« 208 中国の人口 | Main | 210 中国は見る(112)  小泉首相の”心”の中を探る »

209 中国は見る(111)  麻生外相米紙寄稿論文について

中国:日本は誤った歴史観で他国を軽率に非難すべきでではない。

 

2006-03-15 19:25:00  来源:中国新闻网收藏此页网友评论1264

中方:日本历史错误不能成对别国指手画脚的资本

 

中新ネット3月15日電:中国外務省秦剛スポークスマンは今日、日本の麻生太郎外務大臣が文章の中で、中国に対する発言をしたことについて、日本の外交当局の最高責任者が、中国の政治体制について、あれこれ言うのは不適切だと述べた。

 

日本の麻生太郎外務大臣が先日“ウオール・ストリート・ジャーナル”で、“日本は中国の民主的な将来を歓迎する”という題の署名寄稿論文の中で、“中国は大躍進や文化大革命など誤った政策を行った。 今もまだ理想と現実のはざまでバランスが取れていない。 中国はいずれ民主国家になる。 中国は日本が過去犯した誤りから教訓を学び取り、国内の民族主義意識をコントロールし、「帝国化」に向かうべきでない”

 

秦剛スポークスマンはこの文章に対し、中国で行っている社会主義は中国人民の選択であり、中国の国情に合ったものだ。 中国の発展は、中国人民を幸せにするばかりか、アジアや世界の平和のため大きな貢献をしている。 中国は平和への道を堅持し、現在はもとより将来にわたっても覇権を求めることはしない。 これは中国の伝統文化、発展の中から国家の利益として決定したものだ。

 

日本について言うなら、今重要なのは自分の歴史認識問題を適切に処理し、アジア隣国の信頼を真剣に取り戻すことだ。 中国は一貫して国と国との相互尊重、平等に向かい合うことを主張している。 教師面気取りには反対だ。

 

皆さんもご存知の通りです。 日本は誤った歴史観で他国をあれこれ言わない方がいい。

 

《麻生外務大臣発言録あれこれ》

 

* 麻生太郎 再度台湾を“国家”と呼ぶ。

* 麻生太郎 再度“中国脅威論”を語る。

* 麻生太郎 “中国は過去にこだわるな”と語る。

* 麻生太郎 講演で“天皇に靖国神社を参拝してもらいたい”と語る。

* 麻生太郎 侵略を美化し、中国側“憤慨”表明。

|

« 208 中国の人口 | Main | 210 中国は見る(112)  小泉首相の”心”の中を探る »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/9154930

Listed below are links to weblogs that reference 209 中国は見る(111)  麻生外相米紙寄稿論文について:

« 208 中国の人口 | Main | 210 中国は見る(112)  小泉首相の”心”の中を探る »