« 138 中国は見る (51) 映画”男たちの大和” 関連 続編 | Main | 140 中国は見る(53)  日本と中国の和解は? »

139 中国は見る(52)  日本と中国 女の子の短いスカートについて思うこと

日本の女の子は なんで寒く感じないのか?

 2006-01-07 11:03:36 :日本MM不怕冷?

本文网址:http://bbs6.news.163.com/board/rep.jsp?b=zhongri&i=356520  

昨日【女王の教室】を見終わって、一つ気がついたことがある--------和美はどうして一年中あんな薄くて短いスカートを穿いているんだろう?!もちろん、これはドラマだからと説明できる。 しかし私は実際でも、日本の女の子たちは、とにかく寒さをなんとも思っていない、一年四季を通じてどの子も短いスカートを穿いているのを知っている。

以前、この問題について日本に留学したことのある何人かの中国の学生に訊いたことがある。 彼等が言うには、日本では小学生、中学生は制服を着ることになっており、女生徒の校服は一般に短いということだった。 日本の女の子たちは、小さい時からこうして鍛錬されているので、慣れてしまっている。 厳しい言い方をする留学生は、“日本は小学生から子供に寒さに耐える訓練をしてるのよ。 小さい時から甘やかされている中国の子供たちにはわからないでしょうね” 

私だって、子供の頃を思い返せば、冬よく聞いた言葉は--------“寒くないように、服ちゃんと着た?” 昆明の天気は“四季春の如し”といわれており、冬でも大体10度以上ある。 でも、毎年冬になると、自分を「チマキ」みたいに包んでしまっていた。 小さい時、文句を言ったことを覚えている。 “スカートが好きだから、冬でもはきたい。 テレビの中でも、皆はいてるじゃない” でもママが、“あれはお芝居なの!” 私は何も言えなかった。 中国の子供は皆こう思っている---------冬は、沢山着るものだ! 

その後、大きくなって、身体も丈夫になるに従い、私も周りの人もだんだん薄着になっていた。 上海に来てから感じたことは、上海は昆明の冬よりもっと寒いけれど、でも短いスカートをはいている女の子が多いなっていうこと。

もちろんこう書いているけど、決して子供の頃家の人が心配していたことを間違っていたといっているのではない。 あれは子供たちのことを思って言ったことなのだから。 しかし私は思う。 ここに反映されているのは教育理念の相違に違いない。 中国の父母は、本当に自分の子供を大切に思い、子供がちゃんと食べているか? おなかすかせていないか? ちゃんと着ているか? 寒くないだろうか? 元気だろうか? 疲れてないだろうか? と心配している。 

私が中学の時、クラスの女生徒の父母が担任に、“うちの娘は身体が弱く、冷たい水にもさわらせたことがないので、クラスの掃除当番ははずしてください” と頼みにきたことがあった。 でも、クラスの担任はその要求を断った。 “そんなに甘やかしてはいけません” そして、その女生徒に掃除の仕事をさせた。 卒業する頃には、身体も丈夫になりました。 私は、そのクラス担任は好きじゃなかったけど、この取り扱いには拍手を送りました。

ところでこれとは反対に、私は、日本の父母はちょっと極端ではないかと思います。 これは私自身、身をもって体験したわけではないので或いは間違っているかも知れません。 でもネットやいろんなルートから知った日本の教育方法です。 日本の家庭では自分の子供が他の人に迷惑をかけないようにしています。 例えば、子供が学校で病気で倒れたら、親は学校に迷惑を掛けたということで、お詫びを言います。 同様に、もし身体が弱くて冬スカートをはいて病気になったとしても、子供が短いスカートをはかされたからと学校のせいにはできない。 こんな弱い身体の子供を生んで学校に迷惑を掛けました、申し訳ありません。悪いのは自分の子供です。 一体、誰が子供をこんなに悪くさせたの?中国だったら親が学校に乗り込んで大騒ぎになるのに。

言葉を換えて言うと、私は中国の保護者はやさしいトリのお母さん。子供を注意深く羽の下で保護する。 日本の保護者は、強いタカのお母さん。 子供をガケから落としてでも、自分で飛ぶことを学ばせる。

小学校の頃、多分90年代初め頃、日中青少年友好サマーキャンプがあったでしょう。 当時、日中の子供と保護者の間に大きな違いが見られ、社会問題になったことがありました。 当時、私のクラスの担当は、クラス会でこのことについて語り“私達にもっと自分を鍛えるように”言いました。 その励ましの言葉から、私ははじめて家には内緒であることをやろうとしました。 でも家に帰ってバレてしまい、さんざんしぼられたので、“鍛錬”の道はすぐつぶされてしまいました。 でも、私は親をうらんだりはしません。 みな、私によかれと思ってしてくれたのですから。 この“違い”の理由は、この二つの民族が持つ文化と思想に由来する“違い”なのでしょう。

日本の親は、子供のしたいようにさせる。 私は中国の親も日本の教育方法の中から、ちょっと学んで欲しいと思う。 私は完全に日本のような教育方法にすることには賛成ではない。 だって小鷹をガケ下に落とすなんて残酷すぎる。 しかし少なくとも、至れり尽くせりと保護することもない。 少しぐらい寒くても、おなかがすいても、死にはしないし、逆に気力の鍛錬にはなる。 また、これは体質改善にもいいと思う。私は、中国の学生の体質は日韓の学生に本当に及ばないと思う。 私達の学校の男子学生は、韓国の学生とサッカーしてもダメ、走れない-------

それから、私は中国の親は「注意」が多すぎると思う。 寒くなったからって、なんで親が多く着るように注意するんですか? 自分が感じないわけないでしょう? 宿題だって、なんでやるよう注意するんですか? 自分が翌日提出することぐらい承知してるでしょう? 小さい時から注意されて大きくなった子は、親から離れてから、自分にも他の人にも、責任感を持てないのが多い。 何事も親が見てくれてたし、ひどいのになると親が代わりにやってくれ、自分がやるということがなかったので、怠け癖がつき、自己中心になってしまうのだ。 これは、自分の経験から言えることです。 家を出て、外で何年間勉強しているうちに、自分の欠点がわかるものなのです。 ですから、大学はやはり、他の土地へ行ったほうがいいですよ。

ここまで書いてきましたが、どうやら私の表題とは何か、だいぶかけはなれてしまったようです。 日本の女の子が短いスカートをはくのは、小さい時から制服を着ていたという理由のほかに、もちろん格好いいからです。 私は、彼女たちの格好がよければ、寒さなんて気にしないというところがうらやましいのと同時に、中国の親はやっぱり自分の子供たちを縛っているのだなと深く思う。

私は身体を鍛え、冬でも出来るだけ厚着しないようにしようと思う。 今年の上海の冬はとても寒く、零度以下が何日間もあった。 でも私は、まだダウンジャケットを着ていない。 寒さが続いているが、もう慣れてしまった。 人は-------弱い身体はやはり“甘やかさ”からくるものだ。

|

« 138 中国は見る (51) 映画”男たちの大和” 関連 続編 | Main | 140 中国は見る(53)  日本と中国の和解は? »

中国関係」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88988/8060790

Listed below are links to weblogs that reference 139 中国は見る(52)  日本と中国 女の子の短いスカートについて思うこと:

« 138 中国は見る (51) 映画”男たちの大和” 関連 続編 | Main | 140 中国は見る(53)  日本と中国の和解は? »