« 1236 中国の三面記事を読む(526) インスタント・ラーメンはどのようにして開発されたか? (下) 「インスタント・ラーメンの父」は台湾系日本人 | Main | 1238 中国の三面記事を読む(528) 日本の大学生の対中観 (下) »

1237 中国の三面記事を読む(527) 日本の大学生の対中観(上)

日本の大学生が見る 対中関係 

日本大学生看对华关系  

2009-01-08  16:35:05

大多数の学生は、日本を侵略したについての認識はないけれど、日本国に侵略し、中国で悪いことをしたことくらいは大体知っている。 ほとんどの学生が日関係の現ついて懸念を抱いており、中日の改善をんでいる。 

多くの学生は、中日関係を改善するため、何らかのことをしたいと考えているが、具体的にどうしたらいいのかがわからないでいる。

2005年4月から、私は日本のある大学で“日中関係論”の講義を行なった。 受講生は現代中国学部、経営学部、法律学部の3学部の1年から4年の学生(中国留学生も含む)で、定員は170名だった。 私は毎回講義終了後、学生達に講義内容について意見と感想を書かせた。 毎回50~60枚の回答があった。 この中から、私の講義と中日関係に対する彼等の見方を理解することができた。 その年4月は中国で“反日”騒動があり、学生達の中日関係に対する関心は俄然盛り上がった。 大部分の学生は小泉首相の靖国神社参拝には、賛成でなかった。 

もっと学生達の中日関係に対する見方を理解するため、私は6月中旬に中間試験を行う時、“中間報告”方式をとった。 その際、特に学生に対し手書きを求め、パソコンでの入力原稿は不可とした。 またできる限り講義内容の引用はせず、自分の考えで書くこと。 特に自分の見方を発表すること。 “中間報告”の採点は“講義の観点に合っているかどうか”は関係しないことを強調した。

私が“中間報告”で出題したものは次のとおり。 1,中日関係のあるべき姿、あるいはみんなが期待する状態とはどんなものか? 2,中日関係の現状と両国関係のあるべき姿。 あるいはみんなが期待する状態との違いとその理由。 3,今後、中日関係をどのように改善すべきか?。

一週間後、私は165通の報告を回収した。 110通が小泉首相の靖国神社参拝問題を取り上げていた。 そのうち、中国留学生が書いた27通の報告書では、26通が小泉首相の靖国神社参拝に反対していた。 1通は中国政府は小泉首相参拝に関わるべきではないというものだった。 日本の学生が書いた82通の報告のうち、73通が小泉首相の靖国神社参拝に反対し、4通は小泉参拝を支持し、中国政府が参拝に反対するのは“日本の内政に干渉するものだ”としていた。 残りの5通は、支持も反対も表明せず、ただ中日双方は、もっと深く相互理解すべきだというものだった。 それ以外に、韓国留学生1名は、小泉首相の参拝に反対していた。

73通の小泉首相の靖国神社参拝反対の報告の中で、大部分が出していた理由は、中国、韓国があんなに強烈に反対しているのだから、外交的に考えて、小泉首相は参拝すべきではないというものだった。 そのうち15通は、小泉参拝反対と歴史問題を正しく認識することを結び付け、小泉首相の靖国神社参拝は歴史観の誤った態度だと見ていた。

歴史問題とその他の問題に対する見方

近代日本の対外侵略の歴史について、日本の大学生は確かにほとんど知らなさ過ぎる。 これは戦後の日本の教育と関係がある。 この5月、外務大臣が認めているように、中学校教科書が勉強する歴史はせいぜい明治維新までで、その後の近代侵略史の教育は教えていないのだ。

もちろん、情報化時代にあって、日本が“情報鎖国”をすることなんてできないし、その後の時代の歴史の真相を隠すこともできない。 ある女子学生は、“もし、私が将来教師になったら、日本の立場からだけでなく、世界各国の角度から歴史の真実を見るようにし、歴史の真実を学生に教育します”と述べている。

私が関わった170名近い大学生を見ると、彼らは日本が過去に間違ったことをしたこと、近隣の国に侵略戦争を行ったり、植民地統治を行ったことなどの基本的事実は知っている。 しかし、誤った認識も多い。 例えば、ある先生が教室で、日本が中国に対し行った戦争で、“どっちが勝った?”とたずねたら、半数以上の学生が、“日本が勝った”と答え、その教師をびっくりさせた。そこでその教師は“中国が勝った”理由を詳しく説明したそうだ。 また別の教師が学生に、“南京大虐殺をどう思う?”と訊ねたところ、学生は考えもせずに、“私はそんなことは信じません。 だって日本人は中国人よりおとなしいですから”

国際的交流の拡大に伴い、多くの学生達も次第に日本の歴史教育問題の重要性を感じ始めた。 ある学生は、“日中の歴史問題は「水」と「鏡」のようです。 歴史問題は日本人にとって「水」ですね。 「水に流して忘れてしまいたい」 しかし一方の中国人にとっては「鏡」のようです。 いつもそれを現実面に反映してくる。 日本に対して、歴史の教訓を汲み取らないと、将来また過去の誤りを繰り返す恐れがある”と見ている。 別の学生は、“確かに、日本は国民に対して侵略戦争の歴史教育を行っていません。 一方、中国が行っている愛国主義教育は「反日教育」とは言えないけれど、しかし日本が行った悪い事の一部始終を国民に教えています。 この二つの教育のコントラストが中国人の「反日」を呼んだのです。 日本人は中国人の強烈な「反日」意識がわかっていません。 だから、歴史問題を解決しないかぎり、本当の日中友好はありません”

もちろん、多くの日本の学生は、中国、韓国が歴史問題で日本を批判することを理解できない者が依然沢山います。 ある日本の学生は、“一国の教育が正しいかどうかは、その国の国民が判断すべきことで、他国がとやかく言うことではありません”と言います。 またある学生は、“日本では参拝に反対する人が増えている。 中国人は過去の日本の軍国主義の憎しみを現在の日本と日本国民に振り向けるべきではない。 歴史問題で、中国人は日本に対してあまりに厳しく、敵視し過ぎているんではありませんか?”“中国人は日本全体(政府と民間を含む)の歴史問題での態度を「三七開」(罪よりも功績が大きいと評価)すべきではないか?” 別の学生は心配げに、“日本が歴史問題で、もしこのまま不誠実な政策を取ったなら、中国はもっと強硬になるんじゃないか?” しかし一方、学生の中には、中韓の批判に対して理解を示す者も出始めた。 “以前私は、中国はいつも60年前の日本のことを持ち出し、外交的に日本を不利な立場に置こうとしていると思っていました。 しかし、最近中国が日中国交回復前、両国関係改善のため大変な努力をしていたことを知り、中国が両国関係の改善に努力しているのは事実であり、本心からのものだとわかった。 だから日本も真剣に中国との関係に対応すべきだ”

しかし、中国残留孤児の家族は、 “私は中日両国の両方で歴史教育を受けました。 私は日本の歴史教育は歴史の真相を教えていないと思う。 でも中国の歴史の宣伝と教育は日本に対して、些か行き過ぎの感じがします”と述べている。  

日本大学生看对华关系

   

2009-01-08

16:35:05

  大多数学生日本侵略中国的然缺乏认识,但日本侵略中国、在中国做了坏事大致是知道的;

  百分之百的学生都中日系的状感到担。并希望中日系得到改善:

  很多学生切希望改善中日系做些事情。但不知道具体做些什

  从20054始,我在日本一所大学日中,听的学生包括从一年到四年代中国学部、经营学部、法律学部三个学部的学生(包括一些中国留学生),定170人。

  我在讲课后,都学生对讲课内容写意和感想,次能收到5060份答卷,从中可以了解他们对我的讲课乃至中日系的看法。

  今年4月份中国生了反日波后,学生们对中日系的然升温。

  大部分学生不成小泉参拜靖国神社

  了更好地了解学生们对中日系的看法,我在6月中旬行期中考试时,采取了交间报的方式,并特要求学生用手写,不能交电脑打印稿,同尽量不要引用讲义的内容,一定要写自己的想法,别强调学生可以表各种观点,间报打分决不会受到是否符合老师讲课的影响。

  我间报出的目是:1,中日有的、或大家所期待的状是什么样的。2,当前中日系的状与两国有的、或大家所期待的状的差距及其原因。3,今后应该如何改善中日系。

  一周后,我收到了165告。有110份提到了小泉参拜靖国神社问题,其中,中国留学生写的27告中,有26份表示反小泉参拜靖国神社,一份认为中国政府小泉参拜不应该管;日本学生写的82告中,有73份不成小泉参拜靖国神社,四份告支持小泉参拜,并认为中国政府反参拜是日本内政有五份告既不表示支持也不表示反。只是中日双方应该加深相互理解;此外,一名国留学生的告表示反小泉参拜。

  在73份不成小泉参拜靖国神社的告中,大部分出的理由是,既然中国、这么强烈反,那,从外交上考,小泉首相不应该参拜。只有15告把不成小泉参拜与正确认识历问题联系起来,认为小泉参拜靖国神社是错误历的表

  对历问题及其他问题的看法

  于近代日本外侵略的那段史,日本的大学生确是知之甚少。后以来日本的教育有。今年5月份,日本外大臣也承,日本中学教科提到的仅仅到明治新,并没有下一代行近代侵略史的教育。

  当然,在信息化代,日本不可能做到信息,不可能后代隐瞒历史的真相。一名女生如果我将来当教,我会不从日本的角度,而且从世界各国的角度来看史的真,以史的真教育学生。

  从我接触的近170名大学生看,他们对于日本去做了事、国家行了侵略争和殖民治等基本事实还是知道的。但是,错误认识也不少。例如,有一位日本老堂上日本中国的谁胜利了果半数以上的学生回答是日本利了,使那位教感到非常吃惊。于是他详细说明了是中国利了的理由。有位老师问一名日本学生:你怎看南京大屠?”学生不假思索地回答道:我不相信有这样的事,因日本人比中国人善良。

  随着国交往的大,不少日本学生也逐感到日本的史教育问题重性。有的日本学生日中之问题就像是问题对于日本人来就像是,付之流水,忘掉了;而于中国人来就像是是折射到现实上来。但是,于日本来,不吸取史教,将来可能重复过错误有的日本学生的确,日本没有国民行侵略史的教育,而中国行的国主教育然不能反日教育,但把日本去做的坏事原原本本地告了国民。教育的反差就致了中国人的反日。隋和日本人中国人反日’‘的不理解。所以,不解决问题,就没有真正的日中友好。

  当然,也仍有不少日本学生于中国、国在问题日本的批感到不理解。有的日本学生一国的教育,只能由国国民来判断,国不应该说三道四。也有的日本反参拜的人数在上升,中国人应该对过去的日本国主的仇恨移到在的日本和日本人民身上来。在问题上,中国人是不是日本太害太敌视?”“中国人整个日本(包括政府和民)问题上的表是否应该三七’?”有的日本学生担心:日本在问题上如果继续其不诚实的政策,中国可能会更硬。然而,也有的日本学生的批评开始表示理解,去我认为,中国是拿60年前的日本事儿,是了在外交上将日本置于不利的地位。但是,最近得知中国在日中交前就改善两国系做出了巨大的努力,感到中国改善两国系的努力是事,确是出于真心,日本也应该认待同中国的系。

  但是,一名日本在华遗留孤儿的后代却我在中日两国都接受过历史教育,我得日本的史教育不教史真相,而中国的史宣和教育日本又有些分。

|

« 1236 中国の三面記事を読む(526) インスタント・ラーメンはどのようにして開発されたか? (下) 「インスタント・ラーメンの父」は台湾系日本人 | Main | 1238 中国の三面記事を読む(528) 日本の大学生の対中観 (下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1236 中国の三面記事を読む(526) インスタント・ラーメンはどのようにして開発されたか? (下) 「インスタント・ラーメンの父」は台湾系日本人 | Main | 1238 中国の三面記事を読む(528) 日本の大学生の対中観 (下) »