« 220 中国の三面記事を読む(10) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ② | Main | 222 中国の三面記事を読む(11) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ③ もう一つの物語 »

221 中国は見る(117)  中国 今日 日中関係について重要発言?

日本のメディア 胡錦濤国家主席が日中関係について“重要講話”を発表と報道

2006-03-29 05:06:45 日媒体称中国领导人将就中日关系重要讲话

来源∶东方网收藏此页网友评论4

日本の橋本龍太郎元首相が日中友好団体7団体のメンバーと共に、30日から3日間の予定で中国を訪れる。

中国外務省の秦剛スポークスマンは、昨日(28日)の定例記者会見で今回の訪問が“日中関係の改善と発展を推進することを希望する”と述べた。 その上で、その際中国指導者(胡錦濤国家主席)が中日双方の代表と会うことになると語った。

中国国際問題研究所晋林波研究員は上海東方早報の記者の取材に対し、“代表団は日本国内の対中友好組織を代表しており、話題の核心はやはり現在の中日関係になる。 一定の意義はあるものの、日本の政治に足しては大して影響はない” と語った。

中国側“重要表明”か?

秦剛スポークスマンは、中日友好協会の招きに応じて日本の日中友好7団体の会長一行が3月末中国を訪問し、中国側の関係団体責任者と民間交流の強化と、両国関係の発展を促進するため意見交換を行うと語り、中日民間の交流は両国人民の友好を深め、中日関係の改善と発展を推進する上で、非常に重要な意義がある。 我々は今回の訪問を極めて重視している。 今回の訪問がこの目標実現に役立つよう希望していると強調した。

報道によると、“日中友好議員連盟”など7つの日中友好団体会長から成る“知中派”訪中団で、日中友好協会会長、野田毅衆議院議員、高村正彦元外相等の重要政治家が含まれている。 両国の間では比較的規模が大きく、ハイレベルな会談である。

中国側もハイレベルクラスが対応する。 これは双方が両国関係の改善に一定の期待を抱いている表れである。

晋林波研究員はこう分析している。 “中国について言えば、これには積極的理由がある。 今回双方は現在の中日関係について一定の態度表明をする。 中国は多分、国際社会に向かって、中日関係についての

態度と立場をはっきり表明し、両国関係の発展を促進する動きをとるはずだ。 日本のメディアは、胡錦濤国家主席が講話形式で中日関係に対する「重要発表」を行い、日本国民に「メッセージ」を送り、日本国内の理解を得ようとするのではないかと報じている”

中日関係の新しい中味を探る

代表団の関係者が語るところによれば、中日両国の理解の相違から、会談内容の発表に齟齬がないようにと、代表団のメンバーの一部の人が、24日、王毅駐日大使と会談を行い、胡錦濤国家主席が発言する時、小泉首相の靖国神社とA級戦犯問題には触れないことを申し入れたという。 聞くところでは、日本側は31日午前中国側友好団体と会談する時、靖国神社などの具体的問題を討論し、午後は胡錦濤国家主席との会談の中で“正面の話題”(プラスになる話題)を話すことを提案したという。

晋林波研究員は、“日本の政界には靖国神社問題に違う意見を持つ者もいる。 今回双方は、主に靖国神社以外の中日関係の諸問題を話すことになろう。 しかし靖国神社は中日関係の膠着状態のネックになっている。 日本はこの問題で譲歩することはまずない。 従って中日関係は当分の間、実質的改善は難しい。 だからこそ、橋本の今回の訪中は中国に対する友好の目玉になるものであり、またこれは、日本側の別の政治勢力の靖国神社に対する反対の態度を反映したものである。

橋本元首相の訪中は三重の意義がある

今回の訪中代表団橋本龍太郎団長の役割について、晋林波研究員は“三重の意味があるという。 一つは、橋本は日本の元首相である。 これは今回の訪中は現首相に次ぐハイレベルであることを意味している。 彼は日本の政治界の代表である。 また別の面からいうと、橋本は自民党有力派閥の代表的人物である。 そして知中派政治グループ田中派の代表でもある。 そのほか橋本は日本国際貿易促進協会会長であり、友好議員連盟を代表し対中積極態度をとっている。

中国側は日本のそれぞれの代表団を区分けして対応しており、小泉首相に対し目に見えない圧力を加えている。 例えば、2月21日商務部薄煕大臣の招きで訪中した、二階俊博経済産業大臣には温家宝首相が接見した。 これで十分その意味がわかろう。

2001年、小泉首相が登場して以降、毎年靖国神社を参拝したため、中日関係を国交回復以来最低の状況に落ち込ませ、中日首脳の相互訪問が中断したままとなっている。

中国外務省の秦剛スポークスマンは、27日、日本の共同通信社の取材に対し、中国トップ会談は、“適切な雰囲気が必要”と答え、“中国側の立場にはいかなる変化もない”と強調した。                                              

|

« 220 中国の三面記事を読む(10) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ② | Main | 222 中国の三面記事を読む(11) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ③ もう一つの物語 »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/9345897

Listed below are links to weblogs that reference 221 中国は見る(117)  中国 今日 日中関係について重要発言?:

« 220 中国の三面記事を読む(10) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ② | Main | 222 中国の三面記事を読む(11) 京都・奈良を空襲から守った中国人・梁思成 ③ もう一つの物語 »