« 845中国は見る(463)日本の今年の世相を表す漢字は「偽」 | Main | 847中国の三面記事を読む(269)ラスト・コーション 米・ゴールデングローブ外国映画賞にノミネートされる »

846中国の三面記事を読む(268)南京大虐殺70周年(下)

日本の一部メディア 「南京大虐殺は虚構」と報道

2007-12-14 12:12:29 日本部分媒体刊登道称南京大屠是虚构的

来源: 中国新(北京) 网友评论 3144 击查

Photo 12月13日10時、新しく完成した「南京大虐殺記念館」前の平和広場で、江蘇省各界から約8000人が参加し、「日本軍による南京30万同胞大虐殺70周年追悼と南京大虐殺記念館拡張リニューアル竣工式」が行われ、日本からも友好人士が追悼行事に参加した。

2_005   中新ネット12月14日電:中国が13日、南京大虐殺70周年追悼を記念している時、日本国内では、南京大虐殺に対する見方が相変わらず揺れ動いている。 右翼勢力は依然として南京大虐殺を否定しており、一部メディアは最近「南京大虐殺はなかった」のが真実だと主張している。

《読売新聞》は12月11日の社説を「南京事件7008 0年」として、大虐殺という敏感な文字を避けた。 もっとひどいのは、12月8日の《産経新聞》の一面トップだ。 なんと見出しが“大虐殺「蒋介石の虚構」”となっており、国民党が「戦時宣伝」から「南京大虐殺」という虚構を生み出したとしている。 雑誌《WILL》12月号の記事では、「捏造南京大虐殺」として、「南京大虐殺」は「中国反日宣伝の最高傑作で反日ウイルスを撒き散らしている」

Photo_3 あるテレビ会社北京支局の記者はこう語った。 「この悲惨な歴史に対して、日中両国にはそれぞれの声があります。 歴史の真相を探求するためには、正面から向き合わねばなりません。 歴史問題は日中関係の中で、きわめて重要な部分であり、日本人記者として、この関係のニュースについては、客観的、冷静な態度で報道しないといけないと思っています」

別の通信社の記者は、「日本の右翼は、依然としてPhoto_4 南京大虐殺を否定しています。 中国の若い人は、日本のマンガやテレビドラマに沢山触れており、日本文化に好感に持つようになっていますが、南京大虐殺の話になると、やはり激昂してきます。 恨みは簡単に消すことは出来ません。 日中間の友好関係については、双方の努力がまだ必要です」と呼びかけている。

Photo_5 「恨みを忘れるには、まず前提としては、ことの是非をはっきりさせなければいけません」 中国社会科学院日本研究所専門家・高洪氏は、「現在、日本国内では、南京大虐殺に対する見方は依然として揺れ動いています。 相変わらず“右翼的色彩”の強い声があり、彼等は歴史の歪曲について、中国人が恨みの気持を持ち続けていることが、“根本的理由”だ」と言っています。

環球時報の報道によると、清華大学国際問題研究所日本問題専門家劉江永教授は、「歴史を忘れず、歴史を尊重する観点からいうと、“もっと日本側の勇気が必要です”中国は、“良心的日本人”を排除すべきではありません」 また劉教授は次のとおり語った。 「私は広島の原爆記念館を何度も参観したことがあります。 日本人が第二次大戦で記憶に深く残っているのは、中国侵略戦争ではなく、アメリカの原子爆弾です。 実際のことを言いますと、広島はかって明治天皇が日清戦争を発動した時の“督戦地”(大本営を設けた)であり、中国を侵略した多くの軍艦も広島から出発しています。 また抗日戦争中、広島県人で組織した第五師団(板垣師団、別名広島師団)は南京大虐殺に直接参加しました」

|

« 845中国は見る(463)日本の今年の世相を表す漢字は「偽」 | Main | 847中国の三面記事を読む(269)ラスト・コーション 米・ゴールデングローブ外国映画賞にノミネートされる »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 845中国は見る(463)日本の今年の世相を表す漢字は「偽」 | Main | 847中国の三面記事を読む(269)ラスト・コーション 米・ゴールデングローブ外国映画賞にノミネートされる »