« 381 中国の三面記事を読む(86)  桂林は 昔激戦地だった | Main | 383 中国は見る(194) もし安倍晋三が首相になったら »

382 中国は見る(193) 日本ブラリ旅② 日本の温泉体験

日本では温泉に入る時、裸にならなくてはダメ! 日本での“温泉体験”

2006-09-08 15:28:24 主题:不裸都不行! 在日本游体验裸式温泉浴

本文网址:http://bbs6.news.163.com/zhongri/789574,6.html

日本で温泉に入る時、裸が一番自然です。 裸のままの自然な状態で、この温泉の世界を味わい、心身を洗い清め、自然の境地に溶け込むことは、言葉では何とも表現できない素晴らしいことです。 だから温泉をこよなく愛する日本人は、温泉を彼等の“心の故郷”というほどです。

Wenquan 千年の歴史を持つ日本の温泉。 年月を経てもその魅力は衰えることなく、却って歳月の積み重ねによって、ますます味わいが深まり、各地の温泉にはそれぞれ文学的香りさえ漂っています。

“トンネルを抜けると、雪国だった--------”。 これはノーベル賞作家川端康成の名作「雪国」の冒頭の文章です。 この言葉は、日本では有名な文章なので誰でも口ずさめます。 この本に書かれている所は新潟県湯沢で、冬、人気のある場所です。 この文章から雪の中の静かな温泉が頭に浮かんでくるような感じがします。 川端康成は、伊豆の山や温泉を舞台に「伊豆の踊り子」も書いています。 これも旅行者の伊豆のイメージになっています。

有馬温泉は豊臣秀吉との関係が深いところです。 豊臣秀吉は何度かここを訪れました。 そして専用の浴場――湯殿館を作りました。 現在湯殿館の遺跡は「太閤湯殿館」(豊臣秀吉の官職は太閤という)展示館として展示されています。

孫中山(孫文)は、その昔、箱根の温泉郷を訪れました。 その宿泊場所は各旅館の自慢の一つになっています。 

温泉と日本、この二つの関係について、説明することはむずかしいが、とにかく切り離すことが出来ないことは確かです。Photo_116

旅行社の推薦

冬、日本の温泉に“入りに行く”ことが、旅行ツアーの目玉になっています。 以下、各旅行社のお勧め温泉スポットを紹介します。

花巻温泉

位置:岩手県    特色:童話の故郷

花巻、台、志戸平、大沢、鉛など十数ヶ所の温泉からなる日本で名高い花巻温泉郷は、東北屈指の宿泊施設がある。 花巻は、20世紀初頭の童話作家宮沢賢治の生誕地としてもよく知られている。 花巻市内には宮沢賢治の生家、記念館に、宮沢賢治童話村、ポラーノの広場、宮沢賢治イーハトーブ館などがあり、童話の話に基づいて建てられた場所には、いつも参観者がひっきりなしに訪れている。

登別温泉

位置:北海道    特色:北海道の代表的温泉

Photo_117 登別温泉は標高200米、原始林に囲まれた温泉地。 ここは多種類の温泉が特色で、泉質は良く、世界でも珍しい温泉の一つです。 温泉で印象に残っているのは地獄谷、火山ガスが黄褐色になった岩石から噴出し、猛烈な硫黄の臭いを漂わせ、まったく地獄のような光景だった。 温泉の東北の方は登別原始林になっており、ここにはミズナラ、板谷楓を中心にいろいろな樹木が見られる。 東側の山頂(四方嶺)には熊牧場があり、ヒグマを見ることが出来る。 また山の上からは、透明度日本第二の倶多楽湖(くったら湖)が一望できる。

温泉の入り方

魅力一杯の温泉を紹介するのに併せて、「日本のお風呂の使用法」正しい入り方を教えましょう。

まず、脱衣場で服を全部脱ぎます。 最初は、全裸になることに抵抗があるでしょう。 でも、これが「裸のつきあい」という日本式のお風呂に入るための第一歩です。 ぐずぐずためらったりしないこと。 用意された小さなタオルで隠して浴室に入ります。 でもタオルはお風呂の中に入れてはいけません。 またお風呂に入る前に、先に胸や下腹部をお湯で洗います。 これは一番基本的なマナーです。 衛生面からいっても大事なことです。 

それが済んだら、ゆっくりと湯船に入ります。 日本のお風呂は相当熱いです(家庭のお風呂で摂氏42度くらい、温泉だと45度くらいあるかも知れません)。 慣れない人には、相当熱く感じられるかもしれません。 ですから爪先から入り、腰、胸、肩の順番にゆっくり身体を入れていくのがいいのです。 湯船に入ったら肩先が隠れるくらいのところでじっと浸かるのです。 日本の湯船は底が深く、腰が丁度底に当たります。 自然と肩が水の下になります。 でもそのままでいると心臓に負担がかかります。 心臓病や高血圧の人は注意が必要です。

入浴時間は、熱い温泉(摂氏4345度)の場合一回当たり5分―10分くらい。 ぬるめの温泉(摂氏40度以下)の場合、20分―30分くらいがいいでしょう。 

湯船から上がった後、「洗い場」でシャンプーや石鹸で、髪を洗ったり身体をきれいに洗って下さい。 頭や身体をきれいに洗ったら、もう一度湯船に入り、身体を温めましょう。 そして最後に、湯船から上がりシャワーで全身をきれいに洗い流したら、タオルで身体を拭き、脱衣場へ戻り、服を着ます。

別府温泉

位置:九州     特色:温泉の湯量、日本第一の温泉地

大分県中部の別府市内にある。 後には鶴見岳を主峰とする鶴見火山群があり、その温泉流出量は日本第一である。 別府温泉は浜脇、別府、観音寺、明礬(みょうばん)、鉄輪(かんなわ)、柴石、亀川、堀田のいわゆる別府八泉から成っている。 鉄輪(かんなわ)温泉付近の「地獄めぐり」というのが別府温泉の観光の目玉になっている。 あとは、コバルトブルーの色をしている「海地獄」、赤い血の色をした「血の池地獄」や、「龍巻地獄」という間歇温泉などが八ヶ所ある。

近くには、高崎山自然動物園があり、野生のニホンザル生息地として天然記念物に指定されている。 また鶴見岳と由布岳などに囲まれた志高湖などの名勝もあり、格好の観光スポットである。

指宿温泉

位置:九州     特色:砂風呂温泉で有名

南国の雰囲気に溢れた暖かい指宿市。 薩摩半島東南端にある九州の中でも代表的な観光地である。 特に、天然の砂風呂は有名で、温泉の蒸気で暖まっている砂の上に浴衣を着て横たわり、首から下全身に砂をかぶせ、温まると血のめぐりが良くなり、10分もすると身体中から汗が噴き出てくる。 子供から大人まで皆に喜ばれている。

|

« 381 中国の三面記事を読む(86)  桂林は 昔激戦地だった | Main | 383 中国は見る(194) もし安倍晋三が首相になったら »

旅行・地域」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 382 中国は見る(193) 日本ブラリ旅② 日本の温泉体験:

« 381 中国の三面記事を読む(86)  桂林は 昔激戦地だった | Main | 383 中国は見る(194) もし安倍晋三が首相になったら »