« 236 中国の三面記事を読む(21) 宮崎駿作品“火垂るの墓”をけなすネットの書き込みに一言 | Main | 238 中国は見る (122)  日本の実態報告――私の体験 《下》 »

237 中国は見る (121)  日本の実態報告――私の体験 《上》

2006-04-12 06:43:47 主题:告诉你一个真实的日本近期一位中国人到日本的一些感受  本文网址:http://bbs6.news.163.com/board/rep.jsp?b=zhongri&i=183931

日常生活面から感じたことを紹介します。

1.    偽物がない

中国国内の偽物氾濫に慣れているところから、偽物がない所に突然来ると、ちょっと違和感を感じてしまいます。 日本では買い物の際、基本的に偽物のことなど考えなくていいのです。 100円ショップ(大部分の商品が100円で、中国の10元店に似ている)から大きな店、ネットでの購入、自動販売機等、商品は値段の違いはあるけれど、偽商品について心配する必要はありません。 中国で偽物が一番多い、例えばタバコは、こちらで偽物を掴まされることはありません。 私がタバコを吸うので、これは実感できました。

特に食べ物については、食品安全事件は非常に少ないようです。 たとえ問題が起きてもすぐ解決されます。 例えばちょっと前のことですが、日本の老舗の食品会社が生産している牛乳に問題が起きたとき、その百年続いた老舗の店は、倒産に追い込まれました。 また日本で鳥インフルエンザが発生した時、地方の養鶏協会の会長が、自分の農場の病状を隠したところ、それがバレその農場の夫婦は心中してしまいました。 狂牛病についても、日本はアメリカの牛肉の輸入を全面的に禁止しました。 政治的な要因がありますが、日本は食品の安全については非常に注意を払っています。

2.    日本人の“決まりごと”

日本では“決まりごと”が多く、礼儀もうるさい。 例えば日本では、エスカレーターに乗る場合、一般的に左側に立ち、右側は空けておきます。 もし急ぐ場合は右側を通ります。 ゴミの分類も非常に細かく、天皇の娘が平民に嫁ぐことになり、嫁入り前の学習内容にゴミの分類も入っていたそうです。 これは日本の主婦の必修科目なのです。 礼儀作法も面倒で、日本語の中には数多くあります。 尊敬語という独特の表現法があり、中国語より断然多いです。 

今まで私は、日本人が公共の場所でケンカ(新聞ではよく見ます)してるところを見たことがありません。 あなたにもし過失があったとしても、一般的には好意的に処理してくれます。 私の友人が洗濯中、不注意で水を下に流してしまったことがった。(こういうことはよくあることで、古い家には洗濯用の排水設備がないことが多い) 幸いたいしたことにはならなかった。 下に住んでいたおばあさんが、何も言わずに友人のところにやってきて処理してくれた。 たとえ損害が出た場合でも、損失の程度に応じ賠償すればよい。

3.    治安方面

東京の治安関係はとてもよい。 電車の中でもめったにスリなどに遭わない。 よく膝の上にカバンを置き寝ている姿を見かけるが、盗まれる心配はない。 もちろん犯罪がないわけではない。 新聞でもしょっちゅう殺人などの報道が見られる。 だが総体的に治安はいいと思う。 日本に8年も暮らしている友人も盗みにあったことはないという。 

日本にはホームレスもおり、普段は、駅、公園にダンボールなどでねぐらを作っている。 追っ払う人はいない。 彼等は一般的に物乞いはしない。 24時間コンビニなどでは、当日を過ぎた食品をホームレスにあげているという。

ちょっと前のニュースで、大きな川の土手に住み着いたホームレスが沢山のウサギを飼っていて、その数数十匹もいたそうだ。 ウサギが穴を掘るため、お役所が土手の安全を心配したそうだが、追い払うわけにもいかず、その家の周りに柵を設けた。 その後、ウサギは付近の学校に引き取られたそうだ。

4.不景気?

日本はバブル崩壊後、不景気になったという。 私の感じでは日本の経済の基礎はしっかりしていると思う。 経済発展がわかるポイントは就業率(経済学科じゃないので、ただ私の直感です)。 というのは、日常の仕事が結構あるのを実感しているからです。 基本的なバイトの時間当たりの単価を言いますと、普通一時間1000円位です。 もちろん高いのから安いのまであります。 東京での毎月の生活費用は大体15万円ほどかかります。 これは一人で部屋を借り、すべての費用を負担した場合です。 ですから、毎月このバイトを150時間すれば、基本的な生活は保障されます。 日本で暮らしている多くの留学生は、毎月バイトで30万円の収入があります。

日本人は消費水準は結構高いのです。 例えば引越し、引っ越す時は、新しい電化製品を買います。 そして古い家電製品を捨てるのです。 それも多くはまだ新しいものです。 もちろん大きいものは廃棄処理費用を徴収されます。 日本に長く住んでいると、沢山の物を拾うことが出来ます。 机、椅子、電気製品など。 これもお金を使わないで住む方法です。 北朝鮮は日本から自転車を船で運んでいるそうです。 真偽のほどは知りませんが。

|

« 236 中国の三面記事を読む(21) 宮崎駿作品“火垂るの墓”をけなすネットの書き込みに一言 | Main | 238 中国は見る (122)  日本の実態報告――私の体験 《下》 »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/9614693

Listed below are links to weblogs that reference 237 中国は見る (121)  日本の実態報告――私の体験 《上》:

« 236 中国の三面記事を読む(21) 宮崎駿作品“火垂るの墓”をけなすネットの書き込みに一言 | Main | 238 中国は見る (122)  日本の実態報告――私の体験 《下》 »