« 819中国は見る(453)世界中が中国を汚している(下) | Main | 821中国の三面記事を読む(252)嫦娥一号が行方不明? »

820中国は見る(454)福田首相とブッシュ大統領 初の日米首脳会談

1.ブッシュ大統領 ホワイトハウスで福田首相と初会談

2.記者の質問受け付けず 北朝鮮のテロ支援国家指定解除について話し合った模様

1.2007-11-17 03:14:45 布什首次于白日本首相福田

来源: 中国新(北京) 网友评论 11 击查

2.2007-11-16 01:38:38 日美首谈谢绝记者提 支恐除名

来源: 中新网(北京) 网友评论 2 击查

1.ブッシュ大統領 ホワイトハウスで福田首相と初会談

Photo 新華ネットワシントン11月16日電:アメリカのブッシュ大統領は16日、ホワイトハウスで福田康夫首相と会談し、朝鮮半島核問題、イラン核問題、日米同盟及びアジア問題について意見を交換した。 会談終了後、ブッシュ大統領は福田首相と共同発表を行った。 ブッシュ大統領は発言の中で、日米同盟関係は両国の安全と平和の基礎だと強調し、更に同盟関係を強固にしていくと述べた。

北朝鮮の核問題について、ブッシュ大統領は、北朝鮮を説得し核を捨てさせる面で“重大成果”を挙げ、北朝鮮の核施設無力化を進めていると述べ、同時に、朝鮮半島の非核化目標を実現するためには、まだやらなくてはならないことが沢山ある。 その中には、北朝鮮が今年年末までに、そのすべての「核計画の完全申告」をすることが含まれていると強調した。 ブッシュ大統領は、日本が北朝鮮の核問題についての働きを認め、アメリカは日本と北朝鮮の間に存在する拉致問題を決して忘れないと語った。

イランの核問題について、ブッシュ大統領は、イランが所有する核兵器は中東やその他の地区の安全に危険を及ぼすものだ。 しかし外交手段でイランの核問題を解決することで、福田首相と一致したと述べた。 また、イランがウラン濃縮施設の中止に同意しなければ、国際社会はイランに圧力を加えねばならないと語った。

福田首相は発言の中で、国際問題を解決する際に、日米関係は不可欠だと述べ、北朝鮮の核問題の解決に当たっては、日米両国は緊密に協力していくことを強調した。 また、「新テロ対策特別措置法案」の早期成立に全力を尽くし、インド洋上で米英などの艦船に対する海上自衛隊の給油活動を再開すると表明した。

福田首相は15日、ワシントンに到着した。 今回は、9月首相就任後、最初のアメリカ訪問である。 長年、日本はずっと米国の最も親密な同盟国の一つである。

2.記者の質問受け付けず 北朝鮮のテロ支援国家指定解除について話し合った模様

Photo_2 中新ネット11月16日電:日本のメディアによれば、福田康夫首相とブッシュ大統領は16日、ワシントンで首脳会談を行った後、“きわめて異例”な、記者の質問を受け付けない記者会見を行った。 アメリカは、北朝鮮に対する「テロ支援国家指定リスト」を削除しようとしており、北朝鮮による日本人拉致問題との関連で注目されていたが、日米双方は共同会見では、この敏感な問題を避けたようだ。

慣例によれば、日米首脳会談後、記者会見では質問を受け付けていた。 今回の福田首相訪米は、首相就任後最初となるもので、国際舞台初登場となるものだ。 従って、記者会見で質問を受け付けないというのは、きわめて奇異な感じを抱かせるものとなった。 これより前、今月相継いで訪米したフランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は、会談後、みな記者会見で質問に答えていた。

ブッシュ大統領は4月、安倍前首相と会談した時、「テロ支援国家指定リスト」から北朝鮮を外す時には、拉致問題を考慮すると述べていた。 しかし、六ヶ国会談で、北朝鮮の核施設無力化問題について合意成立以降、アメリカが年内にも北朝鮮の「テロ支援国家指定解除」に踏み切るのではないかと予想する向きが多くなった。 だがこれと対照的に、拉致問題は何の進展も見られなかった。 そのため、みなブッシュ大統領が記者会見で日米関係について、どう説明するか関心が持たれていた。

|

« 819中国は見る(453)世界中が中国を汚している(下) | Main | 821中国の三面記事を読む(252)嫦娥一号が行方不明? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 819中国は見る(453)世界中が中国を汚している(下) | Main | 821中国の三面記事を読む(252)嫦娥一号が行方不明? »