« 996中国の三面記事を読む(383)胡錦濤主席訪日④早稲田大学で卓球披露 | Main | 998中国の三面記事を読む(385)郭晶晶 またまたお騒がせ 今度は「妊娠の噂」と「熱愛メールの内容流出」 »

997中国の三面記事を読む(384)胡錦濤主席訪日⑤ 横浜山手中華学校の授業参観

Photo

2008-05-08 11:23:30 胡涛参日本横山手中学校

来源: 中国新(北京) 网友评论 159  击查

Photo_2 中新社横浜5月9日電:横浜山手中華学校の全校教師・生徒にとって、今日は特別うれしい日だった。 朝早く子供たちは、あまり広くない校庭をきれいに掃除していた。 “拳拳たる僑子の心、濃濃として国情に報う”(厚い報国の思い)“中国語をよく学ぼう”“中国文化を発揚しよう”といった赤い横書きの紙が貼られ、学校は祝日のような雰囲気がただよっていた。

Photo_5 午後三時頃、胡錦濤主席が同校に、海外の中国語教育の情況視察に訪れた。 胡主席が、三階の小三の教室に足を踏み入れた時、子供たちから大きな拍手が起こり、いつもテレビで見ているおじいさん(爺爺)を歓迎した。

窗前明月光,疑是地上霜。举头望明月,低思故 教師の指導の下、子供たちは大きな声でこの古詩を朗読した。 “よく読めました!” 胡主席が、まっさきに拍手をした。 “みんな、私が問題を出します、いいですか?”“今、君達が読んPhoto_3 だ「静夜思」は、誰が作ったか知っていますか?”“李白は、何時代の詩人でしょう?”“李白のこの詩は、どういう気持を表現しているでしょう?” 胡主席の一連の質問は、子供たちの興味をかき立て、彼らは我先に手を挙げた。 一つの問題の回答が終わるごとに、胡主席は、みんなに大きな拍手をするよう求めた。 胡主席は、“李白は大詩人です。 彼は故郷を離れ各地を放浪しました。 日数がだいぶ長くなってしまい、お父さん、お母さんそして友達、故郷のことを思い浮かべました。 この詩は、詩人が故郷を思う気持を詠んだものです”

子供たちは、このやさしいおじいさんに好奇心いっぱいです。 Photo_4 クラス主任の張延華先生がみんなに、胡おじいさんに訊いてみたいことがあるかと言った時、小さい手が一斉に挙がった。 一番前の女の子・何翁琳琳ちゃんが最初の質問をした。 “北京オリンピックの五つの福娃(マスコット)の中で、私は歓歓(huanhuan:ホアンホアン)と妮妮(nini:ニーニー)が好きです。 あなたはどれが好きですか?” 琳琳ちゃんの質問にドッと笑い声が起きました。 胡主席は笑いながら、“五つの福娃、みんな好きですよ” 胡主席の答が、符祥君の興味を引きだした。 “私は国家主席になりたいと思います。 どうしたら国家主席になれますか?” 明るい笑い声の中、胡主席は言葉を選びながら“君が大きくなってから何をするにせよ、小さい時は、しっかり勉強し、自分のよい人格を作り、健康な身体を作ることです。 そうしたら将来、何をするにしても必ず成功します”

胡主席に質問するチャンスがなかった李暁媛さんは、後でしきりに残念がっていた。 しかし彼女はとても喜んでいた。 というのは、胡おじいちゃんは沢山の連環画や故事物語を持ってきてくれたからだ。 “今日のこの特別授業のこと、私、絶対に忘れることできません” 女の子は大きな声で記者に話した。

中国新聞ネット5月8日報道:《山手中華学校事前取材内容》

“前回のリハーサルの時は、みんなぴったり寄りすぎていたから、今度は、もっとゆったりと広がって” 記者が中華学校にやってきた時、校庭の壇の上から先生が中国語で、歓迎式の整列の指導をしていた。 よく見ると、11学年の生徒が、低いのから高い順に4列に並んでいた。

潘民生先生が記者に話してくれたところによると、胡主席が学校に来たら歓迎式典が行われる。 校長の挨拶の後、胡主席がみんなに言葉をかけられ、その後すぐ授業参観することになる。

2階の廊下には、生徒達が五輪のポスターを貼っていた。 記者が近寄ってみると、五輪のポスターには、生徒達の沢山の“書き込み”があった。 “中国ガンバレ、北京ガンバレ”とか、中には“中国女子バレーがんばれ、日本野球がんばれ”なんていう面白いものもあった。

3階に貼られていたものは、子供達が描いた孫悟空の絵だった。 いろんな姿の“孫悟空”があった。 しかしどれも中国伝統の水墨画法で、胡主席が見たら面白いと思えるものだった。

胡主席に朗読するため 唐詩は三種類用意

胡主席は生徒の中国語授業の情況を知りたいのではないかと思っています。 そこで10分くらいの聴講時間を設定しました。 小学三年生のクラスの中国語の水準は一定の基礎があります。 小学三年は一クラスだけです。 ですから、このクラス36名を胡主席と身近に会わせることにしました” 先生はこう語った。

“中国語の主な内容は、「――以前、――以後」の句型を勉強することでした。 でも、胡主席はたぶんそこで生徒達に中国語の学習情況を質問するでしょう。 胡主席が生徒達の中国語の情況を理解できるために、唐詩を三種類用意し、胡主席に朗読してお聞かせすることにしました。 李白の「静夜思」は格好だと思いました。 胡主席はきっと喜ばれると思います” 先生は笑いながら話した。

先生は早速記者を三階の小学三年生の教室のそばへ案内してくれた。 生徒達は静かに授業を受けていた。 教室の外には、五輪のポスターといろいろな福娃が貼られていた。 これも胡主席の参観のため用意したものだろうか? 先生は笑いながら手を振って、“これは前から貼られていたものです。 生徒達には中国の大きな出来事、たとえばオリンピックを理解してもらうためで、今回の訪問のために用意したものではありません”

中国語を学び 将来関連の仕事がしたい

中華学校の取材中 中国に戻ったような感じがした どこからも中国語が聞こえてくるからだ

“胡主席が来られて本当にうれしい” 中二の小田倉君は大掃除の合間に流暢な中国語で記者の取材に答えた。 小田倉君は記者に対し、“もし胡主席に直接お会いできるチャンスがあったら「祝您访日成功」と申し上げたい”と語った。 小田倉君は、自身・日本人であるが両親が彼を中華学校で勉強させたいと願った。 “私と中国のクラスメートとはうまくいっています。 今は私も、中国語を勉強することは将来の仕事に大変役立つと思っています。 日中関係の仕事がやりたいです” “私はまだ中国に行ったことがありません。 ずっと行きたいと思っていました” 13歳の小田倉君が記者に話したところによると、中華学校の慣例では、卒業旅行は中国で交流するチャンスがあるという。 学校側は、中国語を勉強する中日両国の生徒達が、10日間の旅行を通じて、中国語を練習し、中国の歴史と社会の現状を理解してほしいと思っているようだ。

百年の歴史のある中華学校 生徒の1割が日本人

先生が説明してくれたところでは、横浜山手中華学校は、1898年、孫中山先生の提唱により、康有為、梁啓超などの支援の下、横浜華僑が資金を出して設立したものだという。 その前身、大同学校は世界で最初の近代的華僑学校で、横浜中華公立学校、横浜中華学校と変遷した後、1957年、横浜山手中華学校と改められた。 今年で110年の歴史を迎える。

学校は校庭と校舎がある。 校舎は42年の歴史があるもので、壁はだいぶまだらになっている。 幼稚部、小学部、中学部の三つの学部に分かれており、現在教職員は全部で32人。 生徒数は448人。 数日前、30名に教師・生徒達が胡錦濤主席の出迎えに空港へ行った。 去年は、温家宝総理一行を空港に行き出迎えた。

“これら学生達のうち、10%は純粋の日本人です。 60%は日本で生まれた日本籍の中国人、30%が中国人です” 先生が話してくれた。 生徒達の毎月の学費は2万円です。 ほかの日本の私立学校の半分以下です。 ですから学は学校の費用の45%くらいに過ぎず、残りは華人・華僑の資金と寄付に頼っています。

中国語は学校の最大の特色です。 小学部だけでも中国語の課程には、中国語、会話、歴史、地理、書道などがあります。 学年が上になる程、中国語の教科内容は多くなります。 胡錦濤主席が、今回、横浜山手中華学校にわざわざお出でいただいたことは、中国語教育が海外で成果を挙げていることを認めていただいたことだと思います。

涛参日本横山手中学校

2008-05-08 11:23:30 来源: 中国新(北京) 网友评论 159  击查

生来,今天是个特殊的喜日子。一大早,孩子就将并不大的操得干干净净拳拳子心,浓浓报国情学好中文,弘文化色横幅,使校园里弥漫着浓浓日气氛。

下午三时许,中国国家主席胡涛,来到里了解海外文教育的情况。当他入三楼小三班的教室,孩子们兴奋地鼓掌,常在电视里看到的爷爷

窗前明月光,疑是地上霜。举头望明月,低思故在老的提下,孩子高声朗起了古念得好!带头鼓起掌来。

小朋友,我一个问题好不好?”“们刚的《静夜思》,是写的知道”“李白是哪个朝代的人?”“李白写,表达了怎心情?涛的接引起孩子很高的致,他跃举手。

回答完一个问题,胡涛都提大家烈鼓掌。他李白是一个大人,他离了故,云游到外地,时间长了,他想他的爸爸妈妈了,想他的人、他的故正是表达了人思念故的心情……”

孩子们对这位慈祥的爷爷了好奇。当班主任师问大家有没有问题问爷爷时,一双双小手刷刷地了起来。坐在最前面的小姑娘何翁琳琳第一个发问北京奥运会五个福娃中,我最喜欢欢欢和妮妮,您最喜哪一个?琳琳的问题引来一片笑声。胡涛笑着告她:五个福娃我都喜

涛主席的回答引起了符祥瀚小朋友的极大趣:我想当国家主席,怎么样才能当国家主席?在爽朗的笑声中,胡重心不管你大以后想干什,从小都要好好学,培自己良好的品德,锻炼一个健康的体魄,这样将来不管干什你都一定能成功。

没机会向胡发问的李媛事后一脸遗憾。不,她是感到很高,因爷爷带来了好多连环画、故事今天很特,我肯定忘不了,小姑娘大声对记


中国新58 上次彩排站得太密了,松一些。者来到中学校,一位老正站在操的台子上,用中文指同学练欢形。

,学校11个年的学生从低到高依次排成4列。

潘民生告诉记者,胡涛主席一到学校就会有一个式,校之后,胡主席会大家几句,然后就会上楼参

二楼楼道口,者看到,一群学生正在将五环标上。者走近一看,发现之中有很多同学留下的。有张纸条上写着中国加油,北京加油张纸条更有意思,写着中国女排加油,日本棒球加油

而在三楼,被是各个同学画的悟空形象。悟空么样子的都有,但都是用中国传统的水墨画法,估胡主席看到了也会得很有趣。

三首唐诵给胡主席听

胡主席想看看同学上中文的情况,我就特地安排了10左右的旁听时间。小学三年的同学中文水平已有一定的功底,我小学三年只有一个班,所以准备让这个年36名同学与胡主席近距离接触。潘民生告诉记

他透露:堂中文的主要内容是,学"……以前,……以后"的句型。,胡主席也可能会当场询问同学中文的情况。

涛主席同学中文的情况有一个直的了解,他们还特地准了三首唐,打算朗诵给胡主席听。

李白的《静夜思》他得最充分,胡主席听到一定很高潘民生笑着

潘民生随即者走到三楼的小学三年教室旁,学生正在认认真真地听。教室外上也了五环标志和各形象的福娃。也是胡主席参特地准?潘民生笑着摆摆是很早前的,主要是学生们对中国的大事,比如北京奥运加深了解,倒不是专门为这访问的。

习汉语希望日后能做相工作

在中学校里采访,感就像回到了国内,到都能听到中文。

涛主席来,我很高初二学生小田在大除的隙,用流利汉语接受了者的采访。他告诉记者,如果能有机会跟胡主席面面交流,他希望祝您访日成功

小田仓说,自己是日本人,但父母是愿意把他送到中学校来读书我和中国同学得很融洽。在我也知道,学汉语对以后找工作也很有好,希望能做与日中有的工作。

没去中国,一直特想去。”13的小田诉记者,按照中学校的例,毕业旅行可能有机会去中国交流。校方希望些学中文的中日两国学生,可以通10天的旅行,练习中文、了解中国史与社会

百年史中学校:10%学生是日本人

潘民生告诉记者,横山手中学校建于1898年,由中山先生倡,并在康有、梁启超等扶持下,由横滨华侨兴资建立。其前身大同学校是世界上第一所近代华侨学校,经历了横公立学校、横学校,1957年正式命名山手中学校,到今年已有110史。

学校就一个操和一个教学楼,教学楼有42史了,壁斑。全校共有幼稚部、小学部和中学部三个学部,在共有教职员32人,学生448人。就在几天前,30生特地到机迎胡涛主席一行;而在去年,他也曾到机场欢温家宝理一行。

些学生中,10%是土生土的日本人,60%裔后代,30%是中国人。潘民生,学生月的收费为2万日元,比其他日本私立学校低一半以上。所以,收上来的学只占学校各项开支的45%,剩下的都需要华侨财产和捐助。

中文是整个学校最大的特色。仅仅在小学部,他们开设的中文系程就有汉语说话史、地理、法等。而年越高,加入的中文教学内容就越多。潘民生表示,胡涛主席程到横山手中学校来,大概是了表示中文教育在海外取得的成果的一肯定。 (来源:解放网-) (本文来源:中国新 作者: 朱沿 )

|

« 996中国の三面記事を読む(383)胡錦濤主席訪日④早稲田大学で卓球披露 | Main | 998中国の三面記事を読む(385)郭晶晶 またまたお騒がせ 今度は「妊娠の噂」と「熱愛メールの内容流出」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 996中国の三面記事を読む(383)胡錦濤主席訪日④早稲田大学で卓球披露 | Main | 998中国の三面記事を読む(385)郭晶晶 またまたお騒がせ 今度は「妊娠の噂」と「熱愛メールの内容流出」 »