« 949中国の三面記事を読む(346)“3・14”ラサ暴動事件の真相(2) | Main | 951中国は見る(488)日本のナンパ中国語教材に 中国ネットで批判の嵐 »

950中国の三面記事を読む(347)外国人記者十数名 26日に 暴動のラサへ取材に入る

2008-03-26 02:40:42 十几名境外者今日赴拉访砸抢烧事件

来源: 中国新(北京) 网友评论 45 击查

Photo 中新ネット3月26日電:中国外交部ウエブサイトの情報によると、3月25日午後、中国外交部・秦剛報道官が定例記者会見で最近ラサで起こった略奪・破壊・暴動事件問題について記者からの質問に答えた。

秦剛報道官:私達は今、外国人記者がラサへ取材できるよう手配しています。 ラサ及びその他の地区で発生した事件に伴い、現地政府が一定の制限を採っていることは、理由があり、合法的なものです。 実際、これら事件が発生した後、一部の外国政府も旅行警告を出しております。我が公民もこれら地区へ行くのは慎重に願いたい。

記者からの質問に答える前に秦剛報道官は、言葉を継いだ。 “中国側がこれら制限措置を採っているのは、一つには外国記者の方々の安全を守るため、もう一つは現地政府が治安を守る必要性があります。 私から皆さんにお願いがあります。 私達はみなさんに取材のチャンスが持てるよう尽力しています。 それと同時に、みなさんも法に従い取材してもらいたい。 法の執行部門に、理解と協力をお願いします”

秦剛報道官は更に、“私達は外国人記者がラサで取材できるよう手配しています。 これは外国メディアのラサ事件に対する関心と報道要請を考慮したものです。 あなた方が、この事件について報道したいという希望については理解しています。 しかし人数が制限されていますので、全部の方にご満足いただくことは出来ません。 ご理解願います。 将来また、みなさんがラサに取材できる機会があると信じております。

記者からの質問:明日(3月26日)、チベット取材に行く記者は、全部で何人ですか? チベットで自由に取材が出来ますか? 次回の取材は、早くていつ頃になりますか? 現在、チベット旅行が制限されていますが、いつ頃、解除されるでしょう? オリンピックまでこの制限が続くのでしょうか? 

これに対して、秦剛報道官は次のように答えた。 “第一の問題は、明日(3月26日)、十数名の記者がラサに取材に出発します。 ラサでは、主催者側が暴徒によって破壊・略奪が行われた場所、当事者数名との面会、事件で怪我された人達などの取材を準備しております。 今回の取材により、メディアがラサ暴動事件の事実・真相について理解をふかめるよう希望します。 同時に関係の記者の方々にお願いしたいことは、ラサはもう平静を取り戻したとはいうものの、まだ一部不法分子が逃亡中です。 ラサ取材の記者の方々の安全は、万全の措置をとってお守りします。 しかし皆さんも、どうかラサにいらっしゃる間は、自分の安全にご注意下さい”

人数問題の質問について、秦剛報道官は次のように答えた。 “人数に制限を設けたのは、受け入れ能力と条件に限りがあったからです。 皆さんが今回の取材に大変興味をお持ちであることは十分承知しております。 でも、中国には700名ほどの外国の記者がおられます。 皆さん全部に取材の準備をすることはできません。 どうかご理解お願いします。 実のところ、メディアの取材準備の過程で、私達は公平性に苦労しました。 取材を手配した経験から申し上げますと、人数制限、条件制限がある情況では、今回はこの記者にはチャンスがあり、別の記者にはチャンスがないということになります。 次回同様の取材がある時は、別の記者がチャンスを掴むことができるでしょう。 チャンスは平等であるべきです。

中新网326 据中国外交部网站消息,325日下午,中国外交部言人秦刚举行例行者会,就近期拉萨发生的打砸抢烧严重暴力犯罪事件等问题

刚说组织外国者赴拉访于在拉及其他地区生的事件,当地政府采取一些限制性措施是合理合法的。事上,在些事件生之后,一些外国政府也了旅行警告,希望本国公民慎重前往些地区。

在回答者提问时,秦刚补,中方采取些限制措施一方面是了保障外国者的安全,另一方面也是当地政府维护治安的需要。我希望大家注意,一方面,我尽力确保大家能享有更多采访机会,同也希望大家依法采访,理解和配合法部的工作。

刚还透露,们组织外国者赴拉访,就是考到了外国媒体事件的注和道需求。我非常理解你们报道此事的愿望,但由于名有限,不可能一一予以足。希望大家予以解。我相信将来有机会组织大家去拉访

:明天(326日)赴藏采访者共有多少人?他在西藏是否可以自由采访?下一次采访最快将会在什么时候?目前去西藏的旅行限制何能被取消,奥运之前是否都会一限制?

此,秦回答第一个问题,有十几名者明天(326日)将启程前往拉萨进行采访。在拉,主方将会安排采访一些被暴徒打砸抢烧破坏的所,会采访一些当事人,有的受者等。我希望通过这次采访,能媒体暴力事件事真相的客了解。同也提醒有关记者,在拉萨虽然秩序已平静,但是有一些不法之徒逍遥法外,我将采取各措施来确保在拉访者的人身安全,也大家注意在拉自己的安全。

于有媒体于名额问题的提,秦刚说有限,接待能力和条件有限。我知道大家对这次采访有极大的趣,但是在中国有700多名驻华记者,我不可能安排个人都前往采访,也大家能理解。其,在安排媒体前往采访程中,我们还是考到了平衡。从我们组织访经验来看,在名有限、条件有限的情况下,次有的者有机会,有的者没有机会。也下次似采访时者能得到机会。我想,机会大家是均等的。” (本文来源:

中国新 )

|

« 949中国の三面記事を読む(346)“3・14”ラサ暴動事件の真相(2) | Main | 951中国は見る(488)日本のナンパ中国語教材に 中国ネットで批判の嵐 »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 949中国の三面記事を読む(346)“3・14”ラサ暴動事件の真相(2) | Main | 951中国は見る(488)日本のナンパ中国語教材に 中国ネットで批判の嵐 »