« 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る | Main | 361 中国は見る(182)  靖国神社の誤った歴史観 【2】 »

360 中国は見る(181)  靖国神社の誤った歴史観 【1】

人民日報評論:靖国神社参拝から間違った歴史観を見る①

主题:人民日报评论:从参拜靖国神社看错误的历史观

本文网址:http://bbs6.news.163.com/zhongri/709876,5l.html

8月16日《人民日報》に掲載された“国紀平”の文章

近年、中日関係は難しい局面に見舞われ、両国人民をやきもきさせると共に、国際社会からも注目されていた。

今年3月31日、胡錦濤中国国家主席は、北京で日本の日中友好七団体の代表と会見したとき明確に指摘した。“こうなった責任は、中国側にはなく、また日本の国民にもない。 日本の一握りの指導者がA級戦犯を祀る靖国神社に参拝し、中国人民を含む被害国人民の感情を傷つけ、中日関係の政治基盤を壊したことにある。

胡錦濤主席は、はっきりと中国政府の原則的立場を表明した。 中日政治の関係膠着状態を打破するためには、まず日本の指導者が頑なに靖国神社を参拝し、これがため中日関係改善に影響している問題を取り除かなければいけない。 この原則的立場に従い、中国側はいろいろな努力を重ねてきた。 

200608151412307c50d しかし小泉純一郎首相は、中国側の厳しい指摘と善意からの忠告に耳を貸さず、日本国内の強い反対も顧みず、国際社会の厳しい非難も無視、中日関係発展の大局をも気にすることなく、公然と“8月15日”という特別の日にまた靖国神社を参拝した。 このことは戦争被害国人民の感情をまた傷つけたばかりか、少し暖かさを取り戻したかに見えた中日関係に、更なる暗影を投ずるものとなった。 小泉首相は退任前の“最後の仕事”に得意のようだが、実際は、自分の政治生涯に重大な政治的汚点を残しただけだ。

(一)

《日中共同声明》など三つの政治文書を遵守することは、中日関係を発展し改善する政治の根本である。 その中で重要な内容の一つに、「日本が歴史問題を適切に処理する」ことがある。 中国側はこれまでずっと、日本軍国主義の侵略の歴史を正確に認識し対処することが、日本がアジアの隣国と国際社会から信用を得る必須条件であり、中日間で避けて通れない重大原則であるとしてきた。

しかし小泉首相は、中国政府の強い反対を顧みることなく、また日本政府が歴史問題で出してきた一連の厳粛な態度表明とお詫びを無視し、6年連続して靖国神社を参拝し、なおかつ参拝は、“心から平和のため”“これは日本の文化だ。 誰も干渉できない”と発言した。

靖国神社を参拝する問題は、一体、中国が小さなことを大げさに言っているのか、それとも日本の指導者の独断専行で、間違った道をドンドン突き進んでいるのか?

靖国神社自体に恰好の回答がある

1869年に建てられた靖国神社は、第二次大戦前は日本の軍部の所管だった。 日本国民に“聖戦”で身をささげる呼びかけをする重要な場所だった。 今ここには、明治維新以降のいくつかの戦争で亡くなった戦没者を祀っているばかりでなく、東条英機など極東国際軍事法廷で刑を言い渡されたA級戦犯14名も一緒に祀られている。 この14名のA級戦犯のうち13名が、直接中国侵略戦争に関係し指揮を執っていた。

靖国神社に付設されている遊就館の中には、戦犯達の写真、遺品が陳列されているほか、14名のA級戦犯達が獄中で署名した日本国旗も展示されており、説明文には“日はまた昇る”の字句が見えた。 ここでは、

侵略を侵略と呼ばず、“進入”としている。 日本が始めた侵略戦争を“日本人が日本を守るため戦った戦争”であるとし、極東国際軍事法廷で戦犯に出された判決を、“真実の歴史”の改竄であり、“日本人の名誉、誇り、尊厳に対する一種の犯罪”だとしている。

最近になって遊就館は、中国語、韓国語のパンフレットを作成しているが、その紹介文の中には、処刑された戦犯を堂々と“昭和殉難者”と呼んでいる--------

このような靖国神社、このような遊就館、どこが死者を弔い、身内を追慕する殿堂だ?

明らかに歴史を歪曲し、正当な道理を踏みにじっており、戦争犯罪人を称揚する記念館であり、無実を訴え招魂する場所である。 日本人の目からも、中国、韓国の人々の目からも、靖国神社は普通の神社ではない。

それは人類の重要な歴史の評価に関わるものであり、第二次大戦被害国人民の感情に関わるものである。 また国際正義と道理に対する同意か否定かに関わるものである。

それ故、日本政府の指導者の靖国参拝は、日本の内政ということばかりでなく、中日国交回復時の政治原則に関わるものであり、日本の戦後再建の出発点に関係するものであり、第二次大戦後の国際秩序に波及するものである。 また同時に日本と中国だけの問題にとどまらず、日本とアジアの被害国、日本と国際社会の問題となるものだ。

|

« 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る | Main | 361 中国は見る(182)  靖国神社の誤った歴史観 【2】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/11501823

Listed below are links to weblogs that reference 360 中国は見る(181)  靖国神社の誤った歴史観 【1】:

« 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る | Main | 361 中国は見る(182)  靖国神社の誤った歴史観 【2】 »