« 854中国の三面記事を読む(274)「項羽が阿房宮を焼き払った」という話は歴史のウソ | Main | 856中国の三面記事を読む(275)日本人スチュワーデスが見た中国 »

855中国は見る(466)日本の政府高官達のUFO論争 

2007-12-22 01:36:55 日本政界高官讨论抵抗外星人入侵措施

来源: 华龙(重慶) 网友评论 152 击查

重慶晨報12月22日報道:UFO(未確認飛行物体)は存在するか? 

UFOが襲来したらどうする? といったSFまがいの話題が、目下、日本の政界を賑わしている。

官房長官が論争の火蓋を切る

日本政界でのUFO論戦は、野党民主党の山根隆治議員の質問から始まった。 山根議員は国会で、“UFOを見たという人が沢山いる。 国家の安全という面から、UFOに関する情報収集は重要だと思うが、政府はこれについてどう考えているか?”と質問した。 日本政府は18日、正式答弁書を発表、“政府としては、UFOの存在を確認していない”“UFO情報の収集もしてないし、ほかの国と情報交換もしていない。 これについて専門に研究もしてないし、万一UFOが襲来した時の対応措置など考えてもいない”

Photo だが町村信孝官房長官は18日、政府の正式態度を表明した後、逆の意見を展開した。 “個人的にはUFOは、絶対あると思っている” 政府の正式見解と矛盾するのではとの問いについて、町村官房長官は、“政府の立場では、存在は確認していないと紋切り型の答弁しかできない”

町村官房長官のこの言葉が大きな論争のきっかけとなり、福田総理まで出てきて、“私はまだUFOを確認しておりません”と政府の立場を表明することとなった。

防衛大臣 防衛出動を検討

町村官房長官と福田総理が、相次いでUFOの存在について意見を表明したのに続き、石破茂防衛大臣が20日論戦に加わった。 石破大臣は驚きの発言をした。 “もしUFOが襲来したら、自衛隊を出動し、国を守ることを考えないといけない” Photo_2 UFOは存在するとの前提で、自称“軍事通”の石破大臣は、次々と空想をふくらまし、“もしゴジラが来たら、自衛隊が出動することになる。 「宇宙人」に対しても、同様な選択になると思います” 石破大臣は大まじめに、“もしUFOが襲来したら、現行法制面からは、日本の領空を侵犯したと認定するのは「非常にむずかしい」 もし国家を守るという理由で自衛隊を出動する場合、もし相手が「地球人と友達になりたい」と言ったらどうすべきか? もし相手が何を言っているのかわからない時は、どうすべきか?”

共同通信の報道によると、石破大臣がここまで話した時、回りの記者からドッと笑い声が上がったという。 

論戦再燃

石破大臣の20日の発言は、やや収まりかけたUFO論戦をまた再燃させてしまった。 この後、防衛省のほかの高官、自民党の高官、文部科学大臣が続々と“論戦”に加わった。

自衛隊の斎藤隆統合幕僚長は20日、この件で説明する際、板ばさみとなった。 斎藤幕僚長が、“宇宙の歴史の中で考えれば、どこかにわれわれと同じような高度な文明が存在することはあり得ると思う」と述べた。 記者から、“UFOが襲来したら自衛隊はどう対応しますか?

斎藤幕僚長は苦笑いしながら、“ほかに考えなくてはいけない問題がいっぱいあります”と答えた。

防衛省のナンバー2・増田好平事務次官はきっぱりと、“個人としてはそういうものの存在を信じているということはございません”と語った。

自民党の二階俊博総務会長は20日、閣僚の“UFO論議”に不満を表明した。 “余興として話をするならいいが、記者会見は自由討議の場ではない” 二階総務会長の話があった後なのに、閣僚の中からまた“UFO論議”が飛び出した。 渡海紀三文部科学大臣が21日、閣議の後、“UFOはあるんじゃないかと思う。 この種の話しはあっていい。 宇宙に夢を持つ子が育つかもしれない。 日本と地球に脅威とならなければ、議論はいくらしたっていい”

これについて町村官房長官はまた意見を述べ、“UFO問題は、文部省の管轄らしいですな?” また官房長官は、厳しい国会運営の中で、このような議論は“友好的”なものだと語った。 どうやら来年の政府の予算案が出るまで、“UFO”は時々、閣僚の口から出そうだ。

|

« 854中国の三面記事を読む(274)「項羽が阿房宮を焼き払った」という話は歴史のウソ | Main | 856中国の三面記事を読む(275)日本人スチュワーデスが見た中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 854中国の三面記事を読む(274)「項羽が阿房宮を焼き払った」という話は歴史のウソ | Main | 856中国の三面記事を読む(275)日本人スチュワーデスが見た中国 »