« 825中国の三面記事を読む(254)中国の軍艦 第二次大戦後初めて日本を訪問(上) | Main | 827中国は見る(458)日本には“世界一”がいくつある? (下) »

826中国は見る(457)日本には“世界一”がいくつある? (上)

2007-11-13 10:07:26 日本有多少世界第一

来源: 中国经济 网友评论 151 击查

Photo 115日、シティバンク銀行株式会社(Citibank Japan Ltd.)東京支店の看板の脇を人々が通り過ぎて行く。 この日、アメリカ金融大手のシティグループが東京の証券取引所に上場した。 ニューヨーク証券取引所、メキシコ証券取引所に次いで、シティグループが選んだ第三の証券市場が東京の証券取引所だった。

最近、日本に関する記事が載っていた。 その中に、“中国のGDPは日本の3分の1、人口一人当たりのGDPは日本の20分の1”とあった。 友人がこれを見て“おかしい”と言った。 “人口一人当たりの差があるのはわかる。 でもGDPの差が、こんなに開いているのかなあ? そんなに差なんてないと思うんだけど!”

Photo_2 日中のGDP(国内総生産)の差が一体どうなっているか、探すのは簡単だ。 関係資料を調べればすぐわかる。 2004年末、中国のGDPは日本の3分の1だった。 しかし、20051220日、“突然”日本の半分になった。 日本の学者によると、2005年の“突然”の上昇は、経済統計方式の変更や為替レートの変動によるものだという。 もちろん中国の成長も間違いなくかかわっている。 統計データによると、2006年のGDPは5兆米ドル、中国は2.6兆米ドルで、もう日本の半分を超えている。 中国のGDPは年末にはドイツを追い越し世界第三位となり、2012年には、日本を追い越すと予測されている。 中国GDPの急速な成長、総合的実力もどんどん強くなっていることについて、もちろんうれしいことであり、中国人としては誇らしく思う。 しかし喜んでばかりいてはいけない。 日本との差に関心を持つべきだ。 日本は多くのデータ面で、依然として中国の先を走っている。 軽視してはいけない。 

まず第一は、GDPの背後にあるエネルギー消費量が違う

日本の国内総生産は世界の16%。 そしてエネルギー消費量は世界の5.3%。 それに対し中国国内総生産は世界の4-5%。 そしてエネルギー消費量は10%強だった。 鋼鉄産量はエネルギーの大口であり、各国が1トンの粗鋼を作るのに使用する石炭の量では、大きな隔たりがある。 中国は1.5トン、アメリカ1トンなのに日本は、わずか0.6トンだ。 このほか、日本が1000克(グラム)の石油エネルギーから、10.5米ドル相当の価値を作り出す。 これは世界トップであり、中国のほぼ7-10倍に相当する。 日本の製鉄業は、産出では中国とアメリカに次いで世界第3位である。 しかし高級鋼材の産出では、中国を抜いて世界第一であり、鋼材輸出でも世界一である。

近年、日本の総合競争力は後退しているものの、日本の科学技術競争力はアメリカに次いで、世界第2位である。 日本の科学技術研究に投入する費用もアメリカに次いで、世界第2位で、ドイツ、イギリス、フランス3国の合計より遥かに多い。 1990年以来、日本の研究開発費のGDPに占める比率は常に世界一である。 日本の研究者人数もアメリカに次いで多く世界第2位である。

科学技術の大軍の背後に見えるのは教育重視である。 この方面でも日本は世界一である。 日本の初等教育の入学率は100%。 このレベルに達しているのは韓国、スイス、イギリス、フランス、カナダ、アルゼンチン、イタリアなどだ。 日本の中等教育の入学率も99.5%であり、世界一だ。 基礎教育の地道な発展が日本人の平均的文化レベルを高めており、これが日本経済と社会の発展の貴重な資源となっている。 日本のこの成果は、長年の努力が実を結んだものだ。 1911年から6年生の義務教育を導入し、就学率は98%に達していた。 そして、1947年には義務教育を9年に延長した。

それと比べると、日本の大学教育は決して世界のトップを走っているとは言えないが、アジアではランクは前の方である。 200711月、イギリスの《タイムズ紙》が、大学の特集を行い、「世界の大学ランキング」を発表した。 中国国内と香港の大学も入っていたが、国内の大学のランクはちょっと下がっていた。 アジアでトップにランクされたのは日本の東京大学で全世界ランク17位だった。 北京大学は去年の14位から今年は36位に落ちた。 清華大学も28位から40位に下がった。 また別の統計によると、日本では、大学教育を受けた人は、総人口の48%の高さに達するという。

|

« 825中国の三面記事を読む(254)中国の軍艦 第二次大戦後初めて日本を訪問(上) | Main | 827中国は見る(458)日本には“世界一”がいくつある? (下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 825中国の三面記事を読む(254)中国の軍艦 第二次大戦後初めて日本を訪問(上) | Main | 827中国は見る(458)日本には“世界一”がいくつある? (下) »