« 11 八方ふさがり (その2) | Main | 13 八方ふさがり (その4) »

12 八方ふさがり (その3)

ジャカルタで開幕したアジア・アフリカ会議50周年記念首脳会議の中、昨日(23日),小泉首相と胡錦濤国家主席が会談し、とりあえず両国の関係改善に向け、対話促進することで合意した。 しかし、すべて解決したわけではなく、歴史認識など懸案は引き続き残ったままだ。 
小泉首相は、会談の前日演説した。  しかしそれは、10年前の村山首相談話の表現をそのまま踏襲したもので、「我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と述べているが、彼一流のパフォーマンスに思えてならない。  そこまで言うのなら、他人の言葉など引用せず、自分の言葉で述べ、しかるのち「今後、靖国参拝をいたしません」と宣言すれば、全世界にそのニュースが流れ、世界的評価を得られたのに、とがっかりでした。  50年前第一回アジア・アフリカ会議では、周恩来総理が「小異を残して大同を求める」精神で活躍し、世界の注目を集めました。  50年後、小泉首相はどういう評価を得るのでしょうか。
  靖国参拝については、今度の「反日運動」の原因の一つになっているのを承知しながら、まだ「適切に判断していくことに変わりない」といっている。 「不戦の誓いと戦没者の哀悼の念で参拝している。 それぞれの国に歴史も伝統も考え方の違いもある」とも述べている。  しかし、演説で述べた「アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」というのが本心であるなら、自分の靖国参拝が、それら人々に過去の苦痛を思い出させていることを、謙虚に受け止め、痛切な反省をしなければならない。  「A級戦犯14人が合祀されている」神社へ参拝することは、やはり侵略戦争を反省してないといわれてもしょうがない。 今まで靖国参拝を繰り返し、中国政府の反発を無視し、高を括ってきたが、今度の「反日デモ」は無視できようか?  自分の信条と国家間の大事とどちらを優先していくのだろう。
靖国神社から「A級戦犯」を分祀するのがむずかしいという。 ならば、「国立戦没者追悼施設」を検討しようという話があったが、その後ちっとも進展ない。 この際、大いに靖国神社問題について考える時期だとおもうのだが。

|

« 11 八方ふさがり (その2) | Main | 13 八方ふさがり (その4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12 八方ふさがり (その3):

« 11 八方ふさがり (その2) | Main | 13 八方ふさがり (その4) »