« 22 ぶらぶら歩きの楽しみ (その3) | Main | 24 ぶらぶら歩きの楽しみ (その4) »

23 八方ふさがり (その8)

今日、岩波ホールで「ベアテの贈りもの」という映画を見てきた。 先日、ある人がいい映画ですよと、紹介してくれたのです。 映画はしょっちゅう見るのですが、この映画はまったく知らなかった。 どんな内容かまったくわからないまま、一般の劇映画だろうと見に行った。 しかし、見事に裏切られた。 ドキュメンタリーだった。 

冒頭、主人公の外国人女性が岩手県の野村胡堂・あらえびす記念館で父親のレコードを聞くところから始まる、意外な展開に引き付けられた。 父親のピアニストとしての活躍の回想、そして母親と結婚、そして娘ベアテの誕生。 山田耕作と知り合い、日本を訪れ上野の音楽学校の教授になり、家族も日本で暮らすことになる。 

日米開戦の2年前に娘のベアテはアメリカの大学に入学する。 その後、日米開戦となり、親子は日本とアメリカに別れ別れになる。 戦後、ベアテは軍属の仕事を探して、日本に戻ってくる。 そして、両親と再会を果たす。 それから、ベアテはなんと、日本国憲法草案作成のスタッフに起用される。 スタッフの中で唯一の女性だった彼女は、人権と男女平等の部分を担当した。 その結果出来たのが、現行の憲法14条と24条だ。 すなわち、

第14条 すべて国民は、法の下に平等であって、人権、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

第24条 婚姻は、両性の合意のみに基ずいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の距力により、維持されなければならない。

この「ベアテの贈りもの」とは、ベアテが日本女性に贈ってくれた条文だということで、映画は後半その条文成立により、日本女性の人権や地位向上が、どのような歩みをたどったかを追っている。 

憲法の成立の中で、このような秘話があったことなど知る由もない私にとっては、この映画は思わぬ発見だった。 日本の憲法が占領軍に押し付けられた憲法だからということで、改憲の動きが急ですが、必ずしもそうではないのではないかと思った。 このベアテが、講演の最後でこう述べている。

「日本国憲法の本当の作者は歴史の叡智だと思う。 私の立場から見れば、この第9条は、世界の平和のために非常に重要であると思います。 他の国々がそれぞれモデルと認めて真似すればよいと思います。 今の世界の状況を見れば平和など全然ないみたいです。 小さい戦争がいっぱいあるのでだんだん人種と信条のための戦いが激しくなっています。 他の国々も日本みたいに戦争を放棄すれば将来皆様が平和的に生活することが出来ると思います。」

|

« 22 ぶらぶら歩きの楽しみ (その3) | Main | 24 ぶらぶら歩きの楽しみ (その4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 23 八方ふさがり (その8):

« 22 ぶらぶら歩きの楽しみ (その3) | Main | 24 ぶらぶら歩きの楽しみ (その4) »