« 605中国は見る(338)アメリカ大学乱射事件① | Main | 607中国は見る(340)アメリカ大学乱射事件③:チョ容疑者 米テレビ局にビデオ送付 »

606中国は見る(339)アメリカ大学乱射事件②:「中国人犯行説」の誤報記事にカンカン

1.外交部:アメリカのメディアは無責任 職業道徳に反する

2.アメリカ・メディアが「犯人は中国人」と誤報したことに 在米中国人が「デタラメ記事」と抗議

1外交部:美国个媒体不实报职业道德

2007-04-18 17:49:56来源: (北京) 网友评论 1469 论坛

2美媒误报枪击案凶手为华 社抗抹黑

2007-04-18 15:57:44来源: 新民晚报(上海) 网友评论 298 论坛

1外交部:アメリカのメディアは無責任 職業道徳に反するPhoto_1225

新華ネット北京4月18日電:外交部劉建超報道局Photo_1226 長は、18日、“一部の海外メディアがバージニア工科大学銃乱射事件について、無責任な報道を行った。 マスコミとしての倫理に反するものだ。 中国は、悪影響を取り除くよう関係方面に求めた”と述べた。

Photo_1227 記者から質問があった。“アメリカ・バージニア工科大学銃乱射事件発生後、アメリカなどの一部メディアが、「犯人は中国の留学生」と報道し、国際的に悪い影響をもたらしました。 アメリカの警察Photo_1228 が真相を公表し、この報道が根拠のないものだったことが明らかになりました。 これについてコメントをお願いします”

Photo_1229 劉建超報道局長は、“バージニア工科大学で起こった銃乱射事件は、まことに悲惨な事件です。 アメリカの一部メディアが、事実が明らかにされない内に、無責任な報道をしたことは、報道機関の職業Photo_1230 道徳にもとるものであり、誤ったやり方です。 我々は、悪影響を取り除くよう関係方面に要求しました。 中国政府と国民は、この事件で犠牲となられた方々に深く哀悼の意を表すと共に、犠牲に遭われた家族の方及び怪我された方々に深い同情とお見舞いを申し上げます。 負傷された方々が一日も早く回復されるよう願っています”と述べた。

2アメリカ・メディアが「犯人は中国人」と誤報した

ことに 在米中国人が「デタラメ記事」と抗議

【新民ネット独占ニュース】4月16日、アメリカのバージニア工科大学の銃乱射事件が発生して数時間もしない内に、アメリカ《シカゴ・サンタイムス》は、犯人は上海からアメリカに入国した中国の男性だと報じた。 その報道は17日、警察の犯人の身元公表により「ガセネタ」と判明した。 在米中国人留学生やアメリカのメディアからも続々と《シカゴ・サンタイムス》の無責任報道に批判の声が上がっている。 また在米中国人社会からは新聞社に対し「デタラメ記事」を載せたことについて謝罪を求めている。

Photo_13 16日、《シカゴ・サンタイムス》の女性コラムニスト:ミハエル・スニ-ドMichael Sneed)が“スニ-ド:犯人は学生ビザを持った中国人”と題する記事を書いた。 この作者は、記事の中に詳しく犯人の素性を書いていた。 男は24歳の中国人、去年、学生ビザを持ち、上海からアメリカ・サンフランシスコに入った。 この女性コラムニストは、名は明かすことは出来ないが事情通の情報として、この男とテロ組織との関係を示すものはなかったと述べ、ほかに、バージニア工科大学に先週配達された3件の爆弾脅迫文も犯人が出したもので、目的は学校の危機管理能力を探るためだとしている。

この記事が発表された後、米国NBCなど少数のメディアが引用したり転載した。 この記事は中国国内のメディアに翻訳転載された。 中国の多くのネットやテレビのニュース番組に紹介され、ニュースのトップに躍り出てしまった。

Photo_1231 アメリカ東部時間17日朝、アメリカの警察が記者会見の席で、犯人は23歳の韓国学生と明らかにした。 名前はチョ・スンヒ(Cho Seung-Hui)。 《シカゴ・サンタイムス》のニュースがデタラメだったことが明白になった。

アメリカの中国人社会から非難の声

警察が犯人の身元を明らかにしたことにより、米国在住の中国人ネットユーザーらは一様に「ホッとした」反応を示している。 《シカゴ・サンタイムス》の記事により、在米中国人留学生や在米中国人は一時騒然となった。 バージニア工科大学の中国留学生会の責任者・夏瀟さんは、新華ネットに対し、“犯人がまだはっきりしない時、中国人学生達は、犯人は本当に中国人なのかと心配してました。 留学生にマイナスの影響が出るのではないかと。 私達はアメリカの学校が、今後、中国人学生を募集しなくなるのではないか、中国の学生がアメリカのビザを取るのが難しくなるのではないか、またみんなの処遇が変ってしまうのではないかと心配しました”

バージニア工科大学の中国留学生会幹事He Xiaomingも新華ネットに対し、“バージニア工科大学留学生は、《シカゴ・サンタイムス》にメールで「無責任な報道がブラックス・バーグの街や全米中国人社会に悪いイメージをもたらした」ことを抗議すると表明した。 そのうちの一通のメールにはこう書いてあった。“警察が情報を発表する前に《シカゴ・サンタイムス》は、犯人の身元に関する情報を記事にし、特に犯人の姓名、上海から来たことなど、詳細に書き連ねた――アジアには多くの国があるのに、なんで中国の学生だと疑ったのか?”

アメリカ・メディアも《シカゴ・サンタイムス》の銃乱射事件の無責任報道に対して次々と批判している。 《週刊アトランティック》のコラムニストJames Fallows氏は、“アメリカ人女性 中国を驚かす”と題して、《シカゴ・サンタイムス》の無責任報道が、中国及び国際的に巻き起こした大混乱を書いている。 記事の中では、ミハエル・スニ-ドの記事が「中国人を犯人としている」「そのすべての記事が間違っている」と指摘。 “ニュースの作成の基本的プロセスが誤っている”と述べている。

注意すべきは、《シカゴ・サンタイムス》の報道を除いて、《ニューヨーク・タイムス》《ワシントンポスト》などアメリカの権威あるメディアは、警察が発表する前には、犯人に関する情報や推測を公表しなかったことだ。

《シカゴ・サンタイムス》の関連ニュースは、その後新しい記事に差し替えられた。 新民ネットがミハエル・スニ-ドのコラムを探したが、もう見つからなかった。

|

« 605中国は見る(338)アメリカ大学乱射事件① | Main | 607中国は見る(340)アメリカ大学乱射事件③:チョ容疑者 米テレビ局にビデオ送付 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 605中国は見る(338)アメリカ大学乱射事件① | Main | 607中国は見る(340)アメリカ大学乱射事件③:チョ容疑者 米テレビ局にビデオ送付 »