« 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 | Main | 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る »

358 中国は見る(180)  なぜ小泉首相は終戦記念日に靖国神社を参拝したのか?

2006-08-16 14:44:01 主题∶香港评论:为什么小泉在终战纪念日参拜神社

:http://bbs6.news.163/com/zhongri/711812,3.html

小泉首相は15日、日本国内、国外の反対を顧みることなく、やはり終戦記念日に靖国神社を参拝した。

これは日本の首相としては、21年前に中曽根康弘元首相が8月15日に参拝して以来のことであり、小泉首相は2001年の強力な支持団体である日本遺族会との選挙公約を果たしたことにもなる。 また一方では中曽根元首相の前例復活を図ったものでもある。 

小泉首相は事前に何度も予告をしていたので、各界とも意外性はなく、日本国内の一部の批判のほかは、中韓からもいつもの参拝の時に比べ抗議表明の最短記録を作ったくらいだ。 中国国内もデモはなく、 どうやら小泉首相の15日参拝の影響を最低限に抑え、わざと見ぬ振りして、次期首相に期待を寄せ、未来を向いてるようだ。 何しろ小泉首相の任期はあと一ヶ月なのだから。

参拝形式は厳かに

小泉首相の今回の参拝の理由は過去5回と同様である。 「国のために亡くなられた方に追悼のまことをささげ、不戦と平和の思いを新たにした」。 しかし明らかに去年と大きな違いがある。 去年は大阪高裁で小泉首相の靖国参拝が違憲だとの判決が出たことを考慮し、参拝の際は普通のスーツでしかも靖国神社本殿の参拝を避けていた。 今年はモーニングを着て、本殿昇殿を復活させ、「内閣総理大臣」の記帳をした。 このように厳かに行われたのは、やはり8月15日という敏感な日を選んだことにある。 

8月15日は韓国の解放記念日にあたる。 35年間の日本の殖民統治から解放された記念日である。 事前に中韓や日本の経済界からも、小泉首相にこの日には参拝しないように要望書を提出していた。 しかし小泉首相は、やはり意固地になってこの日に行った。 しかも今年の春から絶えず暗示を繰り返していた。 8月に入って、10日になると明らかに参拝すると明言していた。 小泉首相の宣伝が効を奏したのか、各界も彼が8月15日にこのタブーを犯すことに麻痺してしまった。 反発は意外にもそんなに強烈なものはなかった。

日本国内で比較的反対の声が強かったのは、同じ政権党の公明党や民主党及び小泉の盟友だった自民党の元幹事長加藤紘一。 この三者はいずれもアジア外交の観点から反対した。 加藤紘一元幹事長は、「小泉首相の靖国参拝により、日本の対中、対韓関係また全アジア外交はすっかり壊されてしまった」。 小泉首相の靖国神社参拝批判の大部分は、中韓を刺激するというものだった。 

日本人の歴史観を変える

小泉首相が任期内に6年連続靖国参拝したことは、日本人の第二次世界大戦に対する歴史観を変えさせ、右傾化させ、第二次大戦の責任を曖昧化させた。 例えば小泉参拝に反対の「読売新聞」は、今後、同新聞は太平洋戦争等を一律に「昭和戦争」にすると発表した。 「読売」の考えは、戦争責任は戦勝国の観点だけで見るべきでなく、敗戦国日本の観点でも見なくてはいけない。 この日本の観点から歴史を見直す風潮は、実のところ小泉首相の参拝と非常に密接な関係がある。 

小泉首相はどうしてもこの日に参拝しようとした。 選挙公約以外に、小泉首相の誰がなんと言おうと頓着せずにやるスタイルと関係がある。 「8月15日を避けても、いつも批判、反発する人がいる。 いつ行っても同じですね」や「いかなる批判があろうとも必ず行く」など。

事前に絶えず小泉首相の靖国神社参拝に強く反対していた経済界は、今日、中国が小泉首相の参拝問題を拡大する雰囲気がないことを見てホッとしていた。 北京の日本大使館前には30人ばかりが抗議に行っていたが、事前に許可を得たもので午前10時頃には解散した。 財界はもう小泉首相の批判はやめた。 小泉首相の参拝を個人レベルに落とした。

中韓の反応 次に期待

中韓は抗議したけれど、本音は次の首相に期待を寄せている。 韓国のノムヒョン(芦武鉉)大統領は、次期首相が参拝しないよう、そして靖国神社問題等を解決するよう要求した。 どうやら大々的に反発するつもりはないようで、ポスト小泉の選挙にも大きな影響はでない模様。

現在当選確実視されている安倍官房長官は、靖国参拝を争点にしないよう慎重に動いている。 それは安倍官房長官が首相は参拝に行くべきだと考えているからだ。 最近、靖国神社に代わる新しい国立の追悼戦没者施設を建設することについて、安倍氏は小泉首相より積極的だ。 もし安倍氏が本当にその方向に邁進するのであれば、靖国問題は解決できるし、彼の後継に影響はないのだが。 

|

« 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 | Main | 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/11471099

Listed below are links to weblogs that reference 358 中国は見る(180)  なぜ小泉首相は終戦記念日に靖国神社を参拝したのか?:

« 357 中国の三面記事を読む(75)  北京オリンピックの警備対策に新兵器 | Main | 359 中国の三面記事を読む(76)  張芸謀とスピルバーグが《西遊記》を撮る »