« 1093 中国の三面記事を読む(457) 北京オリンピック閉幕(5) 外交部:オリンピックの成功は 中国の世界での地位の変更を意味するものではない | Main | 1095 中国の三面記事を読む(459) 「シンクロの母」井村雅代に感謝(上) 中国コーチに就任 “国賊”のレッテルを貼られる »

1094中国の三面記事を読む(458) 北京オリンピック閉幕(6) 日本のシンクロ 中国に追い抜かれる

日本チーム 深く反省 再起を期す

2008-08-24 11:27:06 花游被中国超越 日本深沉反省谋东山再起

来源: 网易体育  作者:陈泽远  网友评论 19  论坛

網易体育8月24日報道:日本のシンクロ 中国に追い抜かれる

Photo 昨日(23日)午後、北京オリンピック シンクロナイズド・スイミング・チームの決勝が行われ、中国チームは見事な演技で銅メダルを獲得し、歴史を塗り替えた。 一方、アジアで伝統的な強国日本チームはインパクトに欠け、5位となりメダルを逸した。

Nihon 日本チームが演技を終えた後、チームの2人のコーチがイライラした様子でスコアボードを見ながら、また心配顔を見せていた。 というのはチームの小林寛美選手が過呼吸の症状を起こしプールで倒Photo れ、ほかのシンクロ選手に助けられたからだ。 この混乱の最中、日本チームの成績が発表された。 総点数96.334、中国チームを抜くことができなかった。 しかも後から出場したスペインとロシアの演技がよく1,2位となり、銅メダルは中国に持っていかれたため、日本は最終的にメダルに手が届かなかった。 また日本チームは演技の途中で、選手の足がプールのそこに触れたことがわかり、1点減点され、最終順位は5位となり、歴史上最低となった。

鈴木絵美子と原田早穂の二人組が、これより前にデュエットで銅メダルを取り、1984年ロサンゼルスでシンクロが正式種目に採用されて以来、日本チームは毎回オリンピックでメダルを取る目標を実現していた。 しかし、伝統的に強かったチーム種目で日本は栄光を守ることができず、中国チームを輝かしい銅メダルの表彰台に立たせてしまった。 

日本チームの金子正子チームリーダーは、“演技の後半部分バテてしまった。 私があせっていたからかもしれない。 見せ場も平凡で、全体的に切れが悪かった”

実際、日本チームが一番得意とした同調性と技術性を観客に印象づけることができなかった。 鈴木絵美子は、“ほかの国が一歩も二歩も先だった。 ちょっと力不足でした” 原田早穂は反省して、“先輩達がメダルを取り続けていたのを止めてしまい申し訳ない気持ちです”

日本チームは 芸術性を追いすぎ?

ロシアなどの強豪に比べて、日本チームは身体と柔軟性が弱い。 彼女達が世界の強豪に打ち勝つには、頼るべきものは技術性、同調性と動作の完成度である。 しかし、一般的にシンクロは芸術性の追求がテーマとなっている。 日本チームは、2007年の世界選手権大会では、ソロを除いて、ほかの種目は全部のメダルを取った。 しかし今回北京オリンピック出場前から、日本には危機意識があった。 というのは世界一のロシアのほか、芸術性と技術性共に圧倒的優勢を誇るスペイン勢とますます急速な台頭を見せる中国チームがいるからだ。

競技へ向けた一大戦略として、日本チームはルーティン競技の曲を有名な作曲家岩代太郎のオリジナル作品を採用し、コンテンポラリーダンサー、振付家の平山素子にフリールーティンの振付を依頼した。

しかし日本チームは芸術性を求めすぎたようだ。 小川真佐代コーチは、“技術難度は以前よりますます高くなった。 しかしまだ全体的に完成までいっていない。 私は演技にアクセントをつけたい。 同調性と完成度は結構高水準までいってると思う、オリンピックではできるだけ芸術性を追求したい”と述べていた。

しかし事実が証明したように、日本の戦略は成功しなかった

日本チームの「捲土重来」は大変むずかしい

北京オリンピックで中国に抜かれ、メダル奪取できなかった日本チームはどうやらまたスタートラインに戻ってきたが、日本チームの選手の大半は、25歳を過ぎている。 チームは跡継ぎがいない状態で、大変な危機にある。

このほかにも、ロシアが抜きんでているが、ほかの各国の選手の身長もみな高い。演技する時、スケールが大きく見える。 これに対し、日本の選手は平均身長が165cmに届かない者ばかりで、青木愛一人が170cmを超えているだけだ。 日本チームは、身長がみな170cmくらいの中国チームとも差をつけられている。 金子正子チームリーダーは、“若い人の選抜試合を行い、その中から、170cmの優秀な選手を選び集中訓練をしたい”と彼女は、選手の身長の高さの重要性を強調した。 金子正子チームリーダーは更に、“現在、まだ差が開かないうちに、急いで再起を図る準備をしなければいけない”とも述べた。

今後、日本のシンクロがどっちの方向へ向かうのか? “シンクロ強国日本”の復活に向けて、これから彼女達の長い苦難の闘いが始まる。

花游被中国超越 日本深沉反省谋东山再起

2008-08-24 11:27:06 来源: 网易体育  作者:陈泽远  网友评论 19  论坛  

网易体育824道:

日本花游被中国超越

昨天下午,北京奥运会游泳目的决如期行,中国出色牌,造了史,而传统劲旅日本平平位列第5,没能牌。


日本花泳深沉反省谋东山再起

在日本完成比表演后,她2位教焦急地望着分牌的同得十分担心,因为队员小林美出呼吸困的症状倒在泳池里,被其他队员着靠近泳池。在一片慌乱中,日本的成出来了,96.334,没能超越中国,而后出西班牙出色定冠亚军,日本没能牌,因为铜牌被中国队领走了。

由于日本在比赛过程中出现队员脚部触及泳池底部的象,被扣去整整1分,所以最的名次是第5位,史新低。

由于美子和原田早稻合在之前的双人牌,所以自1984年洛杉奥运会花游泳被列正式目以来,日本基本实现届奥运均夺奖牌的目。然而,在传统强项中她没能捍自己的誉,而中国队带亮的牌站上领奖台。

日本队领队金子正子的后半部分得有些散乱,也是我心里太焦急的故,最精彩的部分也没表演好,整体不够潇洒。

然,日本最擅的同性和技性均没能给观众留下深刻印象,整体表般。美子其他各国的进步都很快,我感到有点力不从心。原田早稻反省着辈们一直都能牌,到了我们这里就停止了,感不起她

日本队过分追求艺术性?

与俄斯等强队相比,日本在身体和柔性方面于劣,而她之所以能鼎世界强队之列,靠的就是技性、同性和作的完成度。然而,一般认为游泳里艺术层面的追求才是主。日本2007年的世界锦标赛得了除外的其他目的全部牌,然而,参加此次北京奥运会之前他到了危机,因除了世界第一的俄外,有在艺术性和技性均具倒性优势的西班牙,以及蒸蒸日上的中国

赛战略的一大部分,日本在比中采用著名作曲家岩代太郎的原作品,甚至在前就来了具有超想象力的著名舞蹈艺术家平山素子做指

然而,她似乎太追求艺术性了,日本小川真佐代术难度比以前提高了,然而是没能发挥整体功效,我是想让队员们表演得更洒,因在同性和完成度上我达到很高水平,所以在奥运会上应该尽力追求艺术性。

而事实证明,她略没能成功。

日本卷土重来有

在北京奥运会上被中国超越,没能前志在必得的牌,日本似乎又回到起跑线上,目前她们队中的队员有一半是超25的,于青黄不接的状,危机重重。

另外,以俄杰出代表的其他各国的队员身高都很高,表演起来既开阔又大气,而日本队队员的平均身高只有不到165cm,超170cm的只有青木一人。日本队员身高都在170cm左右的中国有了一定的差距。

领队金子正子行少年,从中拔出身高超170cm队员组队强调队员身高的重要性。

金子正子还说完全被人拉,必做好准山再起。

今后,日本花游泳将走向何方呢?了恢游泳国日本誉,她从此刻就苦漫斗。 (本文来源:网易体育 作者:陈泽远)

|

« 1093 中国の三面記事を読む(457) 北京オリンピック閉幕(5) 外交部:オリンピックの成功は 中国の世界での地位の変更を意味するものではない | Main | 1095 中国の三面記事を読む(459) 「シンクロの母」井村雅代に感謝(上) 中国コーチに就任 “国賊”のレッテルを貼られる »

北京オリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1093 中国の三面記事を読む(457) 北京オリンピック閉幕(5) 外交部:オリンピックの成功は 中国の世界での地位の変更を意味するものではない | Main | 1095 中国の三面記事を読む(459) 「シンクロの母」井村雅代に感謝(上) 中国コーチに就任 “国賊”のレッテルを貼られる »