« 443 中国は見る(222)  日本料理の歴史 | Main | 445 中国の三面記事を読む(115)  中国の紅葉の名所紹介(中) »

444 中国の三面記事を読む(114)  中国の紅葉の名所紹介(上)

国内紅葉名勝地9ヶ所

2006-11-06 11:01:40 国内赏红叶的9个好地方

来源:网友旅游论坛 网友评论0条进入论坛

美しい秋、中でも紅葉ほど色彩豊かで見て楽しいものはない。 特に晩秋、ほかの葉っぱが枯れているのに、楓、はぜの木などが赤く色づき、秋の山をきれいに彩るのは、正に季節の風物詩というものだ。 中国の大地には、紅葉が素敵なところが数多くある。 皆さんに秋の紅葉の絶景9ヶ所をご紹介しましょう。

1. 新疆 喀納斯(カナス)《9月中旬》2_214_8 Photo_3345_10 Photo_335

童話のような喀納斯(カナス)。 ここには樺の木が山の南麓を覆っている。 カナス河とホム河の水はオルチス河から流れてくる。 カナス河とホム河はアルタイ山の周りを半円のようになり、ロシアと蒙古に流れていく。 ここは山と水に囲まれたところで、アルタイ山の頂は雪に覆われている。 人家のないところで植物が沢山生い茂っている。 今、正に秋。 年に一度の“色の展示会”の時期で、全山の樺の木が黄色に、楓の葉は赤に色付き、秋風の中黄金に深紅に揺れている。 この童話のような世界に道を踏み入れると、歩くのにも注意して、枝を折ったり、小草を踏みつけたりして、大自然を損わないような気になる。

2. 北京 香山(10/12-11/15)9_8 Photo_336 3_18 2_22 7_8

香山は北京市の西北の郊外、西山の東麓にある。 ここは山が幾重にも重なっている。 海抜は577米ある。 全山はぜの木に覆われ、霜が降りるようになると赤く色付くようになる。 陳毅の詩に、“西山紅葉好、霜重色愈濃”とあるのは、はぜの木を指しているのだ。 霜降の時節(10月23日から24日頃)、香山のあたりの山は、火のように真っ赤になる。 遠くから見ると花が咲いたように見えるが、近寄って見ると楕円の葉っぱだということがわかる。 香山の紅葉の一番いいところは、森玉笏峰のあずまやで、そこからの眺めはすばらしく、遠くの山、近くと真っ赤、ピンク、緋色、黄色とそれぞれ色鮮やかに揃ったさまは正に壮観。 北国の有名な秋の名勝地となっている。

3.“楓”の風情いろいろ:四川・米亜羅(ミヤルオ)《10月中旬から11月上旬》3_19 Photo_337 4_9 9_9 Photo_338

米亜羅(ミヤルオ)、チベット語で“楽しい谷”という意味。 米亜羅(ミヤルオ)紅葉景勝地は四川省阿・チベット族、(チアン)族自治州理県内にあり、成都から263キロ離れている。 景勝地域は3688平方キロある。 北京の香山紅葉地区の約180倍だ。 深い山に囲まれた広大な面積を持ち景勝抜群の紅葉風景地区である。

付近には九寨溝や四姑娘山などがある。 毎年10月中旬から11月上旬にかけて、雑谷脳河の両岸の楓、樺などの樹は、あでやかな赤、黄金色に染まり、火の如く、美しく色付いた雲の如く、見渡す限り広がり、遠くの雪山の白さと重なり、正に一幅の絵のようでうっとりとさせられる眺めだ。 米亜羅(ミヤルオ)の紅葉は、山の頂上から谷底に至るまで、全山紅葉しその艶やかさを競い合っている。

美しい秋の景色、とても魅力的なチベット・チアン族の風景地は、更に気持ちのいい古尔沟(クーアルコウ)温泉があり、遠く雄大な雪山と素晴らしいものだらけ、見るものを飽きさせない正に「秋の画廊」である。

もしチアン族のたいまつ祭り“祭山会”にでも参加し、豪快な山の歌など歌い、鍋庄舞などを踊り、チアン族のお酒を飲めたら------あなたのアルバムにすばらしい記録の一ページが追加できるでしょう。

|

« 443 中国は見る(222)  日本料理の歴史 | Main | 445 中国の三面記事を読む(115)  中国の紅葉の名所紹介(中) »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/12601841

Listed below are links to weblogs that reference 444 中国の三面記事を読む(114)  中国の紅葉の名所紹介(上):

« 443 中国は見る(222)  日本料理の歴史 | Main | 445 中国の三面記事を読む(115)  中国の紅葉の名所紹介(中) »