« 805中国の三面記事を読む(243)楊貴妃はデブだった | Main | 807中国の三面記事を読む(244)1970年 毛沢東がスノーを天安門に招待したわけ »

806中国は見る(448)小沢民主党党首 辞意表明

2007-11-05 06:03:57 日本民主党党魁小泽请

来源: 方网(上海) 网友评论 7  击查

Photo 11月2日、日本の最大野党民主党の小沢一郎代表は、福田首相と党首会談を行い、福田首相から連立政権について提案を受けた、しかし民主党は拒否した。

東方早報11月5日報道:小沢一郎代表は4日、“自民党との連立問題をめぐる政治的混乱にけじめをつける”として辞職した。

昨日午後4時頃、民主党小沢一郎代表は、党本部で記者会見を行い、正式に党の代表を辞任すると発表した。 しかし、民主党を離党するということではなく、今後の政治活動については、これからゆっくり考えると述べた。 小沢一郎代表は記者会見で、日本の一部のメディアの中傷記事に強く抗議し、報道機関がまったく事実に反する報道をすることは民主主義の危機であると批判した。 民主党は、今日、緊急の役員会を開き、小沢代表の辞職に対する対応を協議する。 この影響により、日本の政局の主導権は、自民党の手中に移った。

突然の辞職

新華社報道:福田康夫首相が2日、連立政権協議を提案した時、小沢代表は即答せず、その提案を持ち帰った。 民主党はすぐ党役員会に諮り、自民党との連立協議について最終的に受諾できないと決定した。 一部の民主党幹部からは、小沢代表が、その場で福田首相の提案を拒否しなかったことを批判する声もあった。 小沢代表は昨日、党内の批判について、“自分が任命した幹部から拒否されたことは不信任を受けたに等しい”と述べた。

民主党の菅直人代表代行は4日、鳩山由紀夫幹事長と協議し、小沢代表を慰留することを確認した。

去年4月、小沢一郎代表は、“ライブドア事件”で辞任した前原誠司代表の後を引き継いだ。 今年7月の参院選挙で小沢率いる民主党は、与野党大逆転を実現し、民主党が参院第一党となった。 この次は“政権交替実現”が民主党の最終目標である。

小沢代表の政治活動は、創造と破壊を繰り返してきた。 民主党党首に選ばれた時、当時の安倍晋三官房長官は、対戦相手の小沢一郎代表に対し、“準備おさおさ怠りなし”と述べていた。 小泉純一郎元首相は、小沢代表は自民党の内情、権力闘争に精通しており、“非常に恐い”と見ていた。 民主党の鳩山由紀夫幹事長は、“自民党にとって恐い人は、小沢代表だ。 だが小沢代表も、自分で十分認識してますよ。 民主党は成立してから10年近くなるが、内部にいろいろあるので、どう団結するかが当面の急務だと強調した。

“平成の妖怪”

小沢一郎 日本政界でその名を轟かす

今日、議員の多くがそうであるように、小沢もいわゆる二世議員である。 1969年、自民党議員だった父・小沢佐重喜の急逝により、27歳だった小沢は国へ戻り、父親の選挙地盤を引き継ぎ、当時最年少の国会議員となった。 1975年から1986年の10年間の試練を経て、1989年、47歳で自民党の歴史上最も若い幹事長となり、三期務め、政権中枢の政治の基礎を固めた。

1992年、小沢はスキャンダル事件を巡る政界の動きの中、竹下派を離れ、羽田派を立ち上げた。 この後、自民党一党独占の局面が崩れた。 1993年の日本政界の大変動前後から10年間、小沢の行動は目まぐるしく、旧体制を破壊し、新秩序を打ち立てるという二役を演じた。 彼と“昭和の妖怪”と言われた岸信介と似ているとして、小沢を“平成の妖怪”という者もいる。

|

« 805中国の三面記事を読む(243)楊貴妃はデブだった | Main | 807中国の三面記事を読む(244)1970年 毛沢東がスノーを天安門に招待したわけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 805中国の三面記事を読む(243)楊貴妃はデブだった | Main | 807中国の三面記事を読む(244)1970年 毛沢東がスノーを天安門に招待したわけ »