« 27 八方ふさがり (その9) | Main | 29 八方ふさがり (その10) »

28 戦争について思うこと

_002 _005 _007 _009

私の家から歩いて15分ほどのところに早稲田の穴八幡がある。 そのすぐそばに早稲田奉仕園があって、その中にある「AVACOビル」の2階に展示されている「女たちの戦争と平和資料館」を参観してきた。 

展示されている内容は何かというと、第二次世界大戦中、日本軍の監督下にあった「慰安所」で軍人の相手をさせられた女性、いわゆる「慰安婦」の実態の資料を、テーマごとに整理し展示しています。 展示スペースは小さいものですが、日本で「慰安婦」問題をはじめとした、加害の歴史を消し去ろうという動きが強まる中、戦後60年を迎えてオープンされたものです。 この資料館の開館の目的パンフレットには次の通り書かれている。 

「女性たちの戦時下での被害と軍による加害事実を記録して、記憶にとどめ、平和と非暴力の未来を実現するための闘い拠点をつくりたい」 これは1990年代初頭、「慰安婦」被害者がアジア各国で名乗りを上げ、被害者の裁判や生活支援活動が行われるようになってから、多くの人が夢見てきた場所です。」 とある。 

なぜ、私がここに来たかというと、中国の大学生とMSN

メッセンジャーという会話で話している最中、「今日のニュースを見た?」と言う。 「何かニュースあったの?」と聞くと、アドレス(URL)を送ってきて見ろという。 〈その時のニュースの現物は、最後に添付します。〉 早稲田の近辺で、資料館が開かれるらしいとわかったので、じゃあ、近いうち場所を確認して行ってみましょうと、約束したわけです。 

  今年始め、NHKが以前放映した「戦争をどう裁くか」をめぐって、政治介入があたかどうかで「朝日新聞」と「NHK」が大喧嘩をしたのは記憶に新しいところ。 この館にはそのNHKの「戦争をどう裁くか」の中での「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」がすべて紹介されているという。 

  この資料館は日本の加害者としての見たくない部分であるからか、この資料館の開館について、一般紙やNHK、またインターネットでのニュースには見当たらない。 

  昨日は、広島の原爆投下から60年目の「原爆の日」で、一日中「平和の祈り」につつまれた。 「唯一の被爆国」として戦争被害の象徴の日である。  しかし、反面「日本は針路を誤り戦争への道を歩んだ。 その帰結の一つが原爆投下だった」と述べた河野洋平衆院議長の言葉の通り、日本は戦争の道を歩んだ中で資料館のようなことや、「七三一部隊」やら、「南京事件」などを行った。  日本が被害者として指弾すべき加害者アメリカには、中国のようには抗議できないでいる。  まもなく60回目の終戦記念日8月15日がやってくる。

戦争についてあれこれ思うこのごろであります。

 早稲田奉仕園は創設以来、キリスト教精神に基づき、国際的な視野に立って社会を洞察し、他者と共に生きる人間形成の場として「戦争をどう裁くか」という番組を放映した。の働きをしています。  その歴史は1908年(明治41)米国バプテスト教会の宣教師であったH.B.ベニンホフ博士が、早稲田大学の創始者大隈重信の依頼を受け、キリスト教主義の学生寮「友愛学舎」を開いたことに始まります。  1911年に「早稲田奉仕園」と正式に命名、理事会が組織されて初代理事長に安部磯雄が就任しています。 1921年(大正10)には米国スコット夫人の寄付により「スコットホール」が完成し、寮を含めた学生センターとして現在の礎を固めました。ベニンホフがめざしたものは、人を愛し人に仕えることのできる人間、広く国際的視野に立つ青年の教育でした。

日本首家慰安8月将在 

编辑 徐海    2005-07-30 13:26:20   稿源: 线   

 评论   看留言    看本道留言   你来  论坛 

  国线报道:据中新网援引日本共同社道,收集了慰安等有关战期性暴力料的日本国内首家——“争与和平”81日起将在京西早稻田正式放。 

  29日,向外界公内的情况。该馆的入口展示有143名原慰安的照片。

  内以二的慰安制度首,收集了世界争端地区和事基地中反复发生的性暴力事件料。

|

« 27 八方ふさがり (その9) | Main | 29 八方ふさがり (その10) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 28 戦争について思うこと:

« 27 八方ふさがり (その9) | Main | 29 八方ふさがり (その10) »