« 404 中国の三面記事を読む(94)  中国のゴールデンウイーク はじまる | Main | 406 中国の三面記事を読む(95)  中国のテレビドラマ倫理規制 »

405 中国は見る(204)  日本製品の不良問題について

1.ソニー製ノート型パソコン用電池 全世界で回収700万個超す

索尼产笔记本电池全球召回数量超700

发表评论来源:新华网(06-10-01 07:39)

ノート型パソコンの米デル社が、9月29日発表したところによると、前回(8月)回収したソニー製電池、410万個に加え、更に10万個を回収すると言う。

先日、全世界のパソコンメーカーが発表したソニーのノート型パソコン用の電池の回収数量は、すでに700万個を超している。

米デルとアップルコンピュータのパソコンに搭載されていた、ソニー製リチュウムイオン電池が、加熱と発火の事故を起こしたことにより、デルとアップルコンピュータは、8月にリチュウムイオン電池の回収を発表した。

IBM、聯想(レノボ)、東芝も9月29日、全世界からPCに搭載されている同型電池を回収すると発表した。 富士通も同様に回収を実施する予定だ。

こうした状況に当たり、ソニーは29日、全世界から自主回収、無償交換すると発表した。 同社広報によると、リチュウムイオン電池の製造過程で微細な金属粉が混入し、電池がショート・発火したもの。 通常、電池はこういう場合絶縁するのだが、きわめてまれなケースで過熱から発火するという現象が起こってしまった。

業界関係筋は、今回の件は、電子部品としては最大規模の回収事件で、ソニーにとっては、“莫大な回収費用と名声まで揺らぎ”正に泣きっ面に蜂と言える。 ソニーは、先に無償交換と回収費用に300億円を見込んでいたが、この数字は更に増加することは必死の情勢だ。

2.日本のメディアは「SK-Ⅱ事件」は、“中国の報復”と報道

2006-09-22 19:15:31 日本媒体诬称SK-事件是“中国报复

本文网址:http://bbs6.news.163.com/zhongri/824200,15.html

日本では「SK-Ⅱ」に違法成分の混入はないと、平常通り販売・購入している。 日本のメディアは、これは中国の日本に対する、「貿易報復」だと伝えている。

914日、中国国家質量監督検験検疫総局が、広東で、日本から輸入した「SK-Ⅱ」の化粧品から、クロムとネオジムの使用禁止の物質が検出されたと発表した。 化粧品の種類はパンケーキ、乳液、保湿クリームなど9種類に及んでいる。

クロムとネオジムは、人体に有害で肺血栓や肝臓障害などを引き起こす。 このニュ-スが中国全土、香港、台湾に伝わるや、大騒ぎとなり、香港、台湾の関係部門は調査に乗り出すと表明。 中国全土の売り場、台湾の有名化粧品ストアー“莎莎百貨”なども「SK-Ⅱ」を商品棚から下ろし、調査結果を待つことになった。

国家質量監督検験検疫総局が「SK-Ⅱ」に使用禁止物質が含まれていると発表した翌日、「SK-Ⅱ」の日本側会社は中国側メディアに対し、“化粧品の中には、中国で報道されているような成分は使用していない」とコメントした。 また、会社はこの件については、目下調査中と語った。

日本の銀座にあるデパートの「SK-Ⅱ」売り場には、相談や製品の試用に訪れる人が多い。 しかし“中国で違法添加物が検出”されたことなど、まったく影響がないようだ。 記者が、そのうちの何人かに訊いてみたが、この事件のことはまるで知らないという。 ネット販売は「SK-Ⅱ」の大事な販売ルートだが、ヤフージャパンのネット販売は中国の国家質量監督検験検疫総局が違法成分発表後も、依然として好調で、まったく影響は受けていない。

日本のネットの友達が言うには、“「SK-Ⅱ」が中国で検査を通らなかったことは知っている。 でも「SK-Ⅱ」は安全だと思っている。 日本の会社は法令をしっかり守っている。 中国だって、日本の化粧品はとても喜ばれているじゃない。 私の中国の友達は、日本へ来るといつも化粧品と洗顔フォームを大量に買っていくわ。 みんな日本の製品は安全だって言ってる”

メディアは「SK-Ⅱ事件」は、「陰謀」と見ている

中国が「SK-Ⅱ」に違法添加物があると発表した件について、日本のメディアは思いのほか静かだ。 「読売新聞」など日本の大新聞はこの件についての報道が少ない。 日本人は食品、薬品、化粧品の安全についてとても重要視している。 日本では安全問題のニュースに関心が強い。 数年前、アメリカ(狂牛病地域)からの牛肉を売り出した時は、日本の大新聞は延々と数ヶ月にも亘り書いたものだ。 

日本の「フジサンケイビジネス」や中国情報局のウエブサイトは、「SK-Ⅱ」事件は、中国検疫当局がこれ以前に魚肉ソーセージ、茶葉などの日本製品に基準を超えた防腐剤が使われていると発表したことと関連づけて、これら事件は529日、日本が残留農薬規制を強め、「ポジティプリスト制度」を打ち出した後、中国からの輸出食品が検疫で不合格になるケースと関係しており、中国の一種の報復措置と見ている。

日本の「世界日報」は、「SK-Ⅱ事件」は、実際は日中の貿易戦争である。 中韓の「キムチ戦争」とよく似ている。 また、台湾と中国全土に存在する偽造「SK-Ⅱ」商品の例もあり、中国の関係部門が検査した商品は偽造商品の可能性もある。 「SK-Ⅱ」事件は、実は中国の「知的財産権」保護問題とも関連している。

日本のメディアはいろいろ解釈しているが、香港のテレビ局が伝えた最新のニュースでは、香港の大学が4種類の「SK-Ⅱ」商品を化学検査したところ、クロムとネオジムの2種類の違法成分が検出され、中国の国家質量監督検験検疫総局の検査結果を改めて実証した。

|

« 404 中国の三面記事を読む(94)  中国のゴールデンウイーク はじまる | Main | 406 中国の三面記事を読む(95)  中国のテレビドラマ倫理規制 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/12130654

Listed below are links to weblogs that reference 405 中国は見る(204)  日本製品の不良問題について:

« 404 中国の三面記事を読む(94)  中国のゴールデンウイーク はじまる | Main | 406 中国の三面記事を読む(95)  中国のテレビドラマ倫理規制 »