« 355 中国の三面記事を読む(74)  世界各国老人事情 | Main | 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 »

356 中国は見る(179)  小泉首相 今朝 靖国神社に6度目の参拝

小泉首相 A級戦犯を祀る靖国神社にまた参拝

2006-08-15 08:13:00 小泉再度参拜供奉有二战甲级战犯的靖国神社

来源:中国新闻网(北京)网友评论6条进入论坛

中新ネット東京8月15日電:小泉純一郎首相は今日午前、日本時間7時40分、再度A級戦犯を祀る靖国神社に参拝した。 今回は、やり方を変え“事前表明”して参拝した。

Photo_71 これで小泉首相就任後、連続6回目の靖国参拝となる。 また初めて8月15日という敏感な日を選んでの参拝である。

これより前、小泉首相はあいまいな言葉で、任期中の残りの期間中に選挙公約時の“約束”を果たすと暗示していた。

Photo_72 小泉首相がアジアの被害国民の感情を無視し、毎年靖国神社を強引に参拝するやり方は、日本とアジアの隣国の関係に影響を与え、中国、韓国などアジア隣国から強い抗議を受けた。

今、日本国民の多くも小泉首相の参拝に対し否定的な態度をとるようになり、日本のアジア外交によくないし日本の国益を損なうと感じている。

日本の主要メディアの最近の世論調査でも、小泉首相の参拝継続に反対する割合が半数以上になっている。 また日本のメディアの多くも、違う角度から小泉参拝に対する疑問を指摘する論調も増えている。 

しかし小泉首相は、あくまで参拝にこだわり、任期終了間際に今までより更にひどい選択を行った。

【外交部ウェブサイト】

今日8月15日、小泉首相はA級戦犯を祀る靖国神社に再度参拝した。

中国政府は、この日本の軍国主義侵略戦争の被害国人民の感情を傷つけ、中日関係の政治的基礎を破壊する行為に対し、強く抗議する。 靖国神社が祀るA級戦犯は、日本軍国主義が対外侵略を開始、実行した計画者であり、指導者である。 近代歴史においてアジアと世界に大きな災難をもたらした首謀者である。

小泉首相は、国際社会とアジア各国と日本国民が関心を持ち、反対しているのを無視し、あくまでも自分の意志に固執し、この戦犯を祀る靖国神社に参拝した。 これは国際正義に対する挑戦であり、人類の良識を踏みにじるものである。 中国は日本軍国主義の対外侵略戦争の最大の被害国であり、日本の侵略戦争で中国人民は極めて重大な災難を蒙った。

この歴史を正しく認識することが、戦後の中日関係の恢復と発展の政治の基礎であり、両国が共に未来に向かう前提である。 

小泉首相は、絶えず歴史問題で中国人民の感情を傷つけ、国際社会で信用を失ったばかりか、日本人からも信用を失い、日本の国のイメージと利益を損なっている。

中日関係の健康なる発展を守ることは、両国人民の根本的利益に合致するものであり、アジアと世界の平和と安定につながるものだ。

中国政府と人民は中日友好を大切にし努力する日本の政治家と日本国民と共に、中日の政治三原則に立って、“歴史を鑑に、未来を目指す”精神を持ち、たゆまぬ努力で両国の平和共存、世代友好、互恵協力、共同発展をめざそう。

日本の各界有識者の人達が、歴史の流れに従い、政治の障害を取り除き、中日関係をなるべく早く正常な道に戻すため力を尽くしてくれると確信している。 

|

« 355 中国の三面記事を読む(74)  世界各国老人事情 | Main | 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/11447294

Listed below are links to weblogs that reference 356 中国は見る(179)  小泉首相 今朝 靖国神社に6度目の参拝:

« 355 中国の三面記事を読む(74)  世界各国老人事情 | Main | 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 »