« 261 中国は見る(130)  日本のメディア 小泉首相8月15日靖国神社参拝か と報道 | Main | 263 中国は見る(132)  反日を考え直せ 《下》 »

262 中国は見る(131)  反日を考え直せ 《上》

私が見た日本 ① 

2006-05-05 19:59:41 主题:我看到的日本

:http://bbs6.news.163.com/board/rep.jsp?=zhongri&i=488484

仙台にて

2000年2月から2年間、私は日本学術振興会特別研究員として仙台にある東北大学で勉強した。 仙台は東北地方の中心で、東京から北へ350キロのところ、新幹線だと仙台から東京へは1時間40分かかる。

仙台の東は太平洋で、西は奥羽山脈に囲まれ、南北は日本有数の穀倉地帯である。 仙台から約30キロ離れたところには、日本三景の一つ松島がある。 仙台は“杜の都”と呼ばれているが、これは森が多い町という意味である。 市内を広瀬川という川が流れており、川の水は澄んできれいである。 気候は穏やかで心地がよい。 一番寒い一月の平均気温は摂氏1.5度くらい。 一番暑い8月の平均気温は24.1度くらい。 きちんとした静かな町である。 もちろん自動車も多いが、自動車のクラクションを聞いたことがなかった。

春、ピンクや白の桜の花が、仙台市内の各公園や山や野原に咲き誇る時には、私も恋をしたくなるような気分になった。 秋には、モクセイの甘い匂いがただよった。

東北大学は三番目の帝国大学として、1907年に創建され、校訓は“雄大剛健”で、学風は“研究第一主義”。 1913年、3名の女子大生を受け入れた。 これは日本の大学として始めての出来事であった。

東北大学は現在、理学部、工学部、文学社会科学部、医学部、農学部などがある。 金属材料の研究所は世界第一だということだ。 

魯迅先生が1904年9月から1906年3月まで、仙台医学専門学校に留学された。 今の東北大学医学部の前身である。 今は構内史料館に関係資料が保存されており、本部のところに魯迅先生の銅製の半身の彫像がある。

仙台市の中国語ホームページにはこういう文章があった。 “中国の21世紀に、魯迅先生のような立派な人を育てるよう仙台市は努力しています”

会議や仲間の所へ訪ねたり、旅行などで、私は、東京、横浜、京都、大阪、奈良、札幌などによく出掛けた。

トルストイは“幸福な家庭はよく似かよったものだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である”といっている。 国家も同じようで、発達した先進国は根本的な所は似通っているが、礼儀については、今日の日本人は一民族としては世界で一番だと思う。

1.    友好的な人々

ある国の人が友好的かどうかは、道を尋ねればわかる。 私は日本語がわからず、日本での交流手段は英語に漢字を交えていた。 仕事上は英語で事足りた。

私は仙台に着いたばかりの頃、2回ほど道に迷ったことがあった。 一度は昼間、尋ねたのは姉弟の二人で、同じ学校の大学生だった。 私は自分の住んでる住所を見せた。 漢字なので彼等にはすぐわかった。 すぐ英語で私を連れて行こうとした。 でも、どう行ったらいいかわからない。 で、私を連れて、人に聞きながら歩いた。 30分くらいかかってやっと我が家にたどり着けた。 

もう一回は、夜十時過ぎだった。 雪が降っていた。 私は市内の真ん中で、前から自転車を押して歩いてきた中年の男性に尋ねた。 彼はそこを知っていて、引返し私を案内しようとした。 私は申し訳なく思い、“どう行くか教えてくれれば結構です”と言うと、彼は“仙台に来てどれくらい?”と訊いた。 私が“5日”というと、“じゃあ、道がわからないだろう” とどうしても案内するという。 “お仕事は何ですか?”と訊いたら“セールスです”という。 彼は、私が間違いなく帰れる場所まで一緒に行ってくれてそこで別れた。 普通、道を尋ねると日本人はよく紙に道順の地図を書いてくれる。 彼等は喜んで人を助けてくれるようだ。 商店や食堂の店員もいつも笑顔で話しかけてくれる。

ある時、私は日本を離れる友人に付き添って警察に“無犯罪記録証明書”(西側のある国ではこういう要求がある)の発行依頼に行った。 私は近くから警察の中を見たり、二人のやり取りを聞いていた。 警察の人はとても叮嚀で、商店の店員のようになごやかに応対してくれた。

2.    社会治安はとてもいい

仙台に来たばかりの頃、中国人留学生が「昼間、自転車に鍵をかけないで、町に何時間置いておいても、盗む人がいない」と言っていたのを聞いて、「本当かな?」と思った。 私が北京にいた時、一週間の間に、自転車が2台盗まれたので、交番に行き警官に事情を説明しようと思ったら、その警官は私が中関園に住んでるというと、笑って言った。 「私もそこに住んでいるが、一年で5回も盗まれた」

仙台で初めて部屋を借りようとした時、不動産屋さんが今二つ開いてる部屋があると言って、私に住所を教えてくれ、先にまず見てみたらどうですと言う。 私が鍵を下さいと言うと、鍵はその部屋の机の上にありますという。 鍵は閉めてないのだ。 私は午前中誰か部屋を見に行ったんだろうと思った。 部屋の中には家具もテレビもビデオも揃っている。 二度目も同じようだった。 ちょっとこれには面食らった。

私の中国の友人が千葉にいる。 彼は東京に勤めており、朝早く出勤し夜遅く帰る。 千葉県は東京のベッドタウンといわれる。 東京に勤め先がある人が多く、千葉は寝に帰るだけ。 実際言って、東京まで遠い。

私が友人の家へ行った時、彼は出勤していた。 入口に紙が貼ってあった。 漢字で「どうぞお入りください。 鍵はかかっていません」 彼が戻ってきた時、私が「こんなことしたら危ないじゃないか?」というと、彼は「家にはお金はないし、こんな電気製品や着物、布団なんか持って行く奴いないさ」 日本は暴力事件は少ないし、殺人事件も少ない。

もしそんな事件が起こればテレビで全国放送されてしまう。

|

« 261 中国は見る(130)  日本のメディア 小泉首相8月15日靖国神社参拝か と報道 | Main | 263 中国は見る(132)  反日を考え直せ 《下》 »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/10012530

Listed below are links to weblogs that reference 262 中国は見る(131)  反日を考え直せ 《上》:

« 261 中国は見る(130)  日本のメディア 小泉首相8月15日靖国神社参拝か と報道 | Main | 263 中国は見る(132)  反日を考え直せ 《下》 »