« 1010中国の三面記事を読む(397)中国・四川大地震⑩重要文化財の被災について(下) | Main | 1012中国の三面記事を読む(399)中国・四川大地震⑪25日時点の災害情報とチャン・ツーイの支援活動 »

1011中国の三面記事を読む(398)寺、廟、観、庵の違い

寺、、庵有什

2006-1-27

14:54

旅行でよく寺、廟、祠、観、庵などの建築物を見ることでしょう。 でもこれらの建物をひっくるめて宗教の建物というのは間違いです。 またことわざに《跑得了和尚跑不了廟》(坊主は逃げられるが廟は逃げられない。人は逃走できるが事件はうやむやには出来ない)という言い方がありますが、これも実は間違っています。 和尚さんは、廟にすむことはありません。 では、寺、廟、祠、観、庵には、どんな違いがあるのでしょう?

寺は《説文》の中で、“廷なり”とあり、宮廷の護衛を指していました。 それから護衛の役所を寺といった。 たとえば“大理寺”“太常寺”などである。 大理寺は中央の裁判機関で、太常寺は、天子の祖先の儀礼を主管する部門だった。 前漢で“三公九卿”制(行政機構)を作った。 三公の役所を“府”と言い、九卿の役所を“寺”と言った。 いわゆる“三府九寺”である。 漢代には九卿に“鴻臚卿”というのがあり、皇帝の命令を布告したり、客の接待をしたりした。 その役所が“鴻臚寺”である。 これは大体後の儀典局に相当するものだ。 伝えられるところでは、後漢明帝の時、天竺(インド)の僧が白馬に経を載せてやって来た時、最初洛陽の“鴻臚寺”に泊まったという。 後、“鴻臚寺”を建て直した時、“白馬寺”と名前を改めた。 それから寺は、僧が住む所の通称となった。 梵語(サンスクリット語)では“寺”は、ソンガランモといい、意味は“僧達が住む場所”である。 隋唐以降、寺は役所としての役割は少なくなり、次第に中国仏教建築の専用名詞となっていった。

廟、古代もともとは祖先を祭る場所だった。 その頃、廟の規模については厳格な等級制限があった。 《礼記》の中には、“天子七廟、卿五廟、大夫三廟、士一廟”とある。 “太廟”は皇帝の祖先を祭る廟のことで、他は官爵にある人が制度に基づき“家廟”を作った。 漢代以降、廟は次第に、原始的な社《土地神》と混同されるようになり、冥府がこの世を支配し、見守る社に変わっていった。 “人は死ぬと亡霊となる”廟は死者の霊を祭る場所となった。 それからまた文人、武人を敬愛し祭るようにもなった。 たとえば文廟――孔子廟、武廟――関帝廟などがある。

祠は、偉人、名士を記念して建てた社(記念堂に相当する)。 これは、

廟とちょっと似ている。 一族の子孫が祖先を祭る場所を“祠堂”という。 祠堂が一番早く出来たのは漢代で、《漢書:循吏伝》の記載によれば、“文翁、蜀で死す。 役人が祠堂を建てた。 そして時宜(誕生日と命日を指す)に応じて祭礼を欠かさず執り行った”  後漢末、社会に祠を建て、一族の家柄を高めようとする風潮が盛んになった。 甚だしいのになると、生きている内に、自分のため“生祠”(死後を待たず作る社)を作るものまで現われた。 これ以降、祠堂が次第に増えていった。

観は、《釈名》に、“観は、上から見ることを言う”とある。 観は、古代の天文学者が、星の位置・明暗・運行など観察する“天文観察台”のことだった。 歴史書によれば、漢の武帝が甘泉に“延寿観”を作ったとあり、以降、“観”を建て、世俗を離れて暮らすことが盛んになって一つの流行となった。 一番早く宮廷の“観”に入った道士は、漢朝の汪仲都だった。 彼は漢の元帝の頑固な病気を治したので、宮廷内の“昆明観”に入ることが出来た。 これ以降、道教徒は皇帝に感謝し、道教の建物を“観”と称するようになった。

庵、昔は草葺の粗末な家のことだった。 いわゆる“草を編んで庵となす”である。 昔の文人の書斎も“庵”と言った。 たとえば、“老学庵”、“影梅庵”などである。 漢以降、尼さんが住む専用の尼寺(庵堂)を建てるようになり、“庵”は、仏教の出家女性専用の建物の名称となった。

寺、、庵有什

2006-1-27

14:54

最佳答案充一个"" 
旅游中,人常常会看到寺、、祠、、庵等建筑。有些人把些建筑物宗教建筑,错误的。又比如俗话讲跑得了和尚跑不了,其实这也是的,和尚并不住在里。那,寺、、祠、、庵有什呢?
 文》云廷也,即指廷的侍,以后寺人的官署亦即称之,如大理寺太常寺等。大理寺是中央的判机,太常寺则为掌管宗的部。西建立三公九卿制,三公的官署称,九卿的官署称之,即所三府九寺代,九卿中有鸿胪卿,掌布达皇命,应对宾客,其官署即鸿胪,大致相当于后来的礼司。相传东汉明帝,天竺僧人以白马驮经东来,最初住在洛阳鸿胪。后来鸿胪寺改建,取名。于是寺就成了僧人住所的通称。梵中,叫僧伽摩,意思是僧众所住的园林。隋唐以后,寺作官署越来越少,而逐中国佛教建筑的用名
 古代本是供祀祖宗的地方。那对庙模有格的等限制。《礼》中天子七,卿五,大夫三,士一”“是帝王的祖,其他凡有官爵的人,也可按制建立代以后,与原始的神社(土地)混在一起,蜕变为阴曹地府控江山河、地望城池之神社。人死曰鬼祭鬼神的所,常用来敕封、追文人武士,如文——孔子,武——
祠是为纪人名士而修建的供舍(相当于念堂)。点与有些相似,因此也常常把同族子祭祀祖先的所叫祠堂。祠堂最早出代,据《汉书·循吏记载文翁于蜀,吏民立祠堂。及(指辰和忌日)祭礼不东汉末,社会上起建祠抬高家族第之,甚至活人也自己修建生祠。由此,祀堂日增多。
 名》云:者,于上望也就是古代天文学家察星象的天文察台。史载汉武帝在甘泉造延寿,以后,建迎仙蔚然成。据,最早住皇家中的道士是朝的汪仲都。他因治好元帝疾而被引内的昆明。从此,道教徒感激皇恩,把道教建筑称之
 是一小草屋,即所。旧文人的书斋亦称,如老学庵影梅庵以后建了一些供佛徒尼姑居住的庵堂,于是也就成了佛教女子出家行佛事的用建筑名称了。

|

« 1010中国の三面記事を読む(397)中国・四川大地震⑩重要文化財の被災について(下) | Main | 1012中国の三面記事を読む(399)中国・四川大地震⑪25日時点の災害情報とチャン・ツーイの支援活動 »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1010中国の三面記事を読む(397)中国・四川大地震⑩重要文化財の被災について(下) | Main | 1012中国の三面記事を読む(399)中国・四川大地震⑪25日時点の災害情報とチャン・ツーイの支援活動 »