« 707中国は見る(405)安倍・自民党 参院選挙で大敗(上) | Main | 709中国は見る(407)安倍・自民党 参院選挙で大敗(下)《赤城農水相辞任》 »

708中国は見る(406)安倍・自民党 参院選挙で大敗(中)

3.安倍初選挙“不合格” しかし辞任せず

3.2007-07-30 02:49:00 安倍初考不及格但拒

来源:  网友评论 0  论坛

3.安倍初選挙“不合格”  しかし辞任せず

自公両党の連立与党が、参院で多数を占めていた地位から転落することが確定した。 しかも最終獲得議席は40に届かないだろう。 自民党総裁としての安倍首相は、この夜遅く選挙の敗北を認め、「惨敗の責任は私にある」としつつも辞任や衆議院の解散については否定した。 また参議院選挙の最終結果を分析した後、内閣改造を行うことを明らかにした。

連立与党 多数党から転落

Photo_8日本全国約5万の投票所で、朝7時から投票が始まり、夜8時で投票が締め切られた。 投票が終わった後、各地の選挙管理委員会が、直ちに全国約2000の集計所で開票を行った。 正式な結果は30Photo_9 日早朝には発表される。 日本の各メディアは、出口調査で自民党の惨敗を予想し、最終的な獲得議席は40を下回ると伝えた。 これは選挙前の51議席を大きく割り込んだものであり、最大野党の民主党が大勝利を獲得する見込みだとしている。

選挙前の参議院の勢力分布は、自民党と公明党の連立与党が64議席を有しており、参議院の多数党の地位にあった。 公明党の改選13議席を維持することを前提に、自民党は少なくとも51議席を目標とした。

NHKの出口調査によると、与党の議席は39―55議席の間、そのうち自民党は31―43議席、一方民主党は55―65議席を確保できそうで、一挙に参院第1党になると予想した。

29日夜10時頃の開票結果では、自民党はわずか27議席で、公明党が6議席、片や民主党の方は55議席を獲得していた。 その他の野党と無党派が9議席獲っていた。 この時点で、非改選の議席と合わせると、野党の参議院の議席数は、参院議席総数の半分の121を超えていた。 まだ24議席の開票結果が出ておらず、与党が参院での多数党の地位から滑り落ちることが確実になった。

安倍首相 引きつった笑顔

Photo_10 出口調査により、自民と民主は悲喜こもごもとなった。 自民党の石原伸晃幹事長代理は、“結果は非常に厳しい”と認めた。 メディアは、30日未明、自民党中川秀直幹事長が安倍首相に辞表を提出したと報じた。 東京の自民党本部には重苦しい空気が漂っていた。 NHKのテレビ画面では、安倍首相が壁に張られた自民党候補者リストの前に立って、当選者が出たら赤い花を名前の上に付ける用意Photo_11 をしていた。 壁に

一杯書かれた名前に、わずか数えるばかりの赤い花が点々として、もの淋しさを漂わせていた。 安倍首相は、ムリに笑顔を作ろうとしていたが、周りの自民党のお歴々は揃って厳しい顔つきをしていた。

民主党のトップ達は、大いに意気が上がっていた。 鳩山由紀夫幹事長は、“選挙結果は、国民の安倍政権に対する不信任だ。 これからは数の力を通すことはできなくなる”と語った。

年金問題が直接の敗因

Photo_12 今回の選挙は、安倍政権成立後初めての試練だった。 与党の惨敗は、安倍首相の憲法改正などを推進する政治日程を停滞させるばかりでなく、安倍首相自身も党内から批判を浴び、政権から降ろされることになるかも知れない。

選挙前のメディアの予想では、安倍政権の勝敗ラインは64議席。“退陣ライン”は40議席。 NHKの29日夜の報道によると、安倍首相は“選挙結果には大変残念であるが、辞任するつもりはなく、また衆院解散も考えていない。 引き続き「改革」を進めていく”と述べた。

日本の富士通研究所の研究員は、“少なくとも暫くは、安倍首相は引き続き政権を担当するでしょう。 でもきっと、いろいろ批判にあい、政権運営は厳しいでしょう”

バークレイ証券の日本首席代表は、安倍政権の先行きに悲観的だ。 “安倍首相はたぶん退陣させられるでしょう。 自民党は1ヶ月以内に総裁選挙をやるでしょう。 政治の混乱は避けられません”

また、安倍首相が率いる自民党が苦戦したのは、年金問題などの直接誘因のほか、安倍首相が、日本の戦後レジームからの脱却をあれこれ言い過ぎたことが弱点となったと見る向きもある。

東北大学の政治学教授は、“安倍首相が、一年もしない間に行った政策の中で、憲法改正、教育改革、行政改革などは、国民に向けはっきりしたメッセージはなかった。結果、年金問題などにより、彼が選挙の目玉にしたかったこれらの問題は、「ボツ」になってしまった”

上智大学教授は“これは安倍政権に対する「不信任投票」です。 国民の中に安倍首相に反発する雰囲気がありました。 安倍首相はちょっととっつきにくく見られており、テレビに顔が出てくると反感を持たれてしまう。 私は、続投できるとは思わない”

支持率下落は、国民の“意識の変化”

日本では、参議院選挙の重要性は衆議院ほど高く見られていない。 しかし、安倍内閣は、消えた年金問題、重要閣僚の失言問題、大臣達の事務所費疑惑問題などが取り沙汰され、国民の支持が急速度に下落した。

今年60歳の東京在住の女性は、29日朝、近所の小学校の投票所へ行き投票したという。 “私は自民党にノー、安倍首相もノーです。 安倍内閣に怒っています。 年金もまかせられない。 今回は、私は自民党以外の候補者に投票します。 安倍さんにも退陣してもらいたい”

更に多くの無党派層の国民は、現状に不満を感じている“無関心派”であるが、彼等から見ると野党は、自民党よりしっかりしていないけれど、“変化”を起こさせたいと思っている。 銀行に勤めている人は、“民主党にチャンスを与えたい。 自民党政治がこんなにメチャメチャだから、そうするしかない”

|

« 707中国は見る(405)安倍・自民党 参院選挙で大敗(上) | Main | 709中国は見る(407)安倍・自民党 参院選挙で大敗(下)《赤城農水相辞任》 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 707中国は見る(405)安倍・自民党 参院選挙で大敗(上) | Main | 709中国は見る(407)安倍・自民党 参院選挙で大敗(下)《赤城農水相辞任》 »