« 1104 中国の三面記事を読む(468) 福原愛の話題(上) 福原愛のちょっといけない中国語 | Main | 1106 中国の三面記事を読む(470) 福原愛の話題(下)愛ちゃん ストーカー被害に遭う »

1105 中国の三面記事を読む(469) 福原愛の話題(中) 福原愛と姚明のスポーツ外交

福原和姚明的体育外交

2008-08-30

16:18:33

スポーツは時には外交となることがあります。 30数年前、卓球が米中の接触の白い手袋となったことがあります。 30数年後、一人の日本の若い娘が、中日民間の架け橋になりました。 福原愛です。 彼女も卓球ができます。

Photo 北京オリンピック開会式で、中日両国の旗手が注目を集めました。 姚明-あだ名は“小巨人”、2m26、205代表団の中で身長が一番高い旗手でした。 福原愛-あだ名は瓷娃娃”(陶器のようにすべすべして可愛らしい)、一番弱弱しい旗手です。 体重わずか50キロ、身長も1m60足らず、7キロもある旗を両手で持ち、柔道の鈴木桂治選手に守られていたとはいえ、転びそうになったりして………。

二人の旗手は間違いなく、それぞれの国家のイメージを象徴している。 一人は大きく、一人は可愛い。 まず福原愛から紹介しよう。

111 中日両国の積年の恨みは深い。 小泉首相が両国関係を谷底に落とし、安倍首相と福田首相が相継いで登場したことにより局面が改善され、トップの相互訪問が頻繁に行われるようになり、“氷を破る旅”から“氷を融かす旅”そして“春暖花開く”など、多くの人が喜んで見つめた場面だったに違いない。 民間レベルでは、福原愛がまさに丁度いい時期に現れたことも特別な意味がある。 中国人が得9 意とする卓球をやり、中国卓球スーパーリーグにも出場した。 中国料理が好きで、中国武術、雑技もよく見る、河南、天津、東北などの方言も出来、とても可愛く童顔である………福原愛には、中国人好みのすべてが揃っているといっても過言ではない。

25 中国には、“一を知って十を知る”という言葉がある。 福原愛というこの普通の日本のスポーツ選手の視線で、中国を見ることは、日本人が中国を理解するのに役立つばかりか、この視線を通じて中国23 のプラスの評価も見えてくるし、中国人の日本人、または日本人への見方を変えることにも役立つ。 “中国での福原愛”は、両国の交流を促進し、交流を深めることに役立っている。 これは両国政府と民衆が望んでいるものである。 日本が福原愛を北10 京オリンピック開会式で旗手にしたのも、中国に対し、日本はこんなに可愛いんですと、中国の歓心を得る計算があったことは否定できない。

福原愛が、中日外交で行った驚異的な力は、80年14 代の日本の映画、マンガに匹敵するものだ。 今、多くの中国人が福原愛を好きなことが、日本という国の理解と意識を変えるというか改善に役立っているというのもあながち誇張ではない。 ネットでは自発的に福原のウエブサイトを作ったり、沢山26 の“愛ちゃんファンクラブ”が作られています。 また“福原愛はとても可愛い! このきれいな顔を触ってみたい”なんて書き込みもありました。 日本敵視を標榜しているネットの人も率直に、“福原愛は私の嫌いでない唯一の日本人だ”と言っています。

24 今、日本が世界に見せたいものは、戦後の平和発展した新生日本の大国のイメージであり、これを中国に見てもらいたい願望が強い。 いろんな要素を総合すると、福原愛は日中の“マスコット”として最適だ。 しかし時代を深く掘り進んでいくと、そこには残念な面も見えてくる。 50年代の日本は卓球強国だった。 60年代、中国に抜かれ取って代わられた。 福原愛の出現は、日本卓球の再生の希望とも言える。

12 中国メディアに対して誠実に答える、福原愛は自信なさそうに、“中国は沢山世界チャンピオンがいますし、彼女達に負けるのは当然です。 私はレベルが低いですから”、“私は振華コーチが恐いです”、“王楠と組むと緊張します” 確かに福原愛7 のレベルは、まだ張寧など中国のトップ選手を倒すことが出来ないかもしれないが、ちょっと前の小泉首相の靖国神社参拝や右翼勢力のずうずうしい慰安婦否定、中国人非難の行為に比べると、福原愛は力の弱いことを認め、頭を下げるし、自信のなさを見せたり、卑下したりする。 中国人としては、何か心がいやされる感じがする。

6 福原愛の話の次は、姚明について話しをしましょう。 姚明の背の高さは、中国の飛躍と国家の高さを示している。 また彼は、謙虚であり、やさしく、近づきやすく、また弁も立つ。 数年前の“平和決起”、最近の“平和発展”、イメージ広告としていいのは彼しかいません。 なんというか、姚明は可愛いパンダのようです。 身体はでかいが、無毒無害、それに性格もおとなしいので、安心できます。

2 一点攻撃が好きで、ほかを省みない“中国脅威論者”は、姚明を途方もなく強大なものとみなし、脅威そのもの、まるで飛躍している中国のように見ています。 しかし多くの西洋人は、彼を平和中国のシンボルと見ています。 だから姚明は、中国の対米(西側)輸出の最大の文化ブランドなのです。

“英語”が出来、アメリカ式ユーモアがわかり、ア5 メリカとの関係処理にも優れ、アメリカ人が一番好きなバスケットをやる、姚明は間違いなく、アメリカ主導の国際秩序に溶け込んだ代表的なシンボルです。 これは姚明本人にとっては、たぶん無意識なものだったでしょう。 アメリカのメディアの中には姚明の足が遅いとか、試合中の態度がちょっと良くない、覇気が足りないという人がいます。 

自信、開放的、豪胆な代表としては劉がすが、中3 庸、伝統、奥床しさと言ったら姚明です。 彼こそ中国を代表するイメージを表すことが出来ます。 まるでパンダのようにおとなしく可愛いです。

歴史と現実は往々にしてこのように設計されることがある。 政治外の人物などが政治に絡むことである。 正に“中国の高さ”の代表・姚明、“中国のスピード”の劉、そして小柄で愛らしい福原愛がそうだ。 彼等のスポーツの旅は、外交と政治を塗4 り替えるように定められており、日中関係改善と中国と西洋の相互理解促進のため積極的効果を果たしている。

もしいつの日か、福原愛が世界大会で張寧に勝ち、もし姚明がNBAの最優秀選手に選ばれたら、私達は福原愛に対し“中国の負け”で以って怒ったり悔しがったりしないし、姚明に対しても“中国の勝利”で以ってにぎやかに祝ったりしない。 だから、あの福原愛と姚明には歴史的使命を果たしてほしい。 二人のスポーツ生命は今ピークにあるのだから。 その日が早く来るよう期待している。

  【原创杂谈】福原和姚明的体育外交

1 2008-08-30 16:18:33

  体育在某程度上,可以成外交。30多年前,乒乓球成了中美接触的白手套,30多年后,一个日本小姑娘,也成联络中日民间关系的梁,她是福原,也会打乒乓球。

  北京奥运会幕式上,中日两国的旗手尤其引人注目,姚明——小巨人,两米二六,205个代表中身高最高的旗手;福原——瓷娃娃,最柔弱的旗手,体重仅仅50公斤,身高不足一米六,扛着7公斤重的旗使柔道木桂治在旁保,也差点摔倒……

  两个旗手,毋庸置疑,代表的是各自国家的形象。一个高大,一个可。先从福原爱说起。

  中日两国深,小泉又把两国系推向谷底,随着安倍和福田先后上台,局面得以改善,高层频繁互动间,从破冰融冰,再到春暖花,无疑是很多人到的面。民间层次上,福原的适,更具有特殊的意:打中国人最擅乒乓球,在中国乒乓球超级联赛打球,喜中国菜看中国武技,会河南、天津、北等地的方言,无比可的娃娃……几乎所有能好中国人的要素,都在福原身上得到充分体

  中国人有句成管中,通福原爱这么一个普通日本运动员角来解中国,不利于日本人更多地了解中国,也能通过这种视角中所透露的了解、参与及中国的正面价,促中国人改变对日本人乃至日本的看法。通福原在中国两方增交流和加深交流都有助益,是中日两国政府和民众所愿意看到的。尽管不可否,日本安排福原在北京奥运会幕式上担任旗手,有好中国的算,但也是中国的一个宣示:我日本,是可的。

  一个福原,在中日外交中所生的惊人能量,足以和80年代的日本影和日本漫画相比。可以毫不夸在不少国人因为对于福原的喜,改或至少改善了日本整个国家的理解和感受。有网民自发创建了福原爱贴吧,建了很多粉群,甚至有网友留言:福原太可了!真想捏一捏个漂亮的某些榜仇日本的网友也坦言:福原是我不讨厌的第一个日本人

  如今日本想展示世界的,是一个后和平展的新大国形象,而中国看的愿望,是最迫切的。合各因素,福原就成了最好的中日吉祥物。但从深次挖掘,其中倒透露出些无奈:50年代的日本是乒乓国,60年代被中国超越和取代。福原的出,就能成了日本乒乓球重新崛起的希望。

  但面中国媒体,坦的福原又有些不自信:中国出了很多世界冠输给应该的,我水平低我害怕蔡振和王楠搭档,我很紧张然,福原的水平无法撼动张怡宁等中国手,但和前些年小泉参拜靖国神社,及日右翼力死皮赖脸地否慰安等中国人痛斥的行径相比,福原小、低、不自信甚至自卑,国人在潜意中得到了某精神慰藉。   

  完了福原,再说说姚明。姚明的高大,昭示中国的崛起和国家高度。但同他又是谦逊的,和的,易接近的,能会道的。前几年的和平崛起,最近的和平,最好的形象广告,非他莫属。某程度上,姚明就像笨笨的可熊猫,然身躯大,但无毒无害,且性格温放心吧。

  喜攻其一点、不及其余的某些中国威胁论者,可能把姚明看做是一个然大物,充着威,恰似崛起中的中国;但更多的西方人,把他看作是和平中国的象征和符号。所以姚明是中国美(西方)出口的最大文化品牌。

  会美国,懂美式幽默,善于理与美国的系,打美国人最喜球,姚明无疑是融入以美国的国秩序的一个最具代表性的符号,尽管这对姚明本人来,可能是无意的。尽管美国有媒体认为姚明慢、球,缺少霸气。但自信、放、豪的中国可由刘翔来代表,而中庸、传统、更内的姚明,才能代表中国最希望展示世人的政治形象,恰似熊猫的温。一静一、一弛一,完美互,相得益彰。

  史和现实往往如此设计,要予某些政治外的人和事特定的政治内涵,正如分代表中国高度的姚明和中国速度的刘翔,正如小可的福原。他的体育之旅,注定要抹上外交和政治意味,于促中日系的改善和中西方的相互了解,都具有不可抵的的极效果。

  如果有一天,福原在世界大战胜怡宁,如果姚明拿到了NBA,而我不会以中国的失看待前者而捶胸足,也不会也中国的看待后者而彩,那福原和姚明就完成他所需要完成的政治和史使命了,尽管他的运生命正值巅峰。期待着一天的早日到来

|

« 1104 中国の三面記事を読む(468) 福原愛の話題(上) 福原愛のちょっといけない中国語 | Main | 1106 中国の三面記事を読む(470) 福原愛の話題(下)愛ちゃん ストーカー被害に遭う »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1104 中国の三面記事を読む(468) 福原愛の話題(上) 福原愛のちょっといけない中国語 | Main | 1106 中国の三面記事を読む(470) 福原愛の話題(下)愛ちゃん ストーカー被害に遭う »