調」外交を説明 | Main | 1269 「有縁ネット」休載のお知らせ »