« 255 中国は見る(127) 日本のテレビドラマについて 《下》 | Main | 257 中国は見る(128)  ホームステイで感じた日本人の忸怩たる思い »

256 中国の三面記事を読む(32)  ハリウッド”南京大虐殺”を映画化へ ②

先月《231 中国の三面記事を読む(18) ハリウッド“南京大虐殺”を映画化① 06-4-10》をお伝えしましたが、今現在、中国にその続報はまだないようです。 

一方、監督や出演を期待されているクリント・イーストウッド氏は、テレビ西部劇「ローハイド」で昭和37年に来日以来、44年ぶりの再来日、4月28日には監督を務める「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」の制作報告会見が行われ、渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童ら出演者も出席した。 日本側から描く「硫黄島からの手紙」は4月27日にクランクアップしたばかり。 この映画は12月公開予定。 米国側から描く「父親たちの星条旗」は、10月公開予定。 

ということは、クリント・イーストウッド氏が“南京大虐殺”を撮る時間、出演する時間はないと思われます。 中国側の先だってのニュースは誤報だったのでしょうか?   

《参考:旧聞ニュース再録》ハリウッド一億ドルで南京大虐殺を映画化――アメリカの良心 2006-03-31 10:53:54 主題:美国人的良知! 好莱塢一億美元籌拍南京大屠殺本文网址:http://bbs6.news.163.com/board/rep.jsp?b=zhongri&i=472066

これは作家の張純如が命懸けで書いた南京大虐殺の真相である。 彼女がこの本を書いたとき、日本人からの脅迫状が沢山舞い込んだという。 ハリウッドは近々南京大虐殺を基にした超大作《南京の大災難》の撮影に入り、1937年の日本軍国主義の暴虐を再現する。  これはハリウッドがはじめて撮る南京大虐殺の映画である。 《シンドラーのリスト》に継いで、ハリウッドが第二次大戦の暴虐を描く映画となる。 

先日、江蘇省文化産業グループとアメリカハリウッドのViridian娯楽会社のジェラード・グリーン代表取締役が《南京の大災難》の映画制作の契約に調印した。 2007年の南京大虐殺70周年の際、全世界で公開するという。 伝えられるところでは《南京の大災難》は、中国の一家庭の視点から南京陥落前後の状況を見るもので、その中には日本軍の暴行、中国人の屈辱と反抗、第三国の救援などがあり、1937年南京で行われたその災難が再現されている。 

この映画は今年撮影を始める。 ロケはすべて南京で行われる。 ジェラード・グリーン氏は取材に対し、 “私はこれを「シンドラーのリスト」に継いで、後世に残る作品にしたい” シナリオの初稿は出来上がっているという。 《南京の大災難》の最初の題名は《南京・ クリスマス・1937》だった。 というのは映画の中に、南京の宣教師一家がクリスマスを過ごすシーンがあり、そのクリスマスの暖かい場面とこの世のものと思われない悲惨な残虐場面との対比をねらった。

アメリカの名シナリオ作家ウイリアム・ マクドナルドがこの映画を担当することになったとき、題名を直感的に《南京の大災難》と改めた。 ウイリアム・マクドナルド氏は、去年から各種資料を調べ、またアメリカ籍中国人作家張純如が書いた《ザ・レイプ・オブ・南京》を熟読し初稿を書き上げた。

大虐殺の惨状、シナリオ作家に衝撃を与える

アメリカから南京に飛んだウイリアム・マクドナルド氏が最初に見たのは南京大虐殺記念館だった。 万人坑の遺跡でウイリアム氏は、ガラスケース内に置かれた骸骨を指さし驚きの面持ちで朱成山館長に尋ねた。 “この骨はみな本物ですか?” “当時、私達がここで掘り起こした骨です。 ちゃんと検証したもので間違いありません”朱館長が答えた。記念館の重苦しい雰囲気の中でウイリアム氏はそれ以上質問することなく、ただそれらが遺骨と説明されている死因を黙々と見ていた。 “あの釘は人体の中に打たれてあった鉄釘で、死体の中から見つけました” 朱館長が説明した。  “ひどい!” ウイリアム氏が驚嘆の声を上げた。 “これについては、張純如の本には書いてなかった。 こういった小さいこともシナリオに追加しよう” ウイリアム氏は何か考え付いた様子だった。 “今回の参観は、私にとってショックだった!”

“マディソン郡の橋”の二人またコンビを組む?

《南京の大災難》は当初3000万ドルでスタートしたが、最終的に総額は一億ドルを越す見込み。 英国政府も同映画の製作に200万ドルの無償支援を決めた。 現在映画会社は、アメリカの硬骨漢スターのクリント・イーストウッドと演技派女優で何度かオスカーを取得しているメリル・ストリーブと交渉中。 二人はかって《マディソン郡の橋》で共演した。 映画会社は、その他の俳優もハリウッド最高の陣容で、監督もハリウッドの重量級監督になるといっている。

|

« 255 中国は見る(127) 日本のテレビドラマについて 《下》 | Main | 257 中国は見る(128)  ホームステイで感じた日本人の忸怩たる思い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/9907183

Listed below are links to weblogs that reference 256 中国の三面記事を読む(32)  ハリウッド”南京大虐殺”を映画化へ ②:

« 255 中国は見る(127) 日本のテレビドラマについて 《下》 | Main | 257 中国は見る(128)  ホームステイで感じた日本人の忸怩たる思い »