« 649中国の三面記事を読む(172)テレサ・テン(鄧麗君)【下】 | Main | 651中国の三面記事を読む(173)チーパオは漢族の独創作品(上) »

650中国は見る(366)松岡大臣、安倍首相を「崖っぷち」に追い込む?

2007-06-02 21:26:28 大臣自把安倍拖下水?

来源:世界新闻报 本文网址:http://bbs6.news.163.com/zhongri/1218348,1.html 

Photo_1482 5月28日自殺した松岡利勝農林水産大臣は、問題の人物だった。 多くの人が、彼の入閣に反対していた。 調査が進む中で、日本のメディアの中には、安倍首相が松岡大臣を死に追い込んだという記事を載せたところもある。

5月28日午後、安倍首相は沈痛な面持ちで仮通夜に訪れた。

5月28日正午過ぎ、松岡利勝農相が、自分が住む議Photo_1483 員宿舎で首を吊って自殺した。 安倍首相などに宛てた6通の遺書と「国民の皆様」などと書かれた2枚の便箋が見つかった。 松岡農相の死は、国民に驚きを与え、政府には衝撃となった。

首相が大臣を“死に追いこんだ”

戦後の内閣で、在職中自殺したのは初めてである。 田中角栄元首相、金丸信などのスキャンダル関連と比べて松岡農相の事務所費不正計上案件は小粒と言えるが、松岡農相が自殺という形で多くの問題から逃れようとしたことで、日本のメディアは、事件の背後の深層を究明している。

この数日、日本のメディアの間にショッキングなニュースが流れた。 安倍首相が松岡農相を“死に追いこんだ” 《日本経済新聞》によると、松岡農相は、業界、地方と強い癒着関係にあった。 農相が、総裁選で安倍首相のために積極的に奔走したことで、安倍首相は、みんなからの意見を強引に押しのけ、松岡氏を大臣にした。

3月、松岡農相の資金管理団体が、事務所費や光熱水費を虚偽報告していたことを、メディアが大きく報道した。 最近は、農水省所管の“緑資源機構”の林道測量コンサルタント業務をめぐる官製談合事件が明らかとなった。 松岡農相の資金管理団体が、数社から多額の献金を受けたことで、強制捜査が入っている。

一連のスキャンダルに遭い、松岡氏は何度も辞意を伝えたが、安倍首相は頑として許さなかった。 《毎日新聞》によると、安倍首相は、松岡農相が辞職すると連鎖反応を起こす恐れがあり、自分の政権運営が揺るぎかねない。 だから必死になって松岡農相を擁護したのだとしている。しかし、この“擁護”は、実際には松岡氏にとっては、安倍首相の“掩体”ともいうもので、絶えず野党や世論の攻撃にさらされた。 安倍首相の“思惑”のため、松岡氏は事件の渦中に置かれ、どんどん追い詰められていった。 松岡氏と親交の深い鈴木宗男衆議院議員は、“松岡氏は、何度も真相を話そうと思ったが、安倍内閣と自民党トップがしゃべらせなかった”と語っている。

安倍首相 一寸先は闇に追い込まれる

政府は、松岡農相が国民に宛てた便箋の内容を公開した。 内容は、国民に対するお詫びだった。 遺書の最後に、松岡氏は、“安倍首相、日本国万歳!”と書いてあった。 しかし皮肉なことに、松岡氏の死は、安倍内閣の先行きを見通せなくさせてしまった。 この数日、世論調査の結果が明らかになってきており、安倍内閣の前途は楽観できない状況になっている。

安倍内閣 「政治とカネ」にからむ話続発

安倍内閣は、去年9月発足したが、「カネ」がらみのスキャンダルがずっと続いている。 去年12月、佐田玄一郎前行政改革担当相は政治資金報告書で架空計上していたことが明らかとなり、安倍内閣の政治資金不正問題による辞職第一号となった。

今年3月、井上哲士参議院議員は、“安倍首相と久間防衛大臣が代表となっている二つの自民党支部と伊吹文明文部科学大臣の秘書官が会計責任をつとめている自民党支部で、2004年から2005年にかけて、違法な政治献金を受け取っていた”ことを明らかにした。 安倍首相は、後になって違法献金は返金したと述べているが、その影響はまだ収まっていない。 柳沢厚生労働大臣は、野党の攻撃の格好の目標になっている。 彼の所管する国民年金の記録の不備が明らかとなり、宙に浮いた年金番号が誰のものか分からない状態になっている。 今、各野党は連携をとって柳沢弾劾に動いている。

関連記事:政治家の自殺

松岡利勝農相は、戦後自殺した国会議員としては7人目である。 日本は自殺率が高い国である。 政治家が自殺することも珍しくはない。 これは、武士道の伝統として自殺は美徳とみなされてきたからだ。 またこういう言い方もある。“自殺は人間関係に絶望した時、実行されるものだ” みんなも知っているように、日本人は「集団生活人間」である。 自分の全身全霊を所属する集団に捧げることが多い。 もし、集団から排除されるようなことになったら、日本人は打撃を受け、意気消沈してしまう。

また自殺は、日本の政治家にとって“罪から逃れる”手段である。 日本人にとって、生きている時、大きな過ちを犯しても、自殺してお詫びをしたら、その罪は帳消しとなる。 野党は、松岡農相が自殺した後、彼の罪について、もう追及しないことを決め、その矛先を安倍首相に狙いを定めたのも、そうした背景があるからだ。

|

« 649中国の三面記事を読む(172)テレサ・テン(鄧麗君)【下】 | Main | 651中国の三面記事を読む(173)チーパオは漢族の独創作品(上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 649中国の三面記事を読む(172)テレサ・テン(鄧麗君)【下】 | Main | 651中国の三面記事を読む(173)チーパオは漢族の独創作品(上) »