« 1246 中国は見る(585) アサヒビール 青島(チンタオ)ビールの大株主となる | Main | 1248 中国の三面記事を読む(534) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (下) »

1247 中国の三面記事を読む(533) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (上)

霍元甲被日本人下毒而死是虚构?

2009-01-15 09:31:15 来源:  网友评论 70  击查

霍元甲 死因の謎

Photo 霍元甲はどうして死んだのか? これには大体2種類の「説」がある。 一説に日本人に殺されたいうものがある。 話によると、霍元甲が亡くなった後、霍元甲の友人が日本人医師が出していた薬を化学検査したところ、慢性的に肺が侵される毒薬が検出され、日本人がひそかに殺害を企てていたことがわかった。

この話の影響は大きかった。 当時の武侠小説作家・平江不肖生(向)は、霍元甲の死をこのように書いた。 1912年、有名な武侠小説家の平江不肖生は《拳法》と《近代侠義英雄伝》の二つの作品を相継いで出版し、この作品の中で、霍元甲がどうやって日本の秋野医師に殺されたかをまるで真に迫ったかのように書いた。

平江不肖生が書いた状況は次の通り

オーピインを倒し、精武体育会を創立直後、霍元甲の胸の痛みが激しくなり、やむなくまた秋野医院で診察を受けた。 秋野医師は、“霍さん、私の忠告を聞いてくれなかったから、病気がもうだいぶ進んで、治すのが大変むずかしい”と言い、霍元甲を入院させることにし、更にこう言った。 “完全に治すには、2ヶ月以上はかかります” 秋野医師は丹念に診療し、いつも霍元甲のそばにいた。

一週間ほどして、治療の効果が現われ、あと数週間で退院できるまでになった。 ところがこの時、日本の柔道・講道館から霍元甲に招請があり、秋野医師が霍元甲に同行した。 講道館の中で、みんなと挨拶した後、講道館の柔道の達人達が劉振声と手合わせしたが、次々と敗けていった。 常磐虎蔵という男が、諸肌脱ぎになると、劉振声に向かわず、霍元甲に飛びかかって来た。 霍元甲は戦う気はなかったが、避けるわけにもいかず、やむなく両手で彼の両腕を掴み押さえつけながら、秋野医師に仲裁を求めた。 その時、常磐は掴まれた腕が痛くてたまらず、あらん限りの力で抜け出そうとしたが、力を入れれば入れるほど、ますます挟む腕がきつくなり、しばらくすると元甲の指元から鮮血が流れ出た。 霍元甲は手を緩めた。 常磐は痛さのあまり顔から血の気が引いていた。 居合わせた人から、誰も試合に出ようとする者はいなかった。

霍元甲は秋野医師に釈明を依頼した。 秋野はただ「大丈夫」だと言うだけで、そこでみんなと一緒に病院に戻った。 夜の8時頃、秋野医師がいつものとおり、病室に診察に行った時、とても驚いた顔をした。 “どうして症状がこんなにひどくなったんだろう?” 霍元甲は、“私は今、何も気分が悪いところはありません。 たぶん大丈夫ですよ”

秋野医師はあいまいに答え、いつも通り、霍元甲に注射を二本打ち、水薬を飲ませた。 そして劉振声を外の部屋まで呼び、“私は今、あなたの師匠を講道館にムリに連れて行ったことを後悔しています。 師匠の病気は今、急激に悪くなっており、とても危険な状態です。 師匠は力を使いすぎ、内部を傷めたようです。 これは私の予想外の事でした。 手の施しようがありません。 私は、あなたの師匠に退院するよう勧めます。 今夜出発して天津に戻れば、あるいは故郷に間に合うかもしれない” 劉振声の返事を聞く前に、突然、霍元甲が病室で大声を上げているのが聞こえてきた。 その声は、普通とは違う異常な声だった。 慌てて秋野医師と駆けつけると、霍元甲はベッドではなく、床に倒れ転げ回っていた。 口から真っ赤な血を噴き出していた。 近寄って話しかけても口を開くことができなかった。 秋野医師が急いで注射を打ち、口からの噴血が納まり、動きも止まった。 ベッドに担ぎ上げ寝かせたが、何も言わず動かず、かすかに鼻息が聞こえるだけだった。

霍元甲はすでに感覚を失っていた。 劉振声はやむなく一人、精武体育会へ行き、農勁蓀を呼んできた。 農勁蓀は劉振声より細かく、様々な状況から見て、突然の容態急変に納得できないでいた。 秋野が毒を盛ったのではないかと疑いを持った。 しかし証拠も見つからず、無責任なことを言うことができないでいた。 気息奄々としたまま、次の日の夜遅く、中国武術のため栄光を勝ち取った大英雄・霍元甲はこの世を去った。 享年42歳だった。

以上の「説」を支持する者は多く、主に上海精武会の史料に記録がある。 霍元甲の逝去前後の情況について、上海精武会の史料にはこう書いている。“(上海)王家宅で精武体操会が成立した後、霍元甲は武術教練を担当し、評判は次第に大きくなり、当時、上海の日本人武術館はこの情報を掴むと、日本から10数名の柔道の達人を選んで霍元甲と勝負をしようとした。 霍元甲は弟子の劉振声と共に招待に応じて日本の武術館に行き、技を研究し合った。 記載によると、“日本側は元甲を奇襲した。 元甲は日本側に反撃……勢いに乗じて推すと、日本人が階段のところまで転がってしまい、不幸にも右手を切ってしまった。 傷つける気がなく、なんとなく愉快になれなかった” これ以降、日本人と霍元甲の間に怨恨が生じた。 霍元甲が精武体操会を主催し、苦心して中堅を育て、大いにこの事業を発展しようとした時、日本人から陥れられた。 日本人が押し売りした丹薬を飲んで咯血し、病気が急速に悪化、急いで新閘路の中国赤十字病院に送られたが、2週間後に亡くなった。 《精武本紀》によると、“力士(霍元甲)が亡くなった翌朝、秋医(日本の秋野医師)はすでにこそこそ洞穴に逃げ帰った。 力士の門弟達が疑い、力士が日頃服用していた薬を、公立病院に細かく調べてもらったところ、医師は、これは慢性的に肺が侵される(ぼろぼろになる)毒薬だと言った。

霍元甲被日本人下毒而死是虚构?

2009-01-15 09:31:15 来源:  网友评论 70  击查

霍元甲死因之 

霍元甲是怎死的,大致有两种说法。一是被日本人害死的。据,霍元甲去世后,朋友拿着日本医生拿去化发现这是一慢性肺毒才知道是日本人暗下了毒手。

这种说法且影响最大的,是当的武侠小作家平江不肖生()笔下写到的霍元甲之死。1912年,著名武侠小家平江不肖生先后出版《拳》和《近代侠英雄》两部作品,在两部作品里,平江不肖生栩栩如生地描写了霍元甲是如何被日本医生秋野暗害死的。

平江不肖生描写的情形如下:

吓跑奥皮音,成立精武体育会后,霍元甲的胸痛加了,只得再到秋野医院去就。秋野道:“霍先生不听我的告,此刻病已深入,不易治了。便要霍元甲住院,并:“要完全治好,大约须两个月以上。秋野治得非常心,常在霍元甲身

了一个星期,效很好,有几个星期可以出院。知日本柔道霍元甲,秋野便陪同霍元甲前往。中与众人寒暄后,日本柔道高手便与刘振声交了手,一一都了北,一个叫常磐虎藏的,露出那人的赤膊,不找刘振声握手,却直扑霍元甲而来。霍元甲既不情愿打,又不情愿避,只得急用两手将他两条臂膀捏住,不,一面向秋野说话,要求秋野解。不料常磐被捏得痛入骨髓,用力想脱,用力越大,便捏得越,一会儿被捏得血从元甲指中流出来。霍元甲一松手,常磐已痛得面无人色,在的人,也不敢再来比了。

霍元甲托秋野解,秋野只管不要,便一回了医院。到了夜八点,秋野照例来房中察,便出很惊的神气:“怎的病症忽然害了呢?”霍元甲道:“我此并不得身体上有什不舒适,大概不妨事。

秋野含糊是,照例替霍元甲打了两,并冲水服了,拉刘振声到外房里:“ 我此刻十分后悔,不应该强欢去,如今弄得的病,生了大的化,非常危,你看怎么办?”并且:“用力大,激了内部,是出乎我意料之外的事,我在是不能治。我看你你老退院,今夜就身回天津去,或者能赶到家刘振声待回答,猛听得霍元甲在房中大喊了一声,那声音与常大异,慌忙拉秋野跑去看,只霍元甲已不在床上,倒在地板上乱,口里血来,上前问话已不能口了。秋野又赶着打了一,口里不血了,也不乱了,仍抬到床上躺着,不言不微微有点鼻息。

霍元甲已失了知,刘振声只好独自赶到精武体育会,把农劲荪找来。农劲荪虽比刘振声精,看了种种情形,疑惑突然症,秋野不免有下毒的嫌疑,但是得不着据,不敢随口乱。奄奄一息地延到第二日夜深,可怜一个中国武争光的大英雄霍元甲,便脱离世去了,年才42

支持以上法者很多,主要有上海精武会的史料记载。有霍元甲逝世前后的情况,上海精武会的史料上是这样说:“(上海)王家宅成立了精武体操会后,霍元甲担任武,名声大,当时沪上日本人技击馆得知此情后,从日本挑了十余名柔道高手欲与霍元甲量,霍偕徒刘振声邀前往日本技击馆切磋技。据记载日方突元甲,元甲反日方……一推,竟跌日人于天中,不幸断其右手,无心害,不免于不悦。从此日人与霍下怨恨。正当霍元甲主持精武体操会,精心培骨干以大展伟业,却遭日本人的陷害。因服了日人上兜售的丹后咯血病加,急送新路中国十字医院医治二周后逝世。据《精武本记载力士之翌晨,秋医(日本医生秋野)已鼠窜归窟,力士弟子大疑,力士日服之余,付公立医院察之,院医曰:此慢性

|

« 1246 中国は見る(585) アサヒビール 青島(チンタオ)ビールの大株主となる | Main | 1248 中国の三面記事を読む(534) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (下) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1246 中国は見る(585) アサヒビール 青島(チンタオ)ビールの大株主となる | Main | 1248 中国の三面記事を読む(534) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (下) »