« 985中国の三面記事を読む(372)「カルフール騒動」③カルフール不買運動の経緯(上) | Main | 987中国の三面記事を読む(374)中国「カルフール騒動」⑤カルフール・ボイコットに対する論議紹介 »

986中国の三面記事を読む(373)「カルフール騒動」④カルフール不買運動の経緯(下)

Photo

当然、ボイコットを支持しない人もいる CCTVの有名キャスター 白岩松もその一人

“5月1日、私はカルフールには行かない。 しかしボイコットだからではない。 三亜(海南島)の聖火リレーの準備のためだ” 白岩松はネットにこのような記事を書き、“カルフールの従業員の多くは中国人である。 誰かさんの間違いで、自分を罰するのは、お門違いだ。 私達は平静さと度量を広く持って、彼等(聖火リレー妨害者)にも歴史へ参加するチャンスをやったらいいと思う”

カナダのバンクーバーに居留している「第一零售ネット」編集長の丁利国さんは、本紙記者に対し次のように述べた。 “私はこのことを政治問題化してはいけないと思う。 カナダでも過去数年、中国製品ボイコットの呼びかけがありました。 でも賛同する人は多くありませんでした。 消費者も賛成しなかったし、小売商も賛成しませんでした。 というのも中国製品は彼等と密接な利害関係があったからです。 今、殆どの人が食べたり、使っているものはみな中国製品です。 ボイコットしたら、生活コストがたちまち大幅に上がることになります。 カルフールは政治的問題になる会社ではありません。 中国では相当現地化されています。 ボイコットの多くは感情の発散です。 でも感情表現の妥当な方法ではありません。 カルフール中国は従業員から管理職、売っているものまで、基本的に中国人であり、中国の商品です”

商務部と緊急協議

連日の“ボイコット”事件はカルフール中国のトップの強い関心を呼ぶと共に、カルフール全体のトップからも注目された。 于剑さんによると、カルフール中国本部のトップは、この2日ほど中国商務部など政府の主管部門と緊急協議を行った。 また中国国内各支店の内部管理を徹底するよう指示し、特に従業員に対し、“極力自制するよう”求め、“抗議の人達と衝突することのないよう”指示した。 それと同時に、カルフール中国は16日、国内のメディアに対し《声明》を発表した。 声明は、“カルフール・グループは、これまでも、これからも中国の人々の感情を傷つけることはしない”、“カルフール・グループが、個別の違法政治組織を支持しているとのウワサは、まったくのデマで根拠がありません”

しかしカルフールが火消しに躍起になっている頃、メールはますます燃え上がっていた。

16日、カルフールの対抗措置のメールで、“カルフールに勤めている友達”の話が引用された。 カルフールの対抗措置とは、“五一期間中、全国で大キャンペーンを行い、価格を一割引、必ず人が一杯になる”

世情沸騰している最中であり、このメールの刺激は推して知るべしだ。

“このメールは私も受け取りました。 カルフールの管理部門は、こんなことはあり得ない、こんなバカげたことはできない”と言ってました。

于剑さんは語気を強め記者に語った。 “これはまた誰かのイタズラです!”

カルフールは存亡の危機です。 私達は値段を下げるようなやり方で、この危機に対応しようとは考えていません。 価格引下げはなんの効果もありません。 私達は政府関係とマスコミでよい関係を作り、誤解を解いていきたい。 同時に内部の管理を強化し、消費者にいいサービスができるようにしたい”。と于剑さんは述べた。

このほか于剑さんは、数日以内に記者会見を開き、この事件について中国メディアに説明したいと考えていると語った。

カルフールの大株主

現在、フランスのルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー・グループがカルフールの第二の大株主から第一株主になった----ルイ・ヴィトンはダライ・ラマに沢山金を献金している----これはネット上に流れ出た“ボイコット”書き込みの内容だ。 ルイ・ヴィトン献金の話は未だ証明されていない。 公開された資料によると、カルフールの大株主はもともとはハーレー一族だった。 現在はハーレー一族は、同社の20%の議決権を持っており、総株数は13%、ただこの株は一族のメンバーに分けられており、先頃ハーレー一族の一部が株を処分し、第一株主の地位を放棄していた。

そこで、カルフールの第二の株主BlueCapitalが第一株主となった。 BlueCapitalカルフールの10.7%の株と取締役の席を二つ確保している。 BlueCapitalはフランスの個人投資家ベルナール・アルノーBernardArnault)氏と未公開株投資会社コロニー・キャピタルが共同で作ったもの。 ベルナール・アルノー氏はフランス一の金持でルイヴィトンモエヘネシーの会長である。

カルフール・ボイコットを呼びかけているネットの人々は、カルフールが中国で100元儲けるごとに、10.7%の株を持っているベルナール・アルノー氏に10元が入る。 その金をダライ・ラマ・グループに使わせたくないと思っているのだ。

  当然也有不支持抵制的人,包括央知名主持人白岩松。

  “51日我肯定不去家福,然而却不是因抵制,而是要去三亚为圣火到来做准白岩松在网上表的文章里,家福里的工大多是中国人,人的错误惩罚自己,等于太给别人面子,不如用我的平静与大气,(指乱圣火传递的人)一个史的机会吧!

  旅居加拿大温哥的第一零售网总编丁利国报记得不应该把此事政治化,在加拿大去几年也有人号召要抵制中国制造,但响的人并不多,消者不成,零售商也不成,因系到他切身利益。在大多数吃的用的都是中国制造的,抵制了,生活成本就会大幅度上升。

  丁利国,据他了解,家福并不是一家很政治化的公司,它也很当地化,抵制它最多是一泄,但不是一妥当的表达感情的法。福中国从工到管理,到西,基本上都是中国人,中国

  与商部的急沟通

  日来,抵制事件不引起了家福中国区高的高度注,福全球高也非常重

  据于,家部高层这两天已迅速和中国商部等政府主管部门进行了沟通,并要求中国区极做好在各分店的内部管理工作,特是要求要保持高度克制,不要与可能出的抗群众生冲突。

  与此同,家福中国区16向国内媒体出了相的《声明》。声明称,福集从来没有,将来也不会做任何害中国人民感情的事情。”“福集支持个非法政治组织传闻完全是无中生有和没有任何依据的。

  可是,就在家福忙着四救火的候,短信仍然在火上油。

  16日,一条有应对措施的短消息,援引所在家福上班的朋友话说,家福的应对措施是在五一搞全国大促,只要价格低一成,肯定人满为。在情鼎沸之这则短信的刺激力可想而知。

  条信息我也收到了,家福的管理不可能说这种话,不可能愚蠢到这种程度。口气激报记者特澄清,又是有人在搞!

  是家福的一危机,我不会去用降价促销这样的方式去应对这样的危机,降价促方式也不会有什效果。剑说,我主要是与政府部与公众媒体保持良好的沟通,消除会。同内部管理,者做好服

  此外,于们还在策划几天召一次新闻发布会,专门就此事件与中国的媒体沟通。

  福的大股

  目前法国路易威登-莫特由(家福的)第二大股上升第一大股……路易威登曾经给不少……”是在网上广泛播的抵制帖子的内容。

  有路易威登捐款的法迄今未得到证实。根据公开资料,家福的大股原本是哈雷家族,目前哈雷家族公司20%的投票股份13%.些股份分布在多个家族成手中,前不久哈雷家族通取消一份家族合同放弃了第一大股地位。

  于是,家福原第二大股Blue Capital福第一大股Blue Capital有家10.7%的股份以及两个董事会席位。而Blue Capital是由法国投Bernard Arnault与私募股公司Colony Capital共同创办的。Bernard Arnault就是法国首富,亦即路易威登-莫特的当家人。

  号召抵制家福的网友认为,家福在中国每赚100元,占有10.7%股份的Bernard Arnault就可以分到10元,不能他拿中国回去的去支持达 (本文来源:方网 作者:者周益广)

|

« 985中国の三面記事を読む(372)「カルフール騒動」③カルフール不買運動の経緯(上) | Main | 987中国の三面記事を読む(374)中国「カルフール騒動」⑤カルフール・ボイコットに対する論議紹介 »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 985中国の三面記事を読む(372)「カルフール騒動」③カルフール不買運動の経緯(上) | Main | 987中国の三面記事を読む(374)中国「カルフール騒動」⑤カルフール・ボイコットに対する論議紹介 »