« 294 中国の三面記事を読む(44)  セミヌード事件 | Main | 296 中国の三面記事を読む(45)  日本人の嫁さんは絶対いい 【上】 »

295 中国は見る(152)  北京と日本で 道を尋ねた時

2006-06-13 12:18:12 主题:在北京和日本问路

本文网址:http://bbs6.news.163.com/board/rep.jsp?b=zhongri&i=552736

数ヶ月前、私は北京へ出張した。 ある日、時間が空いたので遊びに行こうと思った。 北京へ出かける前に、王府井の賑わいを聞いていたので、北京に行った時は、何はさておいても行ってみたいと考えたのだ。

丁度向こうから、私の両親と同じ年頃のおばさんが歩いてきた。 私は近寄って訊こうと思った。 「ちょっとすみません。 お伺いしたいんですが、王府井はどう行ったらいいでしょう?」 しかしこのおばさん、私の問いかけが耳に入らなかったかのように、どんどん歩き続け、歩みを止める様子もない。 でも私とすれ違った瞬間、はっきりした北京口調で「王府井? 遠いわよ」と言った。 私が、どう行ったら、どのバスに乗ったらと訊こうと振り返った時には、このおばさんは人ごみの中に消えていた。 ちょっとがっかりしたが、首都北京はやっぱり違う。 傑物が多いのだ。 普通のおばさんでさえ、こんなに素早い腕を見せるとは、と感心してしまった。 

私はそこで暫く休憩し、今起こった出来事を思い返した。 たった今、道を尋ねたことがまるで夢の中のことのように思えた。 いや、それとも幻覚だったのかと疑ってしまうほどだった。 あのおばさんは、最初から存在しなかったのだ! それから続けて、何度か道を尋ねた時も大体同じようで、一度もちゃんと答えて貰えなかったことを思い出した。 論外だったのは、私に10元か20元(150-300円位)出せば、どう行くか教えてやるというのが、2回ほどあったことだ。

その時から、私の心に「もう訊くまい」という気持ちが起こり、交番以外、二度と北京の人に道を訊くことは止めた。 私は携帯で北京の街と地図を引っ張り出し、道の標識を調べ、地図を見ながら、何とか行きたい所へたどり着けた。 

これ以外に、私自身何度か外国の旅行者から道を尋ねられたことがあった。 尋ねた人に行きたい場所を確実に教えられない時は、この携帯地図を利用して、彼等が行きたい場所の方角、この場所からの距離、バスの路線を説明することができた。 手助けした後、この人達のうれしそうな笑顔を見た時、私はささやかな満足感を感じた。 そしてこの感じがなんとも心地よかった!

もう一つ、私が日本で道を尋ねた時のことをご紹介しよう。 以前、日本にいた頃、東京以外では、友達とよく週末や祭日の時、新幹線で他の街へ遊びに行った。 道を尋ねることはしょっちゅうだった。 私の記憶では、拒絶されたり、いい加減な答えをされたことは一度もなかった。

探している場所が近くで、尋ねた人に何も用事がなければ、その人が直接その場所まで連れて行ってくれることもあった。 また訊かれた人が、その場所をわからない時には、ちょっと待てと言って、他の人に道を訊いて教えてくれたこともあった。 一度こういうことがあった。 私が中年の人に道を訊いた時、彼はあいにくその場所がわからなかった。 その時、道を歩いている人もいなかった。 その人は携帯で、彼の友達に連絡を取りその場所への行き方を尋ねてくれた。 こんなことは、中国では多分ありえないことだが、日本では、よく見られるありふれたことだ!

私はすべての中国人を否定するつもりはない。 しかし、たとえば自分が住んでる街で、道を尋ねる人がいたら親切にし、ちゃんと答えてやったらどうだろう!

一滴の水でも太陽に照らされれば七色の光を放つ。 ほんの些細な行為でも我が国の民度の反映となるんじゃないだろうか?    

|

« 294 中国の三面記事を読む(44)  セミヌード事件 | Main | 296 中国の三面記事を読む(45)  日本人の嫁さんは絶対いい 【上】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 295 中国は見る(152)  北京と日本で 道を尋ねた時:

« 294 中国の三面記事を読む(44)  セミヌード事件 | Main | 296 中国の三面記事を読む(45)  日本人の嫁さんは絶対いい 【上】 »