« 1021 ブログ再開(北京あちこち飛びある記) | Main | 1023中国は見る(492)岩手・宮城内陸地震 »

1022 ブログ再開2(日光 千手ヶ浜、戦場ヶ原、華厳の滝、湯ノ湖を行く)

毎年、5-6月頃、昔の会社仲間と2泊の旅行に行くのが恒例となっている。 今回も7人(男4人、女3人)で1台の車で日光に出かけた。

初日(11日)、途中沼田の近くの「道の駅:白沢」のお風呂がいいと言うので寄ってみた。 550円の入浴料は安い。 露天風呂がいい。 眺めのいい食堂での食事もまあまだった。 その日は、日光東照宮の傍の別荘に男達が泊まり、女性は近くのホテルに泊まった。001 002 003 004 012 013

翌日はあいにくの雨、朝6時半起きし7時に女性達を迎えにいき、いろは坂経由赤沼に向かう。 赤沼からハイブリッドバスに乗り換え、千手ヶ浜に向かった。 千手ヶ浜には「クリンソウ」が今を盛りと咲き誇っているという。 それを見に行くのだ。 しかし今年は咲いてはいるが、ちょっと淋しい感じがした。 しばらく見物した後、バスで赤沼に戻る。016 017 018 019 020 021

雨は小降りになったがなお降り続いている。 合羽をかぶり戦場ヶ原を歩いて見ることにした。 湯滝まで遊歩道が続いている。 約4.5キロのコース。 みんなでぶらぶら歩き始めた。 途中「ズミ」の白い花があちこちで満開できれいだった。 022 私ともう一人(男)が先頭になって歩いていたが、後続はのんびり歩きでなかなか付いてこない。 携帯で連絡を取ろうとするが、うまく電波が届かない。 私達は先に湯滝に向かうことにした。 湯滝に到着した。 12時半頃だった。 食堂でコーヒーやビールを飲んで、今に来るだろうと待っていた。 1時過ぎても来ない。 昼飯はみんなが来てから一緒に食べようと我慢した。 携帯はまったく通じない。 2時を回ってしまった。 友人の携帯に偶然電波が届き、後続部隊は湯滝には来ず、三本松にいるという。 ただすぐきれてしまった。 なんたることと怒ってもしかたない。 昼ごはんを早々に済まし、バス停に向かう。 三本松に向かおうとした。 携帯がまた通じ車で迎えに来てくれるという。 やっと一安心。 みんなとやっと合流し帰路に着く。027 030 034  途中華厳の滝に寄る。 展望台から華厳の滝を見る。 雨に煙っていたがやはりいい滝である。 いろは坂を降りての帰り道、「やしおの湯」に入るのもいつものコースなのだが、あいにくこの日は木曜日で休みだった。 女性の泊まっているホテルに交渉するとただで入れてくれるという。 もっとも夕食はそこですることにしていたからOKしてくれたのかもしれない。 小さいが露天風呂もあり、ゆったりとした気分になれた。 みんなで話をしながら食事した。 その後ロビーであれこれ話題が尽きなかった。 最近の秋葉原事件の犯人の孤独で人との語らいもないことにも話が及んだ。036  

翌日は、打って変っていい天気だった。 湯の湖に行こうということになり、またいろは坂を上がった。 途中「竜頭の滝」に寄ってみた。 新緑の滝である。 ここは紅葉もよし、新緑もよしだ。 その後、高徳牧場に行った。043 044 049 046  久しぶりに牧場を覗いて見ることにした。 牛に馬がのんびりしている。 最後は湯の湖に行った。 こ053 こもお馴染みの場所である。 もう何回来たことか。 湖畔のレストハウスでコーヒーを飲みのんびりしたあと帰ることにした。 いつも帰りは神橋の傍でうまいハンバーグを食べることにしていたのだが、今回寄ってみると閉まっていた。 休業してし054 まったようだ。 

今回の旅行は、天候がいまいちだったが、とにかく久しぶりにみんなと話をすることが、一番の楽しみであることがよくわかった。055 056

|

« 1021 ブログ再開(北京あちこち飛びある記) | Main | 1023中国は見る(492)岩手・宮城内陸地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1021 ブログ再開(北京あちこち飛びある記) | Main | 1023中国は見る(492)岩手・宮城内陸地震 »