« 902中国の三面記事を読む(305)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(中) | Main | 904中国の三面記事を読む(307)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(下) »

903中国の三面記事を読む(306)中国ギョーザ中毒事件(3)

劉建超報道局長(定例記者会見):日本のギョーザ事件についての質疑応答

2008020519:54刘建超就日本子事件等答

http://www.sina.com.cn 中国新

中新ネット2月5日電:外務省ウエブサイトの情報によると、2月5日午後、外務省の劉建超報道局長が定例記者会見の中で、日本のギョーザ事件について記者からの質問に答えた。

(質問)今日午前、日本の警察庁は毒ギョーザ事件問題について捜査会議を開き、中国公安部に合同調査を求めることを決めました。 中国側は日本との共同調査に応じますか? 中国の公安部から日本へ担当者を派遣しますか? 中国は日本の警察が中国で合同調査するのを歓迎しますか? もう一つの問題ですが、《日中刑事共助条約》はまだ承認されていません。 このような情況の中で、どんな協力方式が有効だとお考えですか? 中国は、日本に関係データの提供を求めますか?

Liu (答)ギョーザ事件発生から、中国政府は強い関心を持ち迅速に行動しております。 ニュースの一報が届いた日、当該問題についての調査を進める措置をとり、かつ速やかに局面ごとに調査結果を発表しています。

2月3日午後には、国家品質監督検査検疫総局を筆頭に商務省、認証認可監督管理委員会、検査検疫科学研究院、河北出入国検査検疫局が加わった訪日調査団が日本に出発しました。 すでにこれまでに日本側と2回協議を行っています。 彼らは明日、帰国すると聞いています。 中国調査団は協議の中で、日本側に中国国内の調査情況を紹介し、今後双方が協力し、調査を進め、できるだけ早く進展させるための提案を行いました。 日本側は協議の中で、中国に対し、ギョーザ中毒事件の最新情報を報告してくれています。 現在、中国調査団はまだ日本で協議を継続中です。

昨日、河北検疫局は再度、拡大して抽出検査を行い、その結果を発表しました。 それによると、河北省食品輸出入集団天洋食品廠の二つの商品の生産日に近い前後11日間の製品をサンプル調査、それと回収製品とパッケージを検査した結果、いずれからも“メタミドホス”は検出されませんでした。

昨日夜、日本側調査団が中国の同意の下、北京に到着しました。 日本側はすでに国家品質監督検査検疫総局と協議を行っています。 今日午後、日本側調査団は国家検疫総局と一緒に、河北の天洋食品に赴き現場視察をしています。 また河北の検疫局とも協議しています。 今までのところ、中国はこうした一連の措置をとり、日本側と協議を進めている状況です。

中国はこの事件を徹底調査し問題がどこにあるか突き止めたいと思っています。 もし日本側から新たな協力方式の提案があれば出してもらいたい。 調査に役立つなら、中国は積極的に応ずるつもりです。 この事件についての中国の立場は確固たるものです。

最近、日本のメディアがこの事件について大きく報道しています。 日本のメディアがこの事件に関心を持つことは理解できます。 それは中毒になられた方が出た重大事件だからです。 しかし同時に、この問題を処理する上で、まず第一には科学的態度をとるべきです。 事件の原因がまだはっきりしないうちに、推測でもって問題を煽ることはすべきではありません。 これは責任ある態度ではありません。 第二に、平常心、穏やかな気持ちでこの問題を処理するためには、双方の冷静さと協力が必要です。 冷静に分析することが調査に必要です。 第三として、消費者に責任を持つ態度で、この事件を処理すべきです。 この事件の展開の中で、中国は日本にお願いしたい。 日本のメディアを含め、冷静に、科学的に対応してもらいたい。

|

« 902中国の三面記事を読む(305)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(中) | Main | 904中国の三面記事を読む(307)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(下) »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 902中国の三面記事を読む(305)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(中) | Main | 904中国の三面記事を読む(307)曹操の墓は一体どこにある? 謎に包まれた伝説(下) »