« 1247 中国の三面記事を読む(533) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (上) | Main | 1249 中国は見る(586) 「常用漢字」 191字追加  全部で2131字となる »

1248 中国の三面記事を読む(534) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (下)

霍元甲被日本人下毒而死是虚构?

2009-01-15 09:31:15 来源:  网友评论 70  击查

4 《精武本紀》は1919年「精武創立10周年」を記念して出版された。 その記載内容が毒殺説の最も有力な証拠となった。 毒殺説の影響が幅広く伝えられたため、霍元甲のストーリを映画やテレビで製作される際、一様にこの「説」が採用された。 しかし、この「説」に疑問を抱く人もいた。 彼らは“毒殺説」は、”武侠小説や映画、テレビが主役の死の設定で使った一般的な方法で、武芸に秀で、頭も人柄もよい侠客や英雄が、どうしても死ななければな3 らない場合、その死は当然、相手側の卑劣な陰謀の結果死ぬのだ」と主張した。 霍元甲が日本人の悪意の下、毒殺されたというストーリーは極めて手間・費用がかからない経済的選択だった。 一つには、このように物語の筋を作るのはとても簡単で楽だったからである。 もう一つには、こうすれば霍元甲の“悲劇的な死”の色彩を強くすることができる。 英雄は必ず身を以って義に殉じるものである。 霍元甲と日本人が仇同士となったのは個人の私事ではなく、彼は国家と民族の大義のため、身を以って殉じたのだ。 こうすれば英雄の偉大さを際立たせるものとなり、更に観衆の愛国意識と敵愾心を燃やす心を引き出すことができる。

このような観点を持つ人からすると、毒殺説は、文芸作者が根も葉もないうわさを基に、でたらめに書いたもので、十分な歴史的根拠がないものである。 特に、1912年、有名な武侠小説家・向然(平江不肖生)が相継いで出版した《拳法》と《近代侠義英雄伝》の二作品がそうである。 うわさに基づき、彼は霍元甲の死を日本の秋野医師が毒薬で殺したと作り事を書いた。それ以降、その誤った話が次々と伝わり広がってしまい、ついには事実が歪曲されてしまった。 そのため、彼らは別の「説」を唱えた。 “霍元甲の死は、決して日本人のしたことではなく、病気による死である”

この「説」を支持する根拠としては、霍元甲の病気と逝去にいたる経過について、初期「精武体育会」の実際の設立者の一人・陳公哲が《精武会五十年》の中にこう書いている。 “霍先生は、もともと咯血の病気に罹っていて、自宅にいる時、時々吐血していた。 日本人で仁丹の薬を売る者がいて、時々邸を訪れ、霍先生に薬を見せ、咯血によく効き、肺病を治療することができると勧めた。 霍先生が、それを信じ買って服用した直後から、病気は更に悪くなってしまった。 霍先生が病気になったのは、少年の頃、気功を練習し、肺を傷め咯血するようになり、顔色は蝋のように黄色くなったため、「黄色のトラ」と呼ばれるようになった。 王の家に移ってから、霍先生の病気はますますひどくなり、みんなで新閘路にある中国赤十字会病院へ運び、2週間治療を受けていたが、亡くなられてしまった。 みんなで納棺の手配をし、河北会館に移し仮埋葬した。 年を越してから、柩を北に送った。

陳公哲の回想によると、霍元甲はもともと咯血の病気を患っていて、しばしば発作に襲われていたという。 日本人が霍元甲に、咯血に効き、肺病が治ると薬を売りつけ、霍元甲はそれを信じ、買って服用した後、病状が更に重くなってしまった。 陳公哲は、この話を述べた時、是非の判断をしていない。 彼は霍元甲が日本人の薬を飲んで病状が悪化した事実は認めているが、日本人が毒殺したとは言っていないので、霍元甲の薬品使用が適当でなかったと推測するしかない。 陳公哲のこの話の後に、ずばり霍元甲の病気の理由について書いている。 それは霍元甲が少年の時、気功の練習をして、“肺を傷つけてしまった”,それから咯血するようになり、顔色は蝋のように黄色くなった。 そのため、「病死論者」は毒殺説には同意せず、霍元甲は自分の気功訓練のせいで病気となり死んだというように理解している。

毒殺という外因説に対し、霍元甲が自身の病気から死んだという「説」は内因説と言うことができる。 この「内因説」は、霍元甲が気功を訓練して夢中になりすぎて病気になるかどうかという問題に触れており、武侠小説でよく出てくる気功を人々に連想させた。

持病死論者は最後にこう総括している。 “陳公哲は霍元甲を上海に呼んだ発起人の一人である。 また霍元甲とオーピインの武芸試合の通訳の打ち合わせを霍が亡くなる直前までやっていた。 彼と霍元甲はしょっちゅう会っており、友情も篤かった。 だから、霍元甲の死因について、陳公哲が述べていることは信用できる。 それから見て分かることは、霍元甲は日本の柔道家を誤って傷つけたため、日本の医師が毒を使って殺したというものではなく、もともと咯血を患っており、その病気が悪化し、病院に運ばれ治療を受けたが、薬石効なく死亡したものである”

毒殺の外因説であれ、病死の内因説であれ、霍元甲に病気があったことは事実である。 病気でなければ薬は必要ない。 薬を飲まなければ毒にあたることはない。 外因説の中では、日本の秋野医師が毒を盛ったという。 霍元甲が病気だから薬を飲む時に小細工をしたというのだ。

2000年、新華ネット天津8月6日特電:霍元甲は病気で死んだという「説」に反論している。 この特電によると、“霍元甲の孫・霍文廷は、先頃、天津市西青区文化局の同志と、日本人が霍元甲を殺害した元凶であることを実証するために、真相を探り調査に乗り出した。 ここ数年、社会に”日本人は霍元甲の良き友達で、霍元甲の病気治療のため少なからず尽力した。 霍元甲は病気にかかり正常に死亡したものだ“と発言する人がいる。 霍氏一族はこれまですっと、彼らの先人・霍元甲が日本人の手によって死んだと考えている。 1980年代、霍元甲の墓を移す時、遺骨を調べたとことろ、遺骨全体が黒色で、毒で死んだということが明らかに証明された。 そのため、日本人を弁護する人に対し、彼らは、一族と民族の感情の上から受け入れがたいとしている。 

去年から、霍元甲の孫、現在天津市西青区小南河村に居住している霍文廷老人は、西青区文化局の同志達と、何度も上海、広東、浙江などの省市の、霍元甲がかつて活躍したことがある武術会館を訪れ、調査研究し、大量の資料を閲覧し、いわゆる霍元甲の日本の友人が、霍元甲殺害の元凶であることを実証しようとしている。 日本人は霍元甲の病気を治し、助けることを名目に、渡りをつけて、漢方薬の中に慢性的に肺が侵される毒薬を入れ、本来治るべき霍元甲を非業の死に追いやったというのだ。

霍元甲

《精武本》是1919为纪念精武会成立十周年而出版的。它的记载也就成下毒的最有力的据。

下毒影响广泛,因此一些根据霍元甲故事改的影作品也普遍采取了法。但是,这种说法也遭到了一些人的疑。他们认为下毒是武侠小、影安排主角之死采用的最普遍的一做法,一个武功高、智慧人、道德高尚的侠客和英雄,如果他非死不可的,他的死一般来说总手卑鄙暗算的果。霍元甲死于日本人的意下毒,这样理是比较经济选择。一方面这样编织剧情比较简单松;另一方面这样安排可以加霍元甲的色彩,英雄是以身殉,霍元甲与日本人仇不是个人的私事,他是国家和民族的大而以身相殉的,就突出了英雄的大,也更容易调动观众的国情和同仇敌忾之心。

然,在持这种观点的人看来,下毒只是文作者空穴来的瞎乱造,而缺乏足史根据,特指出:“1912年,著名武侠小家向(平江不肖生)先后出版《拳》和《近代侠英雄》两部作品。根据传闻,他杜撰出霍元甲之死是被日本医生秋野用毒毒死,以后人讹传讹,事遂被重歪曲。因此,他提出了另一种说法,认为霍元甲之死并非日本人所,而是因病而死。

支持这种说法的根据是,就霍元甲患病及逝世经过,早期精武体育会的实际者之一公哲在《精武会五十年》里曾写以下文字:“霍先生原患有咯血病,自寓所深居时发时愈。日人有仁丹物者,到旅邸,出示霍,之可愈咯血而治肺病。霍先生信之,服之后,病。霍先生得病之由,少年之,曾气功,气横,遂肺部,因曾咯血,面色蜡黄,故有黄面虎之称。自迁之王家宅后,霍先生病,由众人送入新路中国十字会医院医治两星期,即行病逝。众人办殓,移厝于河北会。越一年运柩北返。

然,根据公哲的回,霍元甲原来就患有咯血病,常会作,日本人卖药给霍元甲,是可以医治咯血、治愈肺病,霍元甲相信了,来服下之后,病情反而重了起来。公哲说这话时没有是非判断,然他肯定了霍元甲服日本人之病情加重的事,却没有是日本人下毒,而是推霍元甲用不当。公哲的后面,直接点出了霍元甲生病的原因,是霍元甲少年之,曾气功,气横,遂肺部,因而致咯血,面色蜡黄。因此,持病死者不同意下毒,而向于认为霍元甲是死于自己气功不得法而致的病症。

于下毒的外因这种霍元甲死于自身病症的法也可以称之内因这种说及霍元甲是否气功和是否因气功走火入魔而得病的问题们联想到了武侠小到的气功念。

持病死者最后总结说:“公哲是邀霍元甲来起人之一,又是霍元甲与奥匹音商量比武事宜的翻,直至霍病逝。他和霍元甲接触繁,友。因此,于霍元甲的死因,公哲所述应该是可信的。由此可,霍元甲不是因为误伤日本柔道家而被日本医生用毒死,而是因原患咯血症转剧送医院医治无效而死。

是下毒的外因说还是病死的内因,霍元甲有病都是一个事,因没有病就不需吃,不吃就不会中毒。在外因里面,日本医生秋野要下毒,也是趁霍元甲有病要吃的机会做的小作。

2000年,新网天津86发过则专电霍元甲是因病而死一说给予反这则专电指出:霍元甲之霍文廷,日前与天津市西青区文化局有同志,经过查细访步证实日本人是害霍元甲的元凶。近几年来,社会上有人提出日本人是霍元甲的好朋友,曾霍元甲治病出了不少力。霍元甲是因生病正常死亡的。霍氏家族来就知道他的先霍元甲是死于日本人之手,在上世80年代霍元甲迁坟时查验过遗骨,发现遗骨全部黑色,明确实为中毒死亡,因此于有人日本人脱,他从家族和民族感情上都以接受。从去年始,霍元甲之居住在天津市西青区小南河村的霍文廷老人,会同西青区文化局的同志,多次到上海、广、浙江等省市霍元甲曾动过的武林会,走访调研,并翻了大量料,证实霍元甲的日本朋友,正是害霍元甲的元凶。日本人以帮助霍元甲治病名,关节,在中中投放慢性,使本来可以治好病的霍元甲死于非命。” (本文来源: )

|

« 1247 中国の三面記事を読む(533) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (上) | Main | 1249 中国は見る(586) 「常用漢字」 191字追加  全部で2131字となる »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1247 中国の三面記事を読む(533) 霍元甲が日本人に毒殺されたという話は作り話? (上) | Main | 1249 中国は見る(586) 「常用漢字」 191字追加  全部で2131字となる »