« 608中国は見る(341)テレビ報道番組「日本見聞記」(20)――日本の環境保護 | Main | 610中国は見る(343)テレビ報道番組「日本見聞記」(21)――渡辺恒雄① »

609中国は見る(342)安倍晋三 米メディアの取材に対し「慰安婦問題」で“謝罪”表明

2007-04-21 14:19:00 安倍在美刊采访中再就慰安妇问题表示歉意

来源: 中国新(北京) 网友评论 17 论坛

Photo_1248 中新ネット4月21日電:安倍晋三首相は、アメリカ《ニューズウイーク誌》のインタビュ-に応じ、第二次大戦での従軍慰安婦問題について、“日本の首相として大変申し訳ないと思っている。 慰安婦の方々に心から同情するとともに、我々に責任があると考えている”と述べた。 これは安倍首相が、慰安婦問題について初めて“責任”に言及し、謝罪の意を示したものである。

共同通信社はこれについて、安倍首相の発言は、26日からの訪米を控え、アメリカ世論の慰安婦問題に対する反発の声を沈静化する狙いがあると分析している。

分析記事の中で、安倍首相は3月初め、河野談話について“旧日本軍が従軍慰安婦を強制的に集めたという証拠はないのは事実だ”と語ったことは“まぎれもない事実”である。 安倍首相がこの誤った見方を認め、この発言を明確に撤回しない限り、この慰安婦問題について責任があるといったとしても“空々しい”と受取られかねないとしている。

また記事は、安倍首相が日本人の拉致問題の解決に熱心なのに、慰安婦問題の責任を回避しようとするなら、安倍首相の外交努力に水を差すものと指摘している。

安倍首相は、今月3日夜、アメリカのブッシュ大統領と電話会談を行い、“河野談話を継承する”態度を表明したという。 アメリカ政府も安倍首相のこの立場に理解を示し、シーファー駐日米大使もわざわざ“慰安婦問題は、何の影響もない”と発言、安倍首相を支持した。

慰安婦問題をめぐっては、アメリカ下院で現在、“慰安婦問題について、日本の首相が謝罪することを求める対日決議案”が審議されている。

このほか、アメリカ《ワシントンポスト》の社説では、安倍首相は、この問題で責任逃れをしようとしていると非難している。

|

« 608中国は見る(341)テレビ報道番組「日本見聞記」(20)――日本の環境保護 | Main | 610中国は見る(343)テレビ報道番組「日本見聞記」(21)――渡辺恒雄① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 608中国は見る(341)テレビ報道番組「日本見聞記」(20)――日本の環境保護 | Main | 610中国は見る(343)テレビ報道番組「日本見聞記」(21)――渡辺恒雄① »