« 328 中国の三面記事を読む(60)  阮玲玉の遺書の謎 【3】 | Main | 330 中国の三面記事を読む(61)  阮玲玉の遺書の謎 【4】 »

329 中国は見る(166)  昭和天皇A級戦犯の靖国合祀に不快感 以後参拝中止

2006-07-20 17:19:03 昭和天皇因不满合祭甲级战犯而不再参拜神社

来源:新华网 网友评论0条进入论坛

新華ネット東京7月20日電:《日本経済新聞》20日朝刊一面トップに富田朝彦元宮内庁長官(故人)のメモから昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に強い不快感を示し、そのため1978年以降、靖国神社に参拝しなかったことがわかった。

この記事は《A級戦犯 靖国合祀 昭和天皇が不快感》と題した見出しで、《日本経済新聞》が19日に入手した富田朝彦元宮内庁長官のメモにより、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀に強い不快感を示されていた。

メモによると、1988年、昭和天皇が富田朝彦元宮内庁長官に1978年靖国神社がA級戦犯を合祀したことにより、だから私はあれ以来参拝していないと語っていた。

このメモの日付は、1988年4月28日。

記事には、昭和天皇が靖国神社に参拝しない理由を明確に語り、その発言を書き留めた文書が見つかったのは初めてで、“昭和天皇が参拝しなくなったのはA級戦犯合祀が原因ではないか”との見方が裏付けられた。

メモには昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。

昭和天皇は靖国神社を戦後8回参拝したが、1975年11月が最後となった。

昭和天皇は1978年以降、靖国神社を参拝しなくなった理由についてこれまで不明で、二つの見方があった。 ひとつは、“A級戦犯合祀が原因”、もう一つは、“三木首相の靖国神社参拝が「公人か、私人か」を巡り政治問題化したため”とされていた。

現在の天皇陛下は1989年の即位以降、靖国神社には参拝されていない。 

靖国神社の前身は東京招魂社で、1869年戊辰戦争の政府側戦死者を慰霊するため建てられた。 1879年に靖国神社に改称。 靖国神社には近代以降の戦争で政府側戦没者約246万6500柱が祀られている。

1978年A級戦犯14名が合祀された。

|

« 328 中国の三面記事を読む(60)  阮玲玉の遺書の謎 【3】 | Main | 330 中国の三面記事を読む(61)  阮玲玉の遺書の謎 【4】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/11035811

Listed below are links to weblogs that reference 329 中国は見る(166)  昭和天皇A級戦犯の靖国合祀に不快感 以後参拝中止:

« 328 中国の三面記事を読む(60)  阮玲玉の遺書の謎 【3】 | Main | 330 中国の三面記事を読む(61)  阮玲玉の遺書の謎 【4】 »