« 54 八方ふさがり (その13)小泉参拝雑感 | Main | 56 巴金 死す »

55 八方ふさがり (その14)小泉首相靖国参拝中国速報と中国駐日大使抗議

1.  小泉首相 10時10分頃 靖国神社参拝

日本首相小泉北京时间910分左右参拜靖国神社

http://news.163.com 2005-10-17 09:25:00 来源: 中国新网  网友评论 3032

《ロイター通信》今日午前10時10分頃、小泉首相が靖国神社へ参拝。 午前10時12分、参拝を終える。 靖国神社は日本の過去の軍国主義の象徴である。 この行為は日本の隣国の反発を招こう。

小泉首相のスポークスマンは、事前に「首相は今日午前10時過ぎ靖国神社に参拝する」と述べていた。

小泉首相は以前何度も、「靖国参拝は不戦の決意と、戦争で亡くなられた方に心をこめて参拝するためであって、軍国主義を美化するものではない」と語っている。

2.駐日中国大使 小泉首相の靖国神社参拝に強く抗議

中国日大使谴责小泉参拜靖国神社

http://news.163.com 2005-10-17 11:41:05 来源: 网  网友评论 3038

新華ネット東京10月17日電(呉谷豊記者):

駐日王毅中国大使は、17日午前、小泉首相が靖国神社に参拝したことについて、談話を発表し、小泉首相の靖国神社参拝を痛烈に批判した。

王毅中国大使は、「中国政府は、小泉首相がいかなる時、いかなる形であれ、日本のA級戦犯が祭られている靖国神社に参拝することに断固反対する。 また、今日17日は、中国の有人宇宙船・神舟6号が無事帰還した日であり、中国人民が祝賀にわいている時、小泉首相がこの日に靖国神社に参拝することは、

中国人民全体に対する重大な挑戦である」と述べた。

王毅中国大使は、「小泉首相は中日関係を破壊した歴史的責任を負わねばならない」と強調した。

小泉首相は午前中、またA級戦犯が祭られている靖国神社に参拝した。 こらは、小泉首相が2001年4月首相に就任して以来、5回目の参拝となる。

3.日本経済界 小泉首相のまたの参拝でアジア経済への影響を憂慮

《中新ネット:ロイター通信10月17日電》

小泉首相が、今日午前靖国神社へ参拝した。 靖国神社は、アジアの国からずっと軍国主義の象徴と見られている。 小泉首相の今回の参拝はアジアの国々、特に中国と韓国の強い反発を招くことは必至。

靖国神社には250万人の死者の霊が祭られている。 その中には、国際軍事裁判の法廷でA級戦犯となった者も含まれている。 小泉首相が首相に就任してから、毎年、靖国神社へ参拝しており、日本と近隣諸国の関係は最近十年来の最低点まで落ち込んでいる。 17日午前、日本は雨が降っていた。 小泉首相は黒の背広だった。 前回のように日本の和服姿ではなかった。 小泉首相は靖国神社の拝殿の前で、一礼し、手を合わせて深々と頭を下げた。 その後、車に乗り靖国神社を離れた。

小泉首相が率いる政党は、先月の総選挙で圧勝した。 しかし、日本国民の中には、その靖国参拝に依然大きな意見の相違が見られる。 日本のいくつかの裁判所で、小泉首相の靖国神社参拝について、違憲との判決が下されている。 しかし、その結果はいまだ実施されていない。 日本の経済界が気をもんでいるのは、小泉首相がまた靖国神社を参拝したら、日本とアジア各国の外交関係を更に緊張させ、それが日本とアジア各国の経済関係にまで影響することだ。

|

« 54 八方ふさがり (その13)小泉参拝雑感 | Main | 56 巴金 死す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 55 八方ふさがり (その14)小泉首相靖国参拝中国速報と中国駐日大使抗議:

« 54 八方ふさがり (その13)小泉参拝雑感 | Main | 56 巴金 死す »